競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年度代表馬 スピードキャスター・牡3
(ジャパンC)
今年の中長距離戦線で最も強かった馬は?と聞かれたらそれはスピードキャスターでしょう。GI勝利数ならマリーボーンに軍配が挙がりますが、直接対決で2度勝利しているスピードキャスターの方が実力的には上だったのではと思います。GI1勝ながら実力的には今年を代表する馬だったと思います。

最優秀2歳牡馬 カズオンリーユー・牡2
(朝日杯FS)
新馬勝ちから格上挑戦の朝日杯FSを一気に勝利した無敗の2歳王者。父プリンスハイアットx母父チヨヨサンデーというチャーチルを代表する種牡馬の血をミックスした良血馬。プリンスハイアットの後継としてかなり期待できると思います。

最優秀2歳牝馬 スノウロッジ・牝2
(阪神JF)
血統的に異系色が強いが、無敗で阪神JFを制覇。母父メジロマックイーンは驚き。父は名種牡馬ディスペルアンクのNo1後継であるメガクラッキ。

最優秀3歳牡馬 スピードキャスター・牡3
(ジャパンC)

最優秀3歳牝馬 チヨヨシンデレラ・牝3
(桜花賞・BCマイル)
マリスグラッジ引退後実力No1にのし上がったものの勝ちきれないレースが続いたが、BCマイルで復活。マイルCSでも2着と安定した能力を評価したい。

最優秀4歳以上牡馬 オリエントパーク・牡4
(有馬記念)
激しい気性で実力を発揮できないレースが続いていたがブリンカーを装着した有馬記念で快勝。遅咲きの名馬。

最優秀4歳以上牝馬 マリーボーン・牝4
(ドバイSC・KJ&QE・凱旋門賞)
オリエントパークとは1勝1敗。GI3勝といえど全てレベルの低い海外だったためJC、有馬で評価するしかないが、古馬のライバルオリエントパークと1勝1敗と互角。

最優秀短距離馬 ファイブスター・牝3
(スプリンターズS・BCスプリント)
スプリントレースをことごとく勝利したこの馬に短距離馬の称号が相応しい。純粋な短距離馬としては、チヨヨシンデレラよりも印象深い気がします。

最優秀ダートホース レスポンシビリティ・牝3
(JCD)
2.09.1のレコードタイムで制したJCDが全て。JDD馬オブシディアン、ダービーGP馬ダークマンゴーバネ、JBCC馬マリアージュノン、後の東京大章典馬チヨヨビッグレッドとほぼ全てのGI馬に勝利したことが決め手になりました。

第7S短評
ハイレベルな群雄割拠の年。全般的にGIは混戦状態になることが多かった。GIを複数勝つ馬も少なく選出は困難でしたが、そんな中GIで好走を続けた馬は強い印象があります。来期ももこういった傾向が続きそうです。
スポンサーサイト
<< チャーチルユーザー種牡馬ランキング7S // HOME // 血統検索Ver1.07ダウンロード >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/406-b6d3e40d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。