競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8S新馬よりユーザー種牡馬賞が設立されます。一攫千金狙ってみてください^^

【チヨヨゾンターク賞】(全体公開)
3歳12月末時点で賞金額が1位のチヨヨゾンターク産駒を生産した馬主さんに15億円

【チヨヨソクラテス賞】(全体公開)
チヨヨソクラテス産駒でGI制覇時15億円(1回)

【チヨヨサンデー賞】(全体公開)
チヨヨサンデー産駒で初OP勝利、初重賞勝利、初GI制覇時15億円

【チヨヨファルコン賞】(全体公開)
3歳時にチヨヨファルコン産駒で1000万突破時5000万

【ヴィクトリーフラグ賞】
第8S生産されたヴィクトリーフラグ産駒でG1制覇時に"20億円"
牡馬については+5億円
(1頭につき1度まで)

【マリスグラッジ賞】(全体公開)
1.8S生産のマリス産駒で9S終了までにもっとも多く出走した馬の馬主さんに10億
2.8S生産のマリス産駒で9S終了までにもっとも多く勝ち星を残した馬の馬主さんに10億
マリス産でサーバー内で一番先にG1を取った方にも10億賞金が出ます

【ディープスロート賞】(全体公開)
①8シーズン生産の産駒でG1制覇時に10億
②ジャパンカップダート親子制覇を達成した場合、①にプラス5億

【グァルディオラ賞】(全体公開)
8S生産のグァルディオラ(全体公開)産駒
①GⅠ制覇で3億
②JBCC制覇で10億(3億+ボーナス7億)
③重賞制覇で1億
※受賞回数に制限なし

【メガクラッキ賞】(チャーチル軽種馬協会)
8S生産のメガクラッキ(軽種馬協会公開)産駒
①GⅠ制覇で3億
②重賞制覇で1億
※受賞回数に制限なし

【アプローズ賞】(チャーチル軽種馬協会)
8S生産のアプローズ(軽種馬協会公開)産駒
①重賞制覇で2億
※受賞回数に制限なし

【コーラルホリデー賞】(シルバーストンRHC)
対象馬  第8シーズンに生産されたコーラルホリデー産駒
①OP特別制覇1億円(頭数,回数とも無制限)
②重賞制覇  4億円(1頭につき1度だけ。受賞頭数は無制限)
③GⅠ制覇  8億円(同上)
     ※但し,当該産駒の初重賞がGⅠの場合は③だけ
     ※当該GⅠ馬が牡馬なら10億円
④特別賞   5億円
     ※第10Sの4月1週のOP特別「コーラルS」制覇
      古馬限定のOP特別は難しいですが,シャレですので^^;

【ケセラズロード賞】(1/1軽種牡馬会1/4→2/1ケセラセラ)
対象・・・第8Sに生産されたケセラズロード産駒
各賞
①GⅢ賞・・・最初にGⅢを制覇した馬に1億円贈呈(1頭のみ)
②GⅡ賞・・・最初にGⅡを制覇した馬に3億円贈呈(1頭のみ)
③GⅠ賞・・・最初にGⅠを制覇した馬に5億円贈呈。2頭目以降に関しては1億円を贈呈致します。

※同一開催日に対象馬が複数発生した場合は各々に賞金を贈呈致します。尚、種付けに関しては1月1週~4週は軽種牡馬会(2000万円)、それ以降に関してはケセラセラ内(1000万円)で公開させて頂く予定にしております。 能力、血統に関しては馬検索にてお願い致します。

【ハバタクミライ賞】(全体公開)
・GⅠ勝利を収めた馬の所有者に8億円を贈呈させて頂きます。
(一頭に付き一度だけです。)
・中距離重賞(1800~2200)を勝った馬の所有者に対して8億円+2億円を贈呈させて頂きます。

【プリンスアート賞】(らくんず)
対象馬・・・第8Sに生産されたプリンスアート産駒
対象期間・・第9S終了まで
公開場所・・RACCOONS馬主会内での公開です(種付けのための一時入会歓迎!)

