競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2歳戦線のチヨヨホーザンのみな状態になりつつあります。新潟2歳Sを快勝して放牧後デイリー杯2歳Sに登録中。調教は宇宙食使って順調にこなしており、もう少しで完成しそうです。今日の時点でパワーがもうちょっとみたいでした。大目標は阪神JF。超早熟杯の馬で重賞勝ち馬が2頭いるようで、非常にハイレベルになってきています^^

さて、古馬に目を移すとほんとダメです^^;重賞に出すと着外は当たり前の馬ばかりで、OPならなんとか入着できるかなぁって程度。100~105クラスだとまぁそのくらいですかね^^;今年の新馬に早くも期待しているところです。あとは、何頭か成長の遅い馬もいますので、そこからいい馬がでてくれればなぁなんて思ってます。でも、今の所は重賞クラスは皆無(笑)

さて、馬主会の統合があったようで、馬主会の成績がクローズアップされてきていると思います。チャーチルは比較的馬主会の垣根が低いサーバーで今まであまり馬主会間の争いは注目されていなかったように思います。どちらかというと個人の力に拠るところが大きい競馬伝説で馬主会で協力して成績を上げていくにはどうすればよいのか考えてみたいと思います。
まず、1つの回答は競争馬の質を上げることです。競争馬は種牡馬と、繁殖牝馬から生まれるわけですから、よい種牡馬、よい繁殖牝馬がいれば自然と質は上がってきます。シルバーストンでは種牡馬に関しては圧倒してる感じで現状一歩リードしているのは一重に種牡馬共有制度を毎S続けてこれたことにあるかと思います。さて、繁殖牝馬の質を上げるにはどうすればいいのか。どちらかというとこちらの方が重要ですがなかなか馬主会として質を上げるということは難しい面があります。
元々質を上げるためには、母集団が多い方が有利です。例えば3頭の牝から3頭の牝が生まれて3頭と残す場合と、5頭の牝から5頭の牝が生まれて5頭を残す場合では、上位3頭の質は5頭の方がよくなります。現在の共有種牡馬でも同じ事で枠を共有し大きな枠で選別することが重要な意味を持つこととなります。共有繁殖牝馬制度が出来れば質の向上は加速していきますが、自家生産牝馬を伸ばしたいという人もいますので、バランス取りが重要になると思います。不要になった繁殖牝馬のレンタル制度なんかもありますが、あくまで不要となった繁殖なのであまり質の向上には寄与していないようです。

では、質の向上をメインの目標に置いた共有繁殖牝馬制度とはどういうものかを考えてみたいと思います。
1.強制的に繁殖牝馬枠を馬主会員から提供していただく。枠数が多ければ多いほどよい。
2.種付けシーズン前に共有繁殖ドラフトを行う。馬主レベルのウェーバー方式。メールかなにかで管理者へ、繁殖牝馬を欲しい順番に並び替えたリストを送る。馬主レベルがA>B>C>Dの場合、Dのリストの一番上の馬をDの取得牝馬とし、C、B、Aの順に割り振る。次に、2頭目はA、B、C、Dの順に割り振る。
3.共有繁殖から生まれた牝馬は全て共有繁殖とする。種付けシーズン前、繁殖ドラフトを行う前に選別投票を行う。投票を行うか、能力で選別するかはどちらでもいいが、共有繁殖+新共有繁殖で選別を行うことが重要です。選別に漏れた場合は、処分は現所有者へ一任する。
4.牡が生まれた場合は、共有としない。
5.共有繁殖から生まれた競走馬が引退し選別までに種付けを行うことは可能とし共有牝馬とはしない。

恐らく大規模にこういう制度で選別をかけることが出来れば、馬主会全体の競争馬の質が一気に上がっていくことになるかと思います。仲の良い馬主数人だけでも効果はあるんじゃないかなぁなんて思ってたりします。
スポンサーサイト
<< 2歳重賞独壇場 // HOME //  宝塚記念 (BlogPet) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/494-40767c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。