競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レベル別攻略法に所謂「馬刺し」で勝利数を稼ぐというのは30勝までとしていましたが、最近考え方が変わってきて騎手が2名ほどいくつかの距離、馬場がALL「SS」になるまでレベル8のままでいいのではないかと思います。最近急激にレベルがあがっており重賞を勝つために騎手の恩恵を受けてもなかなか勝てないのが現状です。せめて騎手の差をなくすためにも2名で100勝くらいが目処になるのかなぁと思います。そこから、繁殖牝馬を集めだしても遠回りなようで近道なのかもしれません。

ちなみに2歳~3歳夏までの500万や、3歳夏からの1000万以上は非常にレベルが高く勝利数稼ぎに使っている馬では太刀打ちできません。3歳500万なら3歳馬の供給が終わる10月から徐々にレベルが下がっていくので10月を目処に稍早熟の馬を揃えるのがいいのかなと思います。500万を狙うのはこの1チャンスのみとして、あとは3歳未勝利を勝ち引退がいいかもしれません。10月ぎりぎりにから3歳500万を勝つためには少なくとも年末くらいまではかかる可能性がありますが、レベルの高い2歳未勝利に参戦するより効率はいいかもしれません。そこから3歳にシフトすることになりますが、ライバルがいそうな時期は2ピーク目に出走させる等工夫をする必要があるかもしれません。

資金はそこまできつくないことが最近分かってきました。どんな駄馬でも朝からフリレに登録しておきさえすれば、一日1000万~2000万くらいは稼いでくれます。馬刺しをするだけであれば、1日1000万~2000万程度の資金で十分賄うことができます。更に金枠の餌などを上手くトレード板で売れば課金さえしていればお金には殆ど困らないと思います。ただ、無料アカだとあとは馬券に頼ることになりますので、ひたすら馬券の腕を磨くしかありません。タイム・人気・枠などなど総合面から馬券を買うのが主流で簡単な攻略法はありません。タイムに関しては指数を使い、更に枠では-0.5くらい割り引けばよいかと思います。あとは前走のデータを見て大駆けなのかどうかを判定し正しいタイムで指数化していけば、精度はあがっていくと思います。
スポンサーサイト
G3ですが今年の白山大章典は大きな意味を持っています。チヨヨビッグレッドを今後のGIローテに乗せるための重要なポイントとなるためです。前走チヨヨビッグレッドはさくらんぼ賞を内枠の不利から4着。賞金上乗せが出来ず1000万のままとなりました。最近ダート戦線は賞金がないと登録さえままならないので1000万では古馬混合レースのダートGIに登録が難しいと思われます。ですので、賞金を稼ぐ必要があるわけです。枠は差しで青い枠、印は・◎◎◎、人気も申し分ないのでここは2着はなんとか確保できるのではないかと思います。ここで上積みできればJBCCは回避して放牧後JCダート→東京大章典→川崎記念のローテに挑みます。

さてチヨヨシンデレラは、未だ衰えもないのでBCマイル→マイルCSのローテで出走させることが出来そうです。秋華賞も考えたのですが、得意距離ではないので本当に得意なマイルGIで勝負するのが得策と判断しました。現状、マリスグラッジ引退後特に強い馬が出てきていないのでまだまだ活躍できそうな感触です。

連日の新馬出走なのですが、昨日取り上げたチヨヨシュティレは見事勝利。今後につながりそうです。さて今日は、昨日脚質調査を行った馬の中に素質馬が眠っていたので紹介します。名前はチヨヨジョーカーで血統はレオノカーリアンxテスコガビーです。シルバーストン内で開催されているレオノカーリアン杯の馬なのですが、昨日面白いことがわかりました。レオノカーリアン自身は稍早熟中長なのですがどうやらチヨヨジョーカーは早熟短中の可能性が高いことが分かりました。(もしかしたら超早熟かも)成長はピークでスピードまだまだと言われているのですが、複アカの脚質E、残りSSの騎手で測定したところ1.33.0で走ることを確認しました。少なくとも脚質SSの騎手で測定すればあと0.3~0.4もしかしたら0.5程度は上昇しそうなので現状で1分32秒中盤ということになります。つまり、昨日のシュティレと同様でコメントまだまだで32秒中盤ですので31秒台に突入することはほぼ確実ではないかと思います。ただ完成時期は早そうなので時間との勝負・・・。脚質SS厩舎への移動のために一度放牧しないといけませんし、まだまだと言われているので調教もつまないといけません。現在宇宙食が10枚程あるのでとりあえずこの10枚をこの馬に使ってみようかなと考えています。

最後にほぼ種牡馬賞は出揃ったのかなと思います。そろそろ来期用の種付けを考える時期に来ていますので今週末までには種牡馬ファイルを更新しようかと思います。もちろんその他馬主会のデータは随時受け付けていますが、種付けを決定するのは個人差はあれど早い方でそろそろだと思いますので種牡馬公開する予定の方は早めに公開しておくのがよいかと思います。軽種馬協会だと毎年1月1週前後に公開する人や、種付けシーズン中に移籍する人も多いのですが、種付けをする側のことを考えると10月から11月には移籍をしておくのがいいと思います。私は基本的に11月~12月に来期の種付け予定を決めてしまうタイプですので、1月に公開されても大体無視してしまう傾向があります。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。