競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作Sくらいから感じていたことなのですが、早熟馬が調教不足に陥りがちになっています。かなり前にピークになっても未だまだまだと言われてしまう馬が非常に多いです。これを改善するために出来ることは何かを考えてみようと思います。

1:ゲート調教を後回しにする
調教コメントが完璧になるまで先に調教するのも手かもしれません。昔ゲートを優先させていた理由は、ゲートだけが上限が分かる能力だったためです。現在全ての能力について能力上限に達しているかどうかはメールで分かります。つまり、ゲートを先にやる必要はないかもしれません。「完璧」になってから一気にやった方が効率がいいかもです。早熟の馬にも遅めの馬にも適用できるのが利点かもしれません。

そこで来期より全ての馬について調教方法を変えてみようと思います。
【入厩時】
芝併せ一杯+ダ併せ一杯+蜂蜜

【ベスト体重になったら】
(疲労が少なめな時)
坂路直一併せ+ウッド直一併せ+アイス
(疲労が多めな時)
坂路直一単走+ウッド直一単走+蜂蜜

【メールの弱点コメが完璧になったら】
ゲート+α
αは芝・ダ・ウ・坂・ゲなんでも可(満遍なくの方がよい)
(レース前)
ウッド馬なり単走

2:超早熟馬、早熟馬の判別
ロンの美浜さんにお聞きしたのですが、入厩前には必ずタイム測定し早熟傾向のある馬はメイン厩舎で調教しているそうです。メールが一度でもこれば判別できる気がするので、入厩出来るようになってもメールまで待って徐々にであればメインへ移動とかにすると楽かもしれません。最大で3週のロスが発生しますが、メイン厩舎の豪勢な施設なら取り戻せる気がします(笑)ちなみに私は現在全ての馬をサブ垢で育てています。(LV8、LV9)
結論としてタイム測定は大変なので妥協して能力メールが届くまで入厩させずに、メールが届いた時点でやんちゃならサブ垢、徐々にならメインへという作戦でいこうと思います。

(効果の程は来期末に分かることなので、真似しない方がいいかもしれません。)
スポンサーサイト
<< 8S種付けメモ // HOME // 一子相伝 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/399-d527dc9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。