競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チヨヨシンデレラをJDDに登録しています。なんとか普通の枠扱いになりそうな所に入っていますし、実力は出し切れそうだと思います。ただ、この馬はやはりマイラーですので2000では少し力が落ちます。ダートよりも芝の方がいいですし。だからといって勝ち負けできないかと言えば、そうでもないと思っています。マイラーがダート2000に挑戦するといったローテは正直ありえないのですが、今年のダート戦線はまだ目立った強さを持つ馬が出てきていないので様子見で登録といった所です。

豪華メンバーの宝塚記念は古馬サイレンスズカ産駒のココスズティガーが天皇賞秋に続きGI2勝目。タイムは2.10.2のレコードでした。2着は、3歳素質No1のスピードキャスター、3着は実力馬キーロフでした。チヨヨエンプレスは9着惨敗。内枠もあるとは思いますが力の差を感じますね・・・。まぁ大駆けすればというのはいつも言ってますがBestタイムは2400m2.22.7(通常2.23.2)ですので勝てる能力はあったと信じています。


ちょっと気になったので裏パラについて私なりの考えを書いてみます。大前提として公式HP上のパラメータ一覧以外のパラメータは存在しないと考えています。根拠はありませんが、それなりになくても説明がつくかなと思っています。

持続力  その馬がMAXスピードを維持できる時間を表します。
持続力=ST=SPくらいとして考えています。つまり競争能力へ与える影響はかなり大きいでしょう。これはパラメータの悪い馬が時々活躍していることからです。遺伝は主に母からだと考えています。

重馬場適性 この適性が高いと重馬場でも自分の能力を発揮しやすくなります。
正直分からないですが、そこまで大きな影響はないと思います。影響がないので正直父からの遺伝か母からの遺伝なのかは分からないです。どちらかというとこういった適正に関しては父の影響も強いような気がします。

右・左回り/坂/小回り 競走馬の個性です。先天的に得意/不得意があります。
こちらもあまり気にしなくていいことだと思っています。影響は結構大きいんですけどね^^;父か母どちらからの遺伝かは分かりません。どちらかというとこういった適正に関しては父の影響も強いような気がします。

距離適性/融通性 適性距離は遺伝によってある程度決まりますが、全く異なる適性を持った馬も出ます。融通性は距離適性の幅を広げ、この能力が低いとある距離のスペシャリストになりますが、融通が利かない分、その距離においては鬼の強さを発揮する可能性があります。
距離適正はご存知の通り完全に父から遺伝すると思います。母の影響度は現時点で0と考えています。融通性も主に父からでしょう。融通性の高い種牡馬として代表的なのがサンデーサイレンス、ウォーエンブレム、低いのがパントレセレブルやマルゼンスキー辺りでしょうね。適正は少なくとも100m単位で設定されていると考えています。これはアズーリの1800適性、テレキャスターの2400適性(テレキャスター自身は中)なんかが説明つかないですよね。(チャーチルしかわからないかな^^;)

脚質 その馬の個性として、最も能力を発揮しやすい脚質を持っています。
脚質は現在のところ遺伝しないと考えています。

調子の変動
調子の変動のしやすさは遺伝しないと考えています。
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。