競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のまとめ
初期段階:ミスタープロスペクター系全盛期
第1段階:ミスプロ系からノーザンダンサー系、ヘイロー系への分散
第2段階:主流3系統から主流4系統への変化(ボールドルーラー系)
第3段階:主流血統からのサポート血統が伸びる。

実際は、、、
第1段階 ミスプロからヘイローが発展
第2段階 ヘイロー系が尻すぼみ状態、ノーザンダンサー系の全盛時代へ。ボールドルーラーも勢力拡大。
現在、チャーチルではノーザンダンサー系種牡馬の活躍がめざましいです。ダンチヒからはマリスグラッジ、シアリアルサーガ、サドラーズウェルズからはグローリーデイズ、ヌレイエフからはハルバードなど大物遺伝SS種牡馬が誕生し枝葉を伸ばしつつあります。また、ボールドルーラー系の種牡馬についても徐々に全体公開馬も増えつつあり、うちからもチヨヨリアライズ(朝日杯FS)、チヨヨビッグレッド(東京大章典)の2頭がボールドルーラー系とかなり発展しつつあります。まぁあたらずとも遠からずで現在主流4系統状態なのではないかなと思っています。で、次はどうなるか?当然現在主流となっているミスプロ、ノーザンダンサー、ヘイロー、ボールドルーラーは勢力を維持しつつあると思いますが、現状やはり、ミスプロ、ノーザンダンサーが主力だと思うのでこの2つとニックスにある系統、リボー系がやはり真っ先に伸びてくると思います。
以下にサポート系統を挙げます。やはり繁栄している系統から繋がる系統が繁栄しやすいのは間違いないと思います。現状4系統の順位をつけるなら1位ミスプロ、2位ノーザンダンサー、3位ヘイロー、ボールドルーラーという感じでしょうか?サポート系統で有利な系統順に並べてみます。
サポート
・リボー系 ND MP
・ニジンスキー系 MP HR 
・ヌレイエフ系  MP BR
・バックパサー系 MP BR
・ロベルト系 ND BR
・フェアウェイ系 ND BR
・リファール系 HR BR

ニジンスキー系が2番目にきてますね。実際ニジンスキー系は最近使用頻度が高くなってきています。ちょこちょこ良い種牡馬もいますし、ニジンスキー自身もいるためそろそろ台頭してもおかしくありません。バックパサー系なんかも今年辺りGIに勝ちそうです。ただ、この2系統は、今のところ遺伝Aが最高ですので、なんとか遺伝S以上の種牡馬をだせるかどうかが鍵になりそうですね。

で、ここにある系統で活躍馬がでていない系統は、ヌレイエフ系、ロベルト系、フェアウェイ系辺りでしょうか。チャーチルは、リファール系は何故か発展してきていますね。ヌレイエフ系は、元々ノーザンダンサー系だった後遺症ですね。ノーザンダンサー系ヌレイエフとヌレイエフ系ヌレイエフの2つを比べると敢えて今更という感は拭えません。ヌレイエフ系自身は悪くない系統なのでなんとかここから発展してくれるといいなと思っています。遺伝もSからのスタートですし。ロベルト系は結局大した種牡馬を残せなかったのが大きいですね。他のサーバーではクリスエスなんかが大人気だったようですが、残念ながらチャーチルでは殆どロベルト系は発展していません。同じヘイルトゥリーズン系であるヘイローとの比較でどうしてもヘイロー系を種付けする頻度が多いのではないかと思います。ただ、ロベルトxボールドルーラーの種牡馬なんかで遺伝Sが出てくれば、かなり人気になるんじゃないかなと思います。最後にフェアウェイ系ですが、これはシャーガーの出なさっぷりが全てです。今年は私の牧場で2頭種付けできましたが、金枠カードのみというのがやはり障害になっているようです。今年、レスポンシビリティの仔でダービー2着のキッドナッパーなんかが種牡馬になれば、元々遺伝Sですし繁栄していくんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
オークスでまずは1勝を挙げたラブマリリンですが、その後も順調です。成長落ちがあるかなと思っていましたが、今回のメールではまだまだ問題ない様子。宝塚へ万全の仕上げで臨みたいと思っています。相手はアヤソフィアでしょうね。両馬とも良枠になることを期待します。

さて、他といったらホーザンくらいしか強いのはいないかも。そろそろ新馬の時期なので次のピークから使い出したいと思います。2度目のピークは結局芝1600を1.32.7です。ゾンタークの記録を辿ってみると、、、

「昨日はチヨヨゾンタークが新馬戦を圧勝。幸先いいスタートです^^この馬は超早熟重賞路線を使ってみようと思っています。現在の1600のタイムは32秒台中盤になりました。夢の31秒台に突入できるかが鍵になりそうです。」

新馬の時期でほぼ同タイム。成長型の違いはあれどこの時期32秒中盤ならトップクラスに食い込めるんじゃないかなぁ・・・。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。