<各賞>
「王子様賞」(何度でも受賞可)
プリンスアート産駒で、オープン特別レース勝利で、5000万円

「芸術賞」(何度でも受賞可)
プリンスアート産駒で、重賞レース勝利で、1億円(G1を含みます)

「プリンスアート賞」(1頭につき1回のみ。何頭でも受賞可)
プリンスアート産駒で、G1レース勝利で、9億円。(プラス上記の芸術賞で10億円)
ただし、一番最初にG1レースを制した馬には、さらにボーナスとしてプラス10億円。

「特別賞」(1頭につき1回のみ。何頭でも受賞可)
重賞未勝利の馬主さんが、プリンスアート産駒で、初めて重賞を勝利された場合、お祝いとして、高麗人参、ビール酵母、まむしにんにく、宇宙食各1枚ずつのエサセットを進呈いたします。

【フルフリング賞】(全体公開)
3歳12月末(9S12月末)時点で賞金額が
1位のフルフリング産駒を生産した馬主さんに10億円
2位のフルフリング産駒を生産した馬主さんに5億円
スポンサーサイト
現在登録してある種牡馬は216頭(引退馬含む)216頭+システム馬+カード種牡馬の中から1頭ずつ選んでいくわけですからかなり混乱しています。それでもやはり血統的な偏りが大きいので、例えばニックス、アウトブリード、遺伝A、芝適正A、ダ適正Aなんかで検索すると1,2頭に絞られてしまいますし、中には種付け対象がいない場合もあります。どこを妥協するかが悩みどころで今の所はニックスやダ適正を下げたりしていますが、そうすると一気に選択肢が広がったり(笑)システム牝馬だと今度はとんでもなく種付け範囲が広いですしね。どんな感じで振り分けていくのか思案中といったところです。

エリザベス女王杯のチヨキャスターは残念ながら3着にも入れませんでした。徐々にから伸びが全然ないので実力的に厳しかったんだと思います。次走はJCの予定。厳しいでしょうが、とにかく登録してみます(笑)

もう一頭今日のマイルCSにチヨヨシンデレラを登録しています。ここは勝ちたいですね~。タイムも落ちる気配はありませんし、自分の走りが出来ればいい勝負は出来ると思います。牝なのでここは来期を見据えて引退させるつもりなので是非とももう一つ、今年のマイルはシンデレラが強かったと皆が思う走りをしてもらいたいと思っています。早ければ明日の朝引退となります。

最新種牡馬ファイル2つを血統検索ツールのフォルダ内に2つともコピーして使ってください。
収録種牡馬
・全体公開馬 更新済
・チャーチル軽種馬協会公開種牡馬 更新済
・シルバーストンRHC馬主会公開種牡馬(種付け入会可) 更新済
・RACCOONS馬主会公開種牡馬(種付け入会可) 更新済
・ケセラセラ馬主会公開種牡馬(種付け入会可) 更新済

未更新の馬主会の種牡馬については随時リストを受付けています。

最新種牡馬ファイル
今日、ゾンタ君は、、
GI馬主とか、強そうな仕上げなので力関係は分かっていました^^;これで厳しそうな気配です
タイムは1.3でBCマイルを勝利!
フリレ通りだったと思います


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
13頭
早熟短中  3頭
早熟中   3頭
早熟中長  1頭
稍早熟短  1頭
稍早熟短中 1頭
稍早熟中  3頭
稍早熟中長 1頭

チヨヨシンデレラ
早熟中  チヨヨサンデー ◎
稍早中  ジャマアラジンエー

チヨヨエンプレス
早熟短中 アズーリ 
早熟中  デラックスデザイア
稍早中  ノーザンジェネラル ◎

チヨヨドリア
早熟中  スウィートウェイク
稍早中  ジャマアラジンエー ◎

ハートチェイサー
早熟中  スウィートウェイク ◎
稍早中  ヴェルデン

チヨヨクレオパトラ
早熟短中 プリンスアート ◎
早熟中  プロキュレイター
稍早短中 サンダーポイント

ストームウェイ
早熟短中 プリンスハイアット ◎
稍早中  ヴェルデン 


テスコガビー
早熟中  イッコソクテス ◎
稍早中  サイキックモード

チヨヨネクター
稍早中  テレキャスター ◎

マックスビューティ
早熟短中 コーラルホリデー ◎
早熟中  アスパラガス
稍早中  ボーカイユ

サクラテイオウ
早熟中長 チヨヨノカガヤキ ◎
稍早中長 オーバーザワールド
稍早短  サニングチヨヨ

サードチェイサー
稍早中長 オーバーザワールド ◎

チヨヨパッション
稍早短中 ダマスカス ◎

ラフィアン
早熟中長 チヨヨノカガヤキ
稍早中長 レオノカーリアン
稍早短  サニングチヨヨ ◎
作Sくらいから感じていたことなのですが、早熟馬が調教不足に陥りがちになっています。かなり前にピークになっても未だまだまだと言われてしまう馬が非常に多いです。これを改善するために出来ることは何かを考えてみようと思います。

