競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
ZD系:ゼダーン系
HM系:ヒムヤー系
予想通りテレキャスターの台頭がありましたが、プリンスハイアット強いです。GIは1勝でしたが、重賞8勝は圧倒的でした。チヨヨサンデーは少し今年は小粒ですが重賞馬は出ていますので後半戦に期待。後はハバタクミライが伸びてきているのに注目したい所です。昨年はミスプロ8頭だったのが、5頭まで減りました。来期注目はチヨヨゾンターク(HR系)、リョウマジクオー(BR系)の2頭でしょう。

1位 4億7630万 プリンスハイアット  MP系 全体  →1位
2位 4億2160万 テレキャスター   ZD系 全体  初
3位 3億7470万 チヨヨサンデー   HR系 全体  ↓2位
4位 2億9470万 ジャビブラック  MP系 全体  ↓3位
5位 2億3900万 マスノスシ    ND系 全体  →6位
6位 1億8900万 ハバタクミライ   MP系 全体  ↑9位
7位 1億7330万 イナリズシ    HR系 全体  初
8位 1億5700万 ウインチェスター   MP系 全体  →8位
9位 1億2480万 クロイダンガン  MP系 全体  初
10位 1億2180万 ヴィシュヌー   HM系 個人  初

ミスプロ系が徐々に減ってきているのが分かります。でもまだまだNo1なんですけどね^^;その他ニジンスキー系、ノーザンダンサー系、ヘイロー系。なかなかバラエティ豊かになってきています。残念なのは牝馬が多いことでしょうか。

川崎記念    ススキノスキー  2.09.9 ニジンスキー系
フェブラリーS マリスグラッジ  1.35.6 ノーザンダンサー系
高松宮記念   マジックコスモス 1.06.7 ヒムヤー系
ドバイGS   ヴィクトリーフラグ1.09.3 ノーザンダンサー系
ドバイSC   マリーボーン   2.23.0 リボー系
桜花賞     チヨヨシンデレラ 1.31.3 ミスタープロスペクター系
皐月賞     カズアーペーセー 1.56.8 シアトルスルー系
ケンタッキーD カズアーペーセー 2.02.9 シアトルスルー系
NHKマイルC コーラルフルーツ 1.31.3 ミスタープロスペクター系
優駿牝馬    ミスティネイル  2.23.2 ニジンスキー系
東京優駿    ジャマボンベイ  2.23.2 サドラーズウェルズ系
安田記念    プリピン     1.31.5 ミスタープロスペクター系
帝王賞     ディープスロート 2.02.7 ヘイロー系
宝塚記念    ココスズティガー 2.10.2 ヘイロー系
JDD     オブシディアン  2.02.4 ミスタープロスペクター系
軽種馬協会だけでなく大手馬主会でも自由に種付けが出来るようになり種牡馬の選択肢がどんどん広がっています。そこでより一層ユーザー種牡馬を通しての交流を図れるようにユーザー種牡馬賞を募集してみたいと思います。
この賞は種牡馬の所有者が、自身が所有する種牡馬の産駒で活躍した馬に送る賞で、種牡馬ごとに自由な条件、自由な賞金額を設定するというものです。

【流れ】
・11月1週に各賞要項を確定、発表。
・随時賞金贈呈、賞金額を競う賞であれば12月を〆とする(何歳の12月かを明確にすること)
・12月に各賞の発表。

【賞の条件】
・必ず自分が所有する種牡馬1頭の産駒についての賞を設定してください。
・賞金は必ず支払うこと。私の方では一切補填致しません。
・全体公開馬、もしくは種付け入会可能な馬主会で公開されている種牡馬について賞を作ること。

(例)まだ考え中なのでここのはあくまで例です。
【オーソドックスな賞】
チヨヨゾンターク賞 9S12月〆
チヨヨゾンターク産駒で3歳12月時点での賞金額を競う。
1位賞金10億
【一発どかんな賞】
チヨヨソクラテス賞
チヨヨソクラテス産駒でJC、有馬記念どちらかを勝つ。
賞金100億
【初心者向け】
チヨヨファルコン賞
チヨヨファルコン産駒でOPもしくは重賞を勝つ
賞品アイス10枚蜂蜜10枚

