競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念は古馬上位の決着。ダートの王者レスポンシビリティと帝王賞を勝ち波に乗るモリセクレシンサーの1、2着で決着。これでレスポンシビリティは年度代表馬へ一歩近づいたことになります。年末のローテに注目です。レスポンシビリティはダートの指数は常に全サーバーレコードを記録するような化け物で最早手がつけられなくなってきた印象がありますね^^;

さてロジカルチヨヨが1.31.6の好タイムで1600万下を勝ち200勝目を達成しました。ようやくラストの種付けができます^^;最後まで残ったのはチヨヨネクター。どの種牡馬を使うかは改めて考えてみようと思います。LV14となり生産体制を変えるべきかは昨日少し書きましたが変更なしっぽいです。以下その時の考え方をまとめてみました。
管理馬枠 47頭 現在の種牡馬 5頭
競争馬枠コスト
超早熟、早熟、稍早早→2
稍早遅、普通→3
稍晩成、晩成→4

13頭のうちコスト2を10頭、コスト3を3頭に振り分けたときの平均コストは
コスト合計÷頭数で算出。(平均コストなので仮に何頭ずつ生産したいかを決め平均コストを算出)
29÷13=2.23
最適な繁殖牝馬の頭数は、以下の式で表される
最適繁殖牝馬頭数=(管理馬枠-現種牡馬頭数)÷(コスト平均+1)
(47-5)÷3.23=13.00

全てコスト2に振り分けると平均コストは当然2。
最適な繁殖牝馬の頭数は、以下の式で表される
最適繁殖牝馬頭数=(管理馬枠-現種牡馬頭数)÷(コスト平均+1)
(47-5)÷3=14.00

稍早熟早め以前で抑え切れれば14頭体制でもいけることはいけそうかなぁといったところ。もうちょっと早めの種牡馬が増えてこれば可能だとは思うんですけど遅めしか種付けできない牝馬も多く困難と判断しました。
スポンサーサイト
<< 8S前半戦まとめ // HOME // 残念・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/436-95af8cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。