1:ゲート調教を後回しにする
調教コメントが完璧になるまで先に調教するのも手かもしれません。昔ゲートを優先させていた理由は、ゲートだけが上限が分かる能力だったためです。現在全ての能力について能力上限に達しているかどうかはメールで分かります。つまり、ゲートを先にやる必要はないかもしれません。「完璧」になってから一気にやった方が効率がいいかもです。早熟の馬にも遅めの馬にも適用できるのが利点かもしれません。

そこで来期より全ての馬について調教方法を変えてみようと思います。
【入厩時】
芝併せ一杯+ダ併せ一杯+蜂蜜

【ベスト体重になったら】
(疲労が少なめな時)
坂路直一併せ+ウッド直一併せ+アイス
(疲労が多めな時)
坂路直一単走+ウッド直一単走+蜂蜜

【メールの弱点コメが完璧になったら】
ゲート+α
αは芝・ダ・ウ・坂・ゲなんでも可(満遍なくの方がよい)
(レース前)
ウッド馬なり単走

2:超早熟馬、早熟馬の判別
ロンの美浜さんにお聞きしたのですが、入厩前には必ずタイム測定し早熟傾向のある馬はメイン厩舎で調教しているそうです。メールが一度でもこれば判別できる気がするので、入厩出来るようになってもメールまで待って徐々にであればメインへ移動とかにすると楽かもしれません。最大で3週のロスが発生しますが、メイン厩舎の豪勢な施設なら取り戻せる気がします(笑)ちなみに私は現在全ての馬をサブ垢で育てています。(LV8、LV9)
結論としてタイム測定は大変なので妥協して能力メールが届くまで入厩させずに、メールが届いた時点でやんちゃならサブ垢、徐々にならメインへという作戦でいこうと思います。

(効果の程は来期末に分かることなので、真似しない方がいいかもしれません。)
珊瑚礁さんのところでコーラルホリデーが公開されていますが、コーラルホリデーは今期のエース・チヨヨシンデレラの父エルコンドルチヨヨを父に持ちます。ミスプロ系でも珍しいエルコンドルパサー系の早熟血統なので個人的にお気に入りな血統です。エルコンドルチヨヨは、コーラルホリデーという後継が生まれたことで思い切って引退させました。その後、置き土産のチヨヨシンデレラが大活躍してちょっと後悔しています(笑)

もう一系統、チヨヨハンターという種牡馬についてもつなげています。サンデーサイレンス→アズーリ→チヨヨハンター→チヨヨノカガヤキのラインです。このラインは貴重な早熟中長系統です。チヨヨノカガヤキは、気性がDながら父ハンターと同じくOP勝ちし、現在OP勝ちを2世代続けています。ハンターは後継が出来たことで恐らくは乗馬になります。遺伝S、適正SSの好きなタイプの種牡馬なので、きっと活躍馬が出る筈だと思っています。

この2つのラインは一子相伝。折角ここまで来たのだから全体公開馬が出るまで優先して種付けしてみようと思います。GI馬が出たら一子相伝は終わることになるのでしょうね~。
チヨヨビッグレッドを白山大章典に登録し見事勝利です。タイムは2.02.6とフリレ通りだったと思います。ダート中距離はこの馬でGI取るぞと意気込んでいたのですが、どうやら身近に怪物がいることが判明・・・。なんと7割で同タイムだそうです。上には上がいるもんだなぁ、、、。GI馬主さんではないのでとにかくGIに照準を絞ることをお勧めしておきました。ビッグレッドはJCD→東京大章典です。東京大章典が勝負レースになりそうです。

