競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアル競馬と競馬伝説の違いを考えてみます。レースとかはまぁ違いすぎるという意見ばかりでしょうからおいてきます^^;血統についていろいろと書いてみようかと思います。

1.ニックス
そもそもリアル競馬にニックスなんて存在するのでしょうか?私はゲームのような系統間のニックスは存在しないと思います。理由は簡単。ノーザンダンサーの仔が何代経てもノーザンダンサーとニックスだった相手とニックスである筈がありません。個人的にニックスを考えるならある父とある母父によってのみ成り立つものではないかと思います。そして代を経ることによりそのニックス効果は薄れていくようなものだと思います。当然ニックス相手が代が増えることもあれば、減ることもあるでしょう。父と母父で75%の遺伝子が決定してしまうことから父と母父間のニックスは存在すると思っています。

2.父と母の遺伝
リアル競馬より競馬伝説は明らかに繁殖牝馬偏重型だと思います。もっと父の影響が高いこともあると考えます。逆に現在の競馬伝説上の父の影響度は母の能力をストレートに表現する異系の血の配合のような感じに思えます。父の影響度が薄いことから、血統戦略が一様になってきているのが実は気がかりです。リアル競馬にも遺伝力の高い馬は存在します。一般に成功している馬でサンデーサイレンスがその筆頭でしょうか。逆に古きよき血統であるトウカイテイオーやメジロマックイーンなんかは母の力を引き出す血統の部類でしょう。サンデーが良血牝馬でなくてもよい馬を輩出するのに比べて、古い血統は良血牝馬を根こそぎサンデーに取られてしまい、一挙に淘汰されつつあるのが現状です。影響度の少ない古い血統を上手く使いこなし母の能力を確実に遺伝させていくことも必要だと思います。逆に言えば母の質がよければ、遺伝力の低い種牡馬の方がぴったり来るのではないかと思います。遺伝SSの能力の高い種牡馬でしか能力の高い牝馬は能力を発揮できず、逆に遺伝力の低い種牡馬の方が能力を発揮できるような仕組みがあると幅が広がってくるような気がします。必然で異系の種牡馬が突然活躍するなんてことがきっと起こる筈です。

3.種牡馬・繁殖牝馬の死
死なない種牡馬・繁殖牝馬は能力のインフレを招きます。更には戦略性も薄れてしまうため、ゲーム的には面白みに欠けるのではと思っています。死があるからこそ血の栄枯盛衰もあるのではと思います。私はシステム種牡馬さえ死ぬべきだと思います。今のままでは同じような血統が何十年も活躍したり、3代以上ダービー制覇というリアル競馬では到底無理であることがいとも簡単に出来てしまうことが問題ではないかと思います。馬が死ぬことによりマンネリ化も防ぐことが出来ますし、毎S戦略を考えていかないといけなくなります。システム種牡馬が死に全体公開馬が新たなシステム種牡馬になる等毎年種牡馬が変化するような仕組みが出来ればもっと毎Sの変化が待ち遠しいと感じるのではないかと思います。
スポンサーサイト
<< ~勝手に第6S各賞~ // HOME // 6S馬主会ランキング >>
種牡馬・繁殖牝馬の死
難しいところですねえ。
ぼくを含め、現ユーザーは否定されない方が多いと思います。ところが、これから始める新規ユーザーの方にとって、見たことも聞いたこともない馬ばかりだと冷めてしまうかもしれません。もし、ぼくがそういう立場だったのなら無料期間のみで継続はしないと思いますしねえ。
うん、難しいところです・・・。
【2005/09/16 Fri】 URL // ヘッポコざむらい #JalddpaA [ 編集 ]
3. 種牡馬・繁殖牝馬の死
血統に関しては、カード種牡馬、市場の繁殖牝馬などで既に滅茶苦茶にされてますからね…
同じ世代に同配合が30頭~40頭いたりも。
システム種牡馬は、恐らく死んでもカードで復活するんではないですかねぇ。
ここまでリアリティの無いゲームも珍しいですが(笑

ヘッポコざむらいさんのおっしゃる様に、新規の方も来たりするので、そこら辺の調整具合も難しいんですかねえ。

>3代以上ダービー制覇
これは、仔が2歳で産まれて来ることが原因のひとつになってそうですね。
【2005/09/16 Fri】 URL // ラk #wLMIWoss [ 編集 ]
ちょっと考え方が一般的じゃないかもしれませんね^^;システム種牡馬がいることが実は気持ちが悪く感じる方だったりします(笑)

あと、もう一つ忘れていたことが、、、。一般にクロス馬は遺伝力が高く、アウトブリード馬は遺伝力が低いと言われています。例えばこれを組み込んだとしたらアウトブリード一辺倒になりつつある私の生産方法も恐らく変わってきます^^;一般受けするのは遺伝力の高いクロス種牡馬ですが競争能力は低くなる可能性がある。逆にアウトブリードは安定しているが遺伝力が下がる。遺伝が下がっても牝系を生かす種牡馬になれるため戦略的に遺伝の低い種牡馬を作ることも考えられます。どこかトレードオフがあると深みが増してくると思うのですが現状そうではないのが残念です。私の知る限り今までそんなゲームは存在していないと思います。年月を経れば有利になるのが当然で、更にいびつなハンデをCOMにつけたり(笑)競馬伝説はそういうことがオフラインゲームより少ないのが私にとっては魅力的なんですがまだ物足りない気がします^^;
【2005/09/17 Sat】 URL // ちよよ #- [ 編集 ]
種牡馬・繁殖牝馬の死
何歳以上になったら引退するってなれば、
いいと思います。
俺の場合、種付けはユーザー馬にしようと思ってるので、あまりシステム馬を使用することはないと思いますが・・・

それか、毎Sシステム馬の種牡馬&繁殖牝馬の投票をして1位・2位になった馬は殿堂入りして何歳になっても残り、1位・2位になれなかった馬は何歳になったら引退する。

ってのは、どうですかね?
やっぱり無理がありますかね???
【2005/09/17 Sat】 URL // 勝 #3fIBvpkA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/350-789ae12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。