競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーですがほぼ昇格確定しました。最後の8試合で7勝1敗と好成績を残せたのが要因です。なかなか目がでなかったので嬉しいです^^結果は29勝2敗7分、得点75、失点14でした。
では、現在の布陣を紹介。
GK 楢崎7.21、(初期)
初期選手35歳なんですが、、、。補強したいんですが、川口が全くでてきません。失点が多いのはこの初期GKのせいです。Div1だと通用しなさそう^^;

LCB 中澤7.79(中田浩、松田)
中澤しかいないんですが概ね調子がよく31試合に出場できました。1枚しかいないですが、中田、松田でふんばりました^^;

RCB 闘莉王7.92、(中田浩、松田)
岩政を引退させたのはいいんですがいいDFがいないので中田、松田でまわしました。31試合。

LSB ファンブロンクホルスト8.04、(中田浩)
LSBも一枚^^;このポジションでも中田が控え。まさに大車輪の活躍です^^

RSB 内田篤人8.23、(山田暢久)
18歳から延々育て続けて現在22歳。年棒2000万でこの評価点はお得です。山田が32歳なので新しい選手が欲しいです。

LDH 今野泰幸8.40、(中田浩)
このポジションも中田が控え・・・。中田は本来ここだと思いますが、今野で十分なのでDFにまわることが多いです。

RDH 阿部勇樹8.42、(稲本)
ここも大安定な阿部がレギュラー。調子の悪いときは稲本です。欲しい外人はいるんですが、なかなかでないので入れ替えできていません。

LOH 中村俊輔8.47、(グティ)
グティから途中で中村俊輔にレギュラー交代。グティはFWにまわすこともあります。中村は今期16点とうちの要です。

ROH ジュニーニョ9.07、(小笠原)
ジュニーニョはイマイチ得点が伸びなかったです。でも評価点はトップなので貢献度はかなり大きいと思います。小笠原が出たときのほうが得点力があります。小笠原は13試合で10点。ジュニーニョは26試合で10点。うーん。

LCF 高原直泰7.77、(トニ)
右で出ることも多いのですが高原主体でトニは控え。トニ・高原で組むこともあるので出場機会は共に20試合くらいです。

RCF 大黒将志7.67、(グティ、高原)
大黒、グティ、高原で回しました。大黒は18試合で1点でしたが、まぁこの評価点ならよしとします^^;
スポンサーサイト
競馬の話題が尽きてますのでサッカーです。作Sは25勝6敗7分と大幅勝ち越しでした。もう上位との差は殆どなくなってきたようです。というのはその前のSとは得点力で大幅な差があったのですが、今期は63点と大幅に増えました。点の取れる選手を獲得することがキーになっているようです。
さて、今期ですがいきなり10連勝して1位に。やっぱりうれしいですね^^転機だったのは4-4-2の台形システムオンリーに変えたこと。得点力が大幅に増えました。台形システムでのOMFに得点力のある選手をおくと破壊力抜群です。
現在のOMFは
ROH ジュニーニョ・小笠原
LOH グティ・中村俊輔
というほぼ完璧な布陣です。強いて言えば中村をシュバインシュタイガーに変えてみたいといったところでしょうか。グティを使っている人は少ないですが中村よりよさそうな様子で平均点は中村より上みたいです。
FWが少し層が薄いですが、いろいろ分かってきたこともあって補強を微妙に進めています。
LCF トニ・高原・玉田
RCF 大黒・(高原)・(グティ)
ってな感じになっています。高原は能力が高いので恐らくRCFでもやれているんでしょうが、大黒をレギュラーに据えたいと考えています。

さて、単純に2枚ずつ選手を揃えていくと22人必要なんですが20人しかいません。この2枚をどこにするかが問題です。私はセンターバックを本来4枚の所を3枚でまわしてます。あとは、LSBが現在一枚です。点を取らなきゃ勝てませんし出来るだけディフェンス陣を手薄にしてオフェンス陣を充実させる作戦です。また、能力の高い他のポジションの選手を使うのも手かもしれません。足りないカードの2枚をどこのポジションにするのか?考えてみると面白いと思います。

きょうはデルが小笠原まで予定しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
どうも最近全く勝てなくなってきています。古馬が引退したのもありますが、今一歩足りない馬ばかりでどうにもならない状況です^^;105前後の馬しかいないのが現状で110クラスの馬はチヨヨソフィア以来生まれてきていません。今年の2歳こそはかなりの頭数持続のよい馬が生まれてきていますので重賞を狙える馬が一頭でもいればいいなと思います。メイン垢は既にLV16ですので、厚みを持たせるためにしばらくメイン垢は育成垢の予定なんですが、やっぱりメインに移動させたいという欲求はありますね・・・。まぁ気長にいきます。