それから、昨日チヨヨシンデレラが1.31.3でBCマイルを勝利!フリレでもよく同走するジャビパイロット相手なので力関係は分かっていましたが、それでも冷や冷やしました^^;これでチヨヨシンデレラはGI2勝目です。次走はマイルCSの予定です。

3頭目はチヨキャスターです。放牧から戻ってきて今日から調教です。この馬の距離適正は2200~2400なのでローテはエリザベス女王杯→JCになります。エリザベス女王杯が勝負レース。2週仕上げなのでまむし2回になりそうな気配です。牝馬に強そうなのがいないっぽい(?)のでチャンス有だと見ています。

後はレオノカーリアン産駒のジョーカーが新馬を突破。タイムは1.34.5と平凡でした(笑)今日転厩になるのでやはり2歳GIは厳しそうな気配ですね。
レベル別攻略法に所謂「馬刺し」で勝利数を稼ぐというのは30勝までとしていましたが、最近考え方が変わってきて騎手が2名ほどいくつかの距離、馬場がALL「SS」になるまでレベル8のままでいいのではないかと思います。最近急激にレベルがあがっており重賞を勝つために騎手の恩恵を受けてもなかなか勝てないのが現状です。せめて騎手の差をなくすためにも2名で100勝くらいが目処になるのかなぁと思います。そこから、繁殖牝馬を集めだしても遠回りなようで近道なのかもしれません。

ちなみに2歳~3歳夏までの500万や、3歳夏からの1000万以上は非常にレベルが高く勝利数稼ぎに使っている馬では太刀打ちできません。3歳500万なら3歳馬の供給が終わる10月から徐々にレベルが下がっていくので10月を目処に稍早熟の馬を揃えるのがいいのかなと思います。500万を狙うのはこの1チャンスのみとして、あとは3歳未勝利を勝ち引退がいいかもしれません。10月ぎりぎりにから3歳500万を勝つためには少なくとも年末くらいまではかかる可能性がありますが、レベルの高い2歳未勝利に参戦するより効率はいいかもしれません。そこから3歳にシフトすることになりますが、ライバルがいそうな時期は2ピーク目に出走させる等工夫をする必要があるかもしれません。

資金はそこまできつくないことが最近分かってきました。どんな駄馬でも朝からフリレに登録しておきさえすれば、一日1000万~2000万くらいは稼いでくれます。馬刺しをするだけであれば、1日1000万~2000万程度の資金で十分賄うことができます。更に金枠の餌などを上手くトレード板で売れば課金さえしていればお金には殆ど困らないと思います。ただ、無料アカだとあとは馬券に頼ることになりますので、ひたすら馬券の腕を磨くしかありません。タイム・人気・枠などなど総合面から馬券を買うのが主流で簡単な攻略法はありません。タイムに関しては指数を使い、更に枠では-0.5くらい割り引けばよいかと思います。あとは前走のデータを見て大駆けなのかどうかを判定し正しいタイムで指数化していけば、精度はあがっていくと思います。
G3ですが今年の白山大章典は大きな意味を持っています。チヨヨビッグレッドを今後のGIローテに乗せるための重要なポイントとなるためです。前走チヨヨビッグレッドはさくらんぼ賞を内枠の不利から4着。賞金上乗せが出来ず1000万のままとなりました。最近ダート戦線は賞金がないと登録さえままならないので1000万では古馬混合レースのダートGIに登録が難しいと思われます。ですので、賞金を稼ぐ必要があるわけです。枠は差しで青い枠、印は・◎◎◎、人気も申し分ないのでここは2着はなんとか確保できるのではないかと思います。ここで上積みできればJBCCは回避して放牧後JCダート→東京大章典→川崎記念のローテに挑みます。

さてチヨヨシンデレラは、未だ衰えもないのでBCマイル→マイルCSのローテで出走させることが出来そうです。秋華賞も考えたのですが、得意距離ではないので本当に得意なマイルGIで勝負するのが得策と判断しました。現状、マリスグラッジ引退後特に強い馬が出てきていないのでまだまだ活躍できそうな感触です。