このように賞金額、条件はいろいろ設定することが出来るかと思います。管理の難しい賞もありますので出来る範囲でお願いしたいと思います。賞設立予定の方は詳しい内容はまだいいですので設立予定の賞をこのスレに書き込んでください^^内容が決まったところで再度書き込み願います。期限は7S10月4週までとします。
(交流掲示板のコピペです。書き込みは交流掲示板へ願います)

【思惑】
いろいろな賞が設立されることにより、種牡馬の選択の材料の一つになればいいかなと思っています。種付けする側、公開する側双方のメリットになりますので、上手くまわっていくといいですね。今年は私の所の全体公開馬全てに賞を設置予定。特にゾンタークに関しては感謝の意味も込めて大盤振る舞いをしようかと思っています。サラ金Cよりも面白く旨みのある賞が何個も出来るといいなと思っています。
年度代表馬 フルフリング・牡3
(凱旋門賞・東京優駿・皐月賞)
変則ながら3冠馬といっても過言ではないでしょう。3冠馬のユメノバンニンに土をつけたハシルニンゲンの仔フルフリングが変則3冠を達成したのは運命でしょうか?マリスグラッジという声も強いとは思いますが、レースの格を重視しました。

最優秀2歳牡馬 ジャビパイロット・牡2
(朝日杯FS)
未だ不敗の2歳王者。父プリンスハイアットの後継筆頭として更なる活躍に期待したいです。

最優秀2歳牝馬 ルークレア・牝3
(阪神JF・全日本2歳優駿)
圧倒的な強さで2歳GIを2連勝。現時点では2歳馬最強の呼び声も高い。父サンデーサイレンスの久しぶりのGI馬。ハイレベルな今Sの牝馬戦線で女王の座を維持出来るのか楽しみです。

最優秀3歳牡馬 フルフリング・牡3
(凱旋門賞・東京優駿・皐月賞)

最優秀3歳牝馬 チヨヨパッション・牝3
(宝塚記念・秋華賞・エリザベス女王杯)
フルフリングを破っての宝塚記念、JC馬フォレスローズ・オークス馬プリンセスハートを破っての秋華賞、菊花賞馬フランサを破ったエリザベス女王杯。早々たるメンバーを負かしてのGI勝利はフロックとは言えないと思います。

最優秀4歳以上牡馬 マリスグラッジ・牡4
(BCマイル・マイルCS・フェブラリーS)
過去最強のマイラー。1600mしか走れない不器用な馬ですが、1600mでこの馬に勝てる馬はこのサーバーには既に存在しません。この馬が打ち立てた1.30.8のサーバーレコードはしばらくの間破られることはないでしょう。

最優秀4歳以上牝馬 イッコニービング・牝4
(高松宮記念)
金色のブリンカーで最後に値千金のGIをもぎ取った生粋のスプリンター。絶対と言われたマリスグラッジを子供扱いしたのが印象的だった高松宮杯。アナザーカレント、キャリアトラッドなど他にもGI勝利した4歳牝馬はいたが強い馬というより印象に残ったこの馬を選出。

最優秀短距離馬 マリスグラッジ・牡4
(BCマイル・マイルCS・フェブラリーS)

最優秀ダートホース ディープスロート・牡3
(JCD・JDD)
兄弟であるケンタッキーダービー馬チヨヨゾンタークを破ったJDD。そこからGI2連敗するもののJCDで再び復活。文句なしで今期ダート最強馬でしょう。

