競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8連勝でチヨヨホーザンが桜花賞を制覇。更にチヨヨフェアールが皐月賞制覇と絶好調です。両馬とも牝系はエンプレスから始まる系統で更に両馬とも牝ですのでさらに発展していきそうです。ホーザンは私の管理馬では過去最強のマイラーです。ゾンターク、シンデレラとGI馬は何頭かいますが、タイム的にもNo1です。個人的に安田記念で古馬と勝負させてみたいと思っていますが、NHKマイルに参戦予定ですのでまだどうなるか分かりません。1400~1800くらいの馬ですので、安田記念が終わったら次は南部杯までGIはありません。ただ連勝記録がどこまで続くかが興味をひくところですけどね^^敵は成長落ちかな^^;
チヨヨフェアールは、大駆けで皐月賞制覇です。持ちタイム的には1.56.4程度ですので、明らかに実力以上の走り。ゼヨサンデーが強いと思いましたがよく勝てたと思います。GIにはちょっと足りない馬なのは確かですが、大一番での大駆けが出るとは思いませんでした。注目している馬は、ちゃんと結果を出してくれているので嬉しい限りです。

最近、1Sごとの勝利よりこの先どのように牝系が繋がっていくのかが楽しみになっています。種付け手法も関連しますが、今年はほんと適当であとは固定の種付け相手(タマモクロス)を1頭。マンノチヨヨxチヨヨリアライズのチヨヨリアリティが最も期待できそうかなと思います。

さて、最近まともなアップデートがなくマンネリ化しつつありますね。KP関連だけでなくゲームシステムに及ぶ変更を加えていかないとマンネリに負けて去っていく古参プレイヤーが多くなりそうです。新たな目標をたてれるような何かが欲しいですね。例えば、鯖対抗戦、海外レースを含めた番組改編、系統確立。新たな配合理論なんかも活性化にはいいですね。簡単なところで膨大になりつつある種牡馬の検索システムや、過去のGI馬のデータベース、そこからの子孫のサイアーライン表示と、戦績へのアクセス。歴史を作るのがこのゲームの醍醐味なわけですからいかに魅せるかがポイントだと思います。
スポンサーサイト
いつも、chiyoyoは
100~105クラスだとまぁそのくらいですかね^^向上今年の新馬に早くも期待しているところです。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
新潟や、B、そこからいい馬で重賞に出すと着外は加速しますので、バランス取りが重要です
例えば3頭の質を上げることです
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
chiyoyoが
今日チヨヨフェアールをラジ短2歳Sに登録してますが、多分負けかなと思います^^;ただ手応えは成長で徐々にで未完成の現時点で100はあります。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
過去阪神JFと全日本2歳Sを連覇した馬は数多くいると思いますが、チヨヨホーザンも仲間入りすることができました。両方とも強い勝ち方で現2歳で間違いなく最強だと思います。チヨヨホーザンの生まれた経緯は非常に短絡的で、超早熟Cがあったからだったりします。昨年のチヨヨリアライズは、うちで期待の牝馬チヨヨエンプレスで良血でしたが、今年は実はチヨヨベアトリクスで一段落ちる牝馬を使いました。勝算があったわけではなく単純にキングホーザンが使いたかったというだけだったりします^^;ところで、今後のホーザンのローテですが、既に完成していますので使える所は全て使っていこうと思います。距離適正も実は十分見切れてないのできっちりと測定しないとなぁ・・・。3歳クラシックまで持つかどうかが勝負になりそうですが、運次第といったところですね。

今年は、ラブマリリン、チヨヨホーザンという2頭のGI馬を輩出する事が出来、復活(!?)の兆しが見えてきたと思います。来期はそろそろ2歳の稍早熟馬で最も期待しているシャーガーxチヨヨエターナルのチヨヨフェアール、ラブマリリンの仔、アヤソフィアの姉妹に当たるフラッシュチヨヨなど、血統背景的に抜けた馬が何頭かいます。来Sは結果が出せるのではないかと思っています。ところで今日チヨヨフェアールをラジ短2歳Sに登録してますが、多分負けかなと思います^^;ただ手応えは十分で徐々にで未完成の現時点で100はあります。どこまで成長するか非常に楽しみな一頭です。

最後に、繁殖のリストを。
指数は、SP+ST+パワ+瞬発+(気性+根性+適正)/2で計算してます。
hansyoku.png

ほんとうは、chiyoyoは
結果はアヤソフィアが2.09.7でレコード勝ち(笑)もともとのさーで負けていたらしく、外枠に入らなくても負けていたと思います。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
表題の件欲しくてたまらないです。調教助手はスルーでしたが、繁殖牝馬とは痛い所ついてくるなぁ・・・。600kpって大体5000円くらいですよね。恐らく基幹繁殖にはかなりよいのではないかと思いますので、買って損はないのかもなぁと思いつつも5000円はやっぱり高い。大体こうやって迷ってる時は買っちゃうんですけどね^^;血統的にもテディ系だし、パラもうちの繁殖の中でも上位に入れるくらいだし、、、うーむ。

さて、チヨヨホーザンがピーク完璧となり最終決戦へ向け始動。3,4週なので普通にカード使わず仕上げる予定です。この馬に関しては牝ですのでむしろ繁殖になってから期待なんでしょうね。110クラスの牝馬となるとパラも文句なしだと思います。繁殖牝馬のラインナップを眺めるのが最近楽しくなってきており、指数的に今年ラブマリリン(持続S)が1位、チヨヨエターナル(持続SS)が2位と新戦力が1位、2位となっています。ここに、京都新聞杯馬のチヨヨショコラ(持続A)、チヨヨホーザン(持続SS)の2頭を更に加え、既存戦力と選別していくことで、テスコガビー以下の馬が徐々に減ってきています。まだまだテスコガビーより指数が下の馬が多いのでフレイミングペイジの登場は涎ものだったりします。一覧はまとめてありますのでまた今度・・・。
チヨヨホーザンが一歩抜けた強さでデイリー杯を制覇。どうやらこの馬本物らしいです。ついに指数110に到達。一応パワーがもうちょっとなので、110超えもありうるかも・・・。1戦1放牧でここまで使ってきていますがいよいよ次回は本番。今の所は阪神JFを使おうと思っています。どこまで連勝を伸ばせるか・・・少し楽しみになってきました。あとは桜花賞までもつかどうか。もてばチャンスはあると思います。

相変わらずその他の馬はイマイチ君ばかりです。今期引退したラブマリリン・チヨヨエターナルの2頭が加わるため来期は繁殖の厚みが増します。早く種付けしたくてしょうがないですが、今の戦力でとりあえず勝利数を稼いでおきたいところです。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。