連日の新馬出走なのですが、昨日取り上げたチヨヨシュティレは見事勝利。今後につながりそうです。さて今日は、昨日脚質調査を行った馬の中に素質馬が眠っていたので紹介します。名前はチヨヨジョーカーで血統はレオノカーリアンxテスコガビーです。シルバーストン内で開催されているレオノカーリアン杯の馬なのですが、昨日面白いことがわかりました。レオノカーリアン自身は稍早熟中長なのですがどうやらチヨヨジョーカーは早熟短中の可能性が高いことが分かりました。(もしかしたら超早熟かも)成長はピークでスピードまだまだと言われているのですが、複アカの脚質E、残りSSの騎手で測定したところ1.33.0で走ることを確認しました。少なくとも脚質SSの騎手で測定すればあと0.3~0.4もしかしたら0.5程度は上昇しそうなので現状で1分32秒中盤ということになります。つまり、昨日のシュティレと同様でコメントまだまだで32秒中盤ですので31秒台に突入することはほぼ確実ではないかと思います。ただ完成時期は早そうなので時間との勝負・・・。脚質SS厩舎への移動のために一度放牧しないといけませんし、まだまだと言われているので調教もつまないといけません。現在宇宙食が10枚程あるのでとりあえずこの10枚をこの馬に使ってみようかなと考えています。

最後にほぼ種牡馬賞は出揃ったのかなと思います。そろそろ来期用の種付けを考える時期に来ていますので今週末までには種牡馬ファイルを更新しようかと思います。もちろんその他馬主会のデータは随時受け付けていますが、種付けを決定するのは個人差はあれど早い方でそろそろだと思いますので種牡馬公開する予定の方は早めに公開しておくのがよいかと思います。軽種馬協会だと毎年1月1週前後に公開する人や、種付けシーズン中に移籍する人も多いのですが、種付けをする側のことを考えると10月から11月には移籍をしておくのがいいと思います。私は基本的に11月~12月に来期の種付け予定を決めてしまうタイプですので、1月に公開されても大体無視してしまう傾向があります。
チヨヨゾンタークxラフィアン産駒であるチヨヨシュティレが素質の片鱗を見せ始めています。3ピーク目に入って徐々に新馬戦を使い始めていますが、その時の計測でこの馬は相当な素質を秘めている気がしました。根拠としては、まず第一に現在のD1600のタイムが1.36.9であること。指数にして96になります。次に成長コメントが徐々にであること。更には、「まだまだ」コメントであることからです。このタイムは現時点では決して速くないのですが、シンデレラと比較しても徐々にまだまだのタイムで比較してもかなり上ではあります。指数110越えももしかしたらあるかもしれません。甘いかな(笑)

さて、チヨヨビッグレッドは昨日のさくらんぼ賞に負け苦しくなりました。白山大章典に連闘で思い切って使うしかないかも^^;チヨキャスターのほうは余裕の京都大章典出走。枠もいいですしまた2着にはいってくれないかなと期待しています。その他、未だ徐々にであるロジカルチヨヨとチヨヨズスピリットの異母兄弟(父チヨヨズシアター)ですが共に指数は96です。まぁ100越えはしてきそうな気配でよかったです。ただ、時期的な問題があってフェブラリー、安田記念狙いにせざるえないですね。まぁまだ先の話ですね。

あとちょこちょこ今更騎手能力を測っていたのですが得意な距離なら本アカ、サブ垢であまりタイムが変わらないことが分かりました。シュティレもサブ垢のタイムですので多分サブ垢で出走させ続けることになりそうです。現在LV13+LV9+LV8の45頭体制ですが、サブ垢のLV10は繁殖牝馬も種牡馬も多くなりますし本垢にいる繁殖を移動させることが出来るのでLV10に早くなりたいですね^^;
チヨヨエンプレス ニックス+アウトブリード 菊花賞2着、天皇賞春2着
父(ウォーエンブレムxコロラドダンサー)xアグネスフローラ
母ダリア