第6S短評
スターホース元年というべきでしょうか?強い馬は本当に強かった1年でした。今回受賞した馬はどの馬も強い馬ばかりで、5Sまでとは少し変化しているようです。比較的簡単に各賞を決めることが出来たのですが、それだけに一番悩んだのは年度代表馬でした^^;
1位のシルバーストンRHCは昨年のような勢いは最早ありません。過去2Sは少し先行していたのが2Sで追いつかれた感じです。ですが、底上げもなかなかの勢いだということがデータからも読み取れます。2位はケセラセラ。年々水準を取り戻し遂に今年トップクラスへ返り咲きです。3位チームたこやきはタカアキさんにリーダーが代わって勢いを取り戻してきていますね。重賞数は少なめでしたが来期は要注意です。らくんずはやや落ちましたが、まぁ昨年並みといったところでしょうか?イニシャルR.Q.Hはまた今年も上昇。重賞数も増えておりトップクラスへ徐々に近づいていることが分かります。元気がないのはぱっぱか連合会。重賞数も0となり非常に残念な結果におわりました。RUN3も215万の上乗せをしてきました。トップクラスは目前です。狸印優駿工房共同組合は、やや下がりましたね。新メンバーが増えてきたことが影響しているようですが、徐々にまた戻してくると思います。いちごCLUBはリーダーが何度か変わっており徐々にランクダウンしています。今年こそは新体制で頑張って欲しいところです。実は、今年は軽種馬協会が躍進の年(笑)ソロ馬主の集合体ですが、GI4勝、重賞14勝と大手馬主会に匹敵する活躍を見せています。


賞金÷勝ち星
1位 シルバーストンRHC1990万(1857万)(1603万)△133
2位 ケセラセラ     1916万(1599万)(1396万)△317
3位 チームたこやき   1828万(1374万)(1920万)△454
4位 RACCOONS  1794万(1849万)(1841万)▲85
5位 イニシャルR.Q.H 1719万(1655万)(1459万)△64
6位 ぱっぱか連合会   1669万(1853万)(1397万)▲184
7位 RUN3      1617万(1402万)(1706万)△215
8位 狸印優駿工房協同組合1422万(1576万)(1193万)▲154
9位 いちご☆CLUB  1296万(1174万)(1327万)△122

GI取得数
1位 ケセラセラ       10勝( 5勝)(??勝)
2位 シルバーストンRHC   7勝(11勝)(15勝)
3位 狸印優駿工房協同組合   5勝( 7勝)( 2勝)
4位 RACCOONS     3勝( 3勝)( 4勝)

重賞取得数
1位 RACCOONS   29勝(18勝)(20勝)
2位 ケセラセラ      27勝(18勝)( 9勝)
3位 シルバーストンRHC 26勝(48勝)(45勝)
4位 狸印優駿工房協同組合 18勝(14勝)(??勝)
ブリーバ勝利種牡馬はー5億。
MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
SC系:ストームキャット系
BR系:ボールドルーラー系
結局ミスプロ系全盛の結果になりましたね。8割がミスプロ系。ヘイロー、ノーザンダンサーが1頭ずつ。来期は、種付け頭数から考えてテレキャスター・チヨヨサンデーの活躍が考えられます。

1位13億0630万 プリンスハイアット  MP系 全体  ↑4位
2位 8億0855万 チヨヨサンデー   HR系 全体  ↑9位
3位 6億9090万 ジャビブラック  MP系 全体  →3位
4位 5億8060万 ハシルニンゲン   MP系 全体  ↓1位
5位 4億9930万 トミーガン    MP系 全体  初
6位 4億4000万 マスノスシ    ND系 全体  →5位
7位 4億1340万 ラブコンドル   MP系 個人  初
8位 3億6640万 ウインチェスター   MP系 全体  初
9位 2億6480万 ハバタクミライ   MP系 全体  初
10位 2億0370万 マイハート    MP系 個人  初
【短距離芝部門】モサゴージャス
1.06.0のタイムは秀逸です。
【短距離ダ部門】ヴィクトリーフラグ
短距離からマイルまで走れる馬ですが、短距離のタイムもかなり秀逸でした。
【マイル芝部門】【マイルダ部門】マリスグラッジ
芝・ダ共にマイルでは敵なしでしょうね。
【中距離芝部門】チヨヨパッション
手前味噌ですみません。結局中距離芝は負け無しで終わりました。
【中距離ダ部門】ディープスロート
ダートのスターホースといえばこの馬でした。
【クラシック部門】フルフリング
ダービー・凱旋門賞制覇。中距離馬ですが2.23.1のタイムで安定して走っていたように思います。
【長距離部門】マリーポーン
有馬の圧勝劇は印象的でした。菊花賞馬との直接対決でレコード勝ちしたことからこの馬を選出。
ブリーバ勝利種牡馬はー5億。
MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
SC系:ストームキャット系
BR系:ボールドルーラー系
ヘイロー系、ノーザンダンサー系、ボールドルーラー系がそれぞれ1頭ずつでその他は全てミスタープロスペクター系。まだまだミスプロ系からその他系統の移行時期なのが分かりますね。