ところで、サッカーは完全に失速しました(笑)といっても4敗しかしていないのですがいかんせん引き分けが多過ぎです^^;最終結果は19勝4敗15分です。最近ようやくフォーメーションは台形の4-4-2がよさそうだということに気づきました^^;遅いって話もありますが・・・。今更SMFを捨て補強に勤しんでいます。ROH、LOHで優秀な選手、シュバインシュタイガー、ジュニーニョ、小笠原辺りを補強して得点力を上げようと思っています。補強も行ったのですが、ちょっと中途半端。LOH、ROH用にグティ。いったい適正どこなのかさっぱりなんですが・・・w左なのかなとぼんやり見えつつありますが^^;あとSMFのカモラネージが意外にROHでも活躍することに気づきました。小笠原を取るまでカモラネージで代用していこうと思ってます。あと、トニはやはり失敗っぽいです・・・。1トップ用なのかなあ。RSTでもRCFでもさっぱりでした。玉田がLCFでかなり安定した評点を叩き出しているのに比較すると情けない限り。RCFは人材が少ないようでベルカンプ、クローゼ、ワンチョベ辺りがよいようなのできっちり取っていきたいですね。あとは、スナイデル、今野辺りも補強したい人材。左サイドの村井なんかも欲しいかも・・・。とまあいろいろ欲しい選手がいるのですが、とりあえずまとめ。
LSB村井
RDHスナイデル
ROH小笠原・ジュニーニョ
LOHシュバインシュタイガー
LCFポドルスキ
RCFベルカンプ・クローゼ
行き当たりばったりの補強はやめようと心に誓いました(笑)しかし、サッカーは書くことが山ほどあってネタに困らないです^^
まだ10試合なんですけど、初めて4位まで上がったので久々にサッカーの記事を^^ようやくコツが分かってきた感じで作Sは大幅勝ち越し。45,6位でした。何の気なしにはじめた今Sいきなり9勝0敗1分の好スタートを決めました。今Sは中村俊介を生かすため、ダイアモンドの4-4-2を試してみたところ大当たりだったみたいです。いかに適正ポジションで使うかがやはりキーになっているようで、見極めが非常に難しいです。いろいろと試行錯誤しり調べたりする過程がとても楽しいですね。現状の選手を紹介。

システム
4-4-2 SMF2OMF1DMF1(ダイアモンド)
4-4-2 SMF2DMF2
4-4-2 OMF2DMF2
4-5-1(4-2-3-1)SMF2DMF2OMF1
調子のよい選手次第で使い分け。

GK GK 楢崎正剛or初期選手
初期選手から楢崎を取ってから守備が安定しました。川口の方がいいんでしょうけど、今の所強化は後回しになってます。評価点は7点前後です。

DF RSB 内田篤人or山田暢久
RSBは内田がレギュラーです。内田はコストパフォーマンスが非常にいいと思います。また山田は浦和のキャプテンをやっていることからキャプテンシーがあるのではないかと思っています。後述の市原のキャプテン阿部か山田のどちらかをキャプテンにしてます。評価点は内田が7.7、山田が7.5くらいでしょうか。

DF LCB 中澤佑二or中田浩二
中澤がもちろんレギュラーです。中田は一段落ちるかなという感じです。中澤はやはりLCBでの評価点がよいようです。中澤7.5、中田7.0ってとこでしょうか。

DF RCB 岩政大樹or中田浩二
最も層の薄いポジションかも・・・。岩政の評価点は非常によいのですが、控えに中田という適正外っぽいCBなので補強を狙ってるポジションです。岩政7.5、中田7.0くらいです。

DF LSB ファン・ブロンクホルストor三都主アレサンドロ
バルサの左サイドバックであるファン・ブロンクホルストを獲得してから少し層が厚くなったポジションです。補強は左サイドバックからと思ってましたのでこの補強は大成功でした。控えはサントス。SMFで使った方がいいようなのでちょっと微妙です。ファン・ブロンクホルスト8.0、三都主アレサンドロ7.2あたりです。

DMF LDH 阿部勇樹(CDH)or名波浩
阿部、名波の併用です。阿部はLDH固定にしました。CDHも基本は阿部ですが、評価点は少し落ちる感じがしてます。阿部は7.5、名波も7.5。また上で書いたように阿部がキャプテンです。

DMF RCH 稲本潤一
DMF2名時に稲本を使うようにしています。RCHはまさに適正で、評価点は7点台後半を狙える感じです。左のボランチが多いので右は稲本というような感じで使ってます。

SMF RSH カモラネージ
日本人の層の薄いポジションですね。LSBと同じく真っ先に補強を狙ってました。イタリア代表の右サイドハーフということで評価点も8点近いです。調子のよいときだけSMFを使用したフォーメーションを採用しています。

SMF LSH 10 松井大輔or三都主アレサンドロ
松井大輔はLSHが本職ではないかと思ってます。評価点は7点後半。控えはサントス。カモラネージの調子次第ですね。