チヨヨクレオパトラ ニックス+アウトブリード オークス、宝塚記念2着
父サンデーサイレンス
母アフリートxダリア

チヨヨネクター ニックス+インブリード JDD、ブリーバ
父ヌレイエフxパントゥルブルー
母ダルタワ

チヨヨパッション ニックス+アウトブリード 宝塚記念、秋華賞、エリザベス女王杯
父エルコンドルパサーxコロラドダンサー
母ダリア

ぶっちゃけ2世代目はチヨヨクレオパトラのみと実は繁殖牝馬戦略が失敗していることを意味しています。ダリアがほぼ全てに入っていますし^^;今年有力なチヨヨシンデレラもダリア産駒ですしダリアとの相性がいいですね。実質ダリアを越える繁殖牝馬をあまり持っていなかったこともあります。ダリアの直仔繁殖は更におみくじのチヨヨドリアも加わりますので、ダリア汚染がひどい状態になってきました。チヨヨエンプレスはノーザンダンサー系でまだまだアウトブリードの馬がいるようです。クレオパトラはボールドルーラー系との配合を続けています。パッションは今年サンデーサイレンスを種付けしましたが、配合の選択肢は狭いですね。ここにチヨヨシンデレラが加わるとなるとちょっと怖い面はありますね・・。ウォーアドミラルとかマンノウォーとかバックパサー等に逃げることも出来ますのでカード伝説もしとかないといけないです。
チヨヨビッグレッドを1000万の身でさくらんぼ賞に登録しましたが、内枠でしたorz思惑としてはここでOPになって古馬混合のJBCCに登録したかったんですが、これは厳しいかもしれません。ここで負けたらJBCCは諦めてもう一戦重賞狙ってみるしかないかなぁ。

チヨキャスターはセントライト2着で思惑通りにいきました。京都大章典にも登録して更に賞金上積みを期待しています。スピードキャスターとの再戦になりますが、向こうが不利枠こっちが有利枠になれば勝てるところまできていると思いますので、ガンガン挑戦させていこうと思います。

最後にチヨヨエンプレスですが、ノーザンジェネラルを種付けしました。ヌレイエフ→ハルバードと続く高パラメータ種牡馬です。今のところハルバード系はGIではあまり活躍していないのですが、ノーザンダンサー系が弱い気がしていますのでノーザンダンサー系を種付けしました。ただ、牝だったので恐らく3歳で引退することになりそうです^^;

おっと、それから代わりにモサミラクルを馬主会の方に放出することになりました。移籍しても基礎繁殖となるような良い仔を生んでくれると嬉しいですね。
大きい馬主と思っている方は
ゾンタ君が、広い現状を作ってみてください^^あと1ヶ月ですので賞
第8Sに生産された
ヴィクトリーフラグ産駒で9S終了までにもっとも多く勝ち星を残した馬の馬主会公開種牡馬賞が設立されたの?
と、ゾンタ君が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
チヨヨエンプレスが引退しました。パラメータがすごく良くて医龍さんの繁殖指数で芝30です。それにしてもこのパラメータで重賞取れなかったとは・・・。うーん。

hansyoku3.png

遂にチヨヨエンプレスに引退勧告がきました。重賞勝ちはありませんでしたが、本当に頑張ってくれていました。この馬本当に2.22.7で走ることもあったのでもしかしたら全サーバーレコードを出せる素質があったのかもしれません。本日の朝日CCも2着。最後まで2着な馬でした(笑)重賞11戦で2着6回3着3回。紛れもなく名馬であったことは間違いないです。

エンプレスが引退につき有力馬は3頭。明日セントライト記念でチヨキャスターがスピードキャスターの胸を借りますがはっきり言って2着狙いです(笑)まだ2400mはエンプレス以下ですし正直な所大駆けすればなんとかという実力でしかないです。

ところでなんとなく無料アカを作って遊んでいます。最初はやはり資金稼ぎと馬刺しがメインになりますね。将来的に重賞勝てた時には今の複アカと入替えで課金しようと思っています。どちらかというと複アカよりも無料アカのほうが自由に動けて重賞とりやすいような気がしています。だって、複アカには今の所2歳馬しかいませんから^^;
サイアーライン登録条件
・GI勝利牡馬もしくはGI勝利牝馬の父(7S分反映)
・軽種馬協会にて一回以上公開(7S分反映)
全体公開馬の権利がある馬
軽種馬協会で公開された馬(年末と気が向いた時)