1位 7億0630万 プリンスハイアット  MP系 全体  ↑4位
2位 5億0455万 チヨヨサンデー   HR系 全体  ↑9位
3位 3億4850万 ジャビブラック  MP系 全体  →3位
4位 3億2870万 ハシルニンゲン   MP系 全体  ↓1位
5位 2億6800万 マスノスシ    ND系 全体  →5位
6位 2億2800万 トミーガン    MP系 全体  初
7位 1億9000万 ラブコンドル   MP系 個人  初
8位 1億5130万 マイハート    MP系 個人  初
9位 1億3400万 ビーフルオブホープ BR系 全体  初
10位 1億2800万 ウインチェスター   MP系 全体  初


今年のGI馬をざっと眺めてみます。
帝王賞 リョウマジクオー牡4 ドレミシアトルオー
安田記念 プリズナーオブラブ牝3 プリンスハイアット
ダービー フルフリング牡3 ハシルニンゲン
オークス プリンセスハート牝3 マイハート
NHKマイルC ヴィクトリーフラグ牡3 ムーンバラッド
天皇賞春 エルコンドルダリア牡4 エルコンドルパサー
ケンタッキーダービー チヨヨゾンターク牡3 チヨヨサンデー
皐月賞 フルフリング牡3 ハシルニンゲン
桜花賞 ヴァンローゼ牝3 コアロフ
高松宮記念 イッコニービング牝4 トニービン
ドバイSC キャリアトラッド牝4 パントレセレブル
ドバイGS チヨヨゾンターク牡3 チヨヨサンデー
フェブラリーC マリスグラッジ牝4 ダンチヒ
川崎記念 アナザーカレント牝4 シアトルスルー

今年の3歳馬の有力馬に注目するとユーザー種牡馬優勢なのが分かりますね。ハシルニンゲンがまともな後継を出せずに終わるのかと思いきや忘れたころに大物フルフリングを輩出しました。フルフリングは確実に種牡馬としても人気は出るのではないかと思います。チヨヨサンデーは1年目に早くもチヨヨゾンタークという父を越える後継馬を出したのはいいですが、種付けしにくい血統なのでその後に繋げることが出来るかという不安がありますね。プリンスハイアットは牡馬のGI馬はまだ出ていませんが牡の大物を輩出する可能性は十分ありそうです。ここに名前がない馬ではジャビブラックにウインチェスターという後継がいますが超早熟なので後継としては少し不安な面があります。ただ産駒数は非常に多いので2歳戦線を賑わしてくれるのではないかと思います。アズーリも一時の人気が薄れ正念場にきている感じです。1年目の産駒が思ったよりも走らなかったのが要因でしょうね。ただパラメータはかなりいいのでまだまだ可能性はありそうです。
ともかく、抜け出したのはハシルニンゲンと、チヨヨサンデー、追うプリンスハイアットにジャビブラックといったところでしょうか。来期はここにハバタクミライ、テレキャスターのヨッピイブランド、再来年はチヨヨゾンターク、フルフリングの2頭も加わってくるでしょう。毎年激化する後継馬争いも注目したい所です。
MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
SC系:ストームキャット系

1位(4位) 6億8570万 ハシルニンゲン MP系 全体
2位(11位) 5億5300万 クロコドーム MP系 全体
3位(12位) 5億4470万 ジャビブラック MP系 全体
4位(13位) 5億2940万 プリンスハイアット MP系 全体
5位(20位) 3億7160万 マスノスシ ND系 全体
6位(23位) 3億6290万 アズーリ HR系 全体
7位(34位) 2億7440万 チヨヨファルコン ND系 全体
8位(35位) 2億6660万 ボールドエンペラー BR系 軽種馬
9位(40位) 2億2500万 チヨヨサンデー HR系 全体
10位(42位) 2億1050万 ブルークリスタル SC系 個人
BACK // HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。