OMF ROH 梶山陽平
ROH限定で梶山陽平を使っています。ROHなら8点近い評価点を安定してだせる感じです。梶山が試合に出るのはカモラネージが調子が悪くSMFを使用できない場合。ROHかLOHかでもやはり評価点に微妙に差がでそうな気がするので徹底してROHで使用しています。
OMF COH(LOH) 中村俊介
中村はCOHがベストだと思ってます。LOHはちょっと微妙な感じ。COHで使えば8点台中盤くらい。LOHで8点丁度くらいでしょうか。とりあえず、俊介を取ってからかなり勝率があがりました。

FW CCF トニ
まだ掴みかねているのですがトニは2トップであまり機能していません。RCFでいけるのかなと思っていたのですがイマイチ^^;CCF限定で使ってみようかなぁ・・・。

FW LCF 玉田圭司or三浦知良
LCFはどちらかというと玉田の方が評価点がいい感じ。カズは適正どこなんでしょうか?^^;3トップの左ウイングの方がいいのかなぁ・・・。ともかく玉田が調子よければ8点弱。カズは波がありますが7点ちょいな感じです。

FW RCF 高原直泰
どうも得点力に欠けるのですが高原を右CFで使っています。7.5がせいぜいといった所ですが、FWではまずまずだと思います。RCFの補強でトニを取ったつもりですが大誤算だったかも・・・。高原が調子の悪い時は4-5-1にしてトニを出すのがいいのかなぁなんて思ってます。

まとめてみると、人数が足りないです^^;どうしても控えはイマイチになってしまいますね。3バックシステムも取り入れてみたいのですがFWの特性を掴みかねているのでFWの数が増えちゃっています。
ゾンタ君たちが、自家などをSTしたかった
ゾンタ君は、ネットで大きい今牧場にいる馬ではチヨヨマヨヨがここに加わってくるのか
そんなこんなでしばらく辞めれなさそうです
今牧場など辞めれな
ゾンタ君たちが、あまりメイン馬主会であるシルバーストンRHCに貢献はできそうにはないです
と、chiyoyoが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
今は上がある複垢強化を頑張ろうかと思ってます
GIはやっぱり甘くないです能力を躊躇されたよ♪
今、ちよなどを先行したかったんかは狙い目なのは確かなんです短距離とかを強化したかったみたい
chiyoyoたちがします
ちょっと期待していたんですよねー
と、chiyoyoは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
hansyoku.png

持続を込み(推定あり)で計算して順位をつけてます。1位にチヨヨノケイフがきてますがちょっと微妙かな?SSの数が多いからなんでしょうけど、SP:S、ST:Aなので期待薄かなぁ。3位のチヨヨサンゴも気性がC。穴は多いですね^^;とりあえず、現在の所テスコガビーの上にきてるのは16頭。まだまだ増やしていきたいところです。今牧場にいる馬ではチヨヨマヨヨがここに加わってくるのかなぁといった所ですね。
しかし、最近は急激に繁殖の質量共にあがってきています。1Sごとにどんどんあがっていくのが楽しいですし、そこから活躍馬が出てくれるのも嬉しい。ただ、周りと比べて少し貧弱な感じはしますけど・・・^^;諦めずに自家生産牝馬を伸ばしていくことは長期的に見てメリットは多いと思います。何より血統的に種付けが楽になってきます。いい意味で安定期に入ってきたのかなーなんて思ってます。これからもどんどん質を上げ、良い産駒を生産できたらいいなぁなんて思ってます。

それから今Sも複垢中心でメインは育成アカにしようかなと思ってます。重賞制覇で味をしめました^^;やっぱりレベルが上がると生産数がぐっと伸びますし先に複垢の成長をさせておいた方が後々楽になりそうですからね。

今馬主会同士の重賞争いが激化していますが、あまりメイン馬主会であるシルバーストンRHCに貢献できそうにはないです。でも、私個人的に頑張ってほしい第3勢力であるKFCスタリオンに貢献はできそうかも^^そんなこんなでしばらく地盤沈下なシーズンが続きそうです。

あと、最近辞めていく人が多いですが、オンラインの競馬ゲームで他によいのが出ない限りは辞めるつもりはないです。1Sごとの成績で一喜一憂するよりも10S、20S後どうなっていくか、先行きを見守るのが今の所は一番楽しいです。果たして上の繁殖リストが全てSSばかりになるのか、4アカ全部LV16になれる日がくるのか、牝系がどうやって発展していくのか。そんなこんなでしばらく辞めれなさそうです(笑)まぁ以前のような改悪が延々つづけば続けることもなさそうですけどね・・・。とりあえず鯖交流戦はやってほしいなー。日程ばらばらでもいいですし、休み作ってもいいのでなんとか実現してほしい^^;昔から打倒ロンシャンでいろいろやってきたのもあるので、大きな目標が欲しいですね^^
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。