【ミスタープロスペクター系】
ウォーエンブレム ━━┳ マックスオーシャン
           ┣ ジャーキー
           ┃ ┗ コゲニク
           ┣ スレットリカバリー 
           ┣ クロコドーム
           ┣ クロイダンガン
           ┃ ┗ ダークマンゴーバネ
           ┣ ハシルニンゲン
           ┃ ┣ ハシルショーグン
           ┃ ┣ フルフリング
           ┃ ┗ チヨヨファイト
           ┣ ルーマクレイン
           ┃ ┗ プリンスハイアット
           ┃   ┣ プリピン
           ┃   ┣ ジャビパイロット
           ┃   ┗ カズオンリーユー
           ┣ シーフブラッド
           ┃ ┗ ジャイロボーラー
           ┣ バンドール
           ┣ トミーガン
           ┣ サプライズメーカー
           ┃ ┗ ポジテブサプライズ
           ┣ ロイヤルフォード
           ┗ バッドマン
サンダーガルチ ━━━┳ リッチガルチ
           ┃ ┗ リッチサンダー
           ┗ ヨード
シーキングザゴールド ┳ ジャビブラック
           ┃ ┣ リアルブラック
           ┃ ┣ キャプテンネモ
           ┃ ┗ ウィンチェスター
           ┣ グァルディオラ
           ┗ ハバタクミライ
             ┗ オリエントパーク
             
アフリート ━━━━━━ ススキノアフコロ
エンドスウィープ ━━━ コーラルシャーク
エルコンドルパサー ━━ エルコンドルダリア

【ヘイロー系】
サンデーサイレンス━━┳ アズーリ
           ┃ ┗ チヨヨハンター
           ┣ マクロコスモス
           ┣ サムライファング
           ┣ チヨヨサンデー
           ┃ ┣ ディープスロート
           ┃ ┣ チヨヨゾンターク
           ┃ ┗ ウィニングキャップ
           ┣ クリンチ
           ┣ カズブレスレット
           ┣ スペシャルウィーク
           ┃ ┗ アリダーウィーク
           ┣ アグネスフライト
           ┃ ┗ ヤンサマゼット
           ┃   ┗ ヤンサマゼットワン
           ┣ サイレンススズカ
           ┃ ┣ ココスズティガー
           ┃ ┣ イナリズシ
           ┃ ┗ スペクタクル
           ┃   ┗ カベソン
           ┗ フジキセキ
             ┗ キセキノガラ
タイキシャトル ━━━━ グッバイサイレンス

【ノーザンダンサー系】
ダンチヒ ━━━━━━┳ オンダンチヒ
           ┣ デインヒル 
           ┃ ┗ チヨヨソクラテス
           ┣ ワイドコマネチ
           ┣ マリスグラッジ
           ┗ マスノスシ
           
ヌレイエフ ━━━━━┳ チヨヨファルコン
           ┗ ディスペルアンク
サドラーズウェルズ ━━ サドラーズチヨヨ

【ニジンスキー系】
マルゼンスキー ━━━┳ ジャマゼンスキー
           ┣ ススキノスキー
           ┗ チヨヨチヨノオー

【ボールドルーラー系】
シアトルスルー ━━━┳ ビーフルオブホープ
           ┣ ボールドエンペラー
           ┣ ドレミシアトルオー
           ┃ ┗ リョウマジクオー
           ┣ メダリオン
           ┗ チヨヨシアトル
セクレタリアト ━━━┳ コーラルハリケーン
           ┗ サンダーポイント
             ┗ チヨヨビッグレッド

【プリンスリーギフト系】
サクラバクシンオー ━┳ ショウザスピード
           ┗ クエスマルチネス
           
【ロベルト系】
クリスエス ━━━━━┳ イグニス
           ┃ ┗ トリノ
           ┗ シンボリクリスエス
             ┗ チヨヨシンボル

【セントサイモン系】
シンザン ━━━━━━━ カッパドキア
             ┣ オプティミスト
             ┗ カッパノムスコ

【ヌレイエフ系】
パントレセレブル ━━┳ スイセイ
           ┣ ダブルスパーク
           ┗ ガルファード
【ヴァイスリージェント系】
フレンチデピュティ ━┳ グリダリア
           ┗ ヴァイスノーブ
【バックパサー系】
シルヴァーチャーム ━━ チヨヨハイト

【ゼダーン系】
トニービン ━━━━━┳ テレキャスター
           ┃ ┗ スピードキャスター
           ┗ スケロク

【ヒムヤー系】
ドクターファーガー ━┳ ウインムラー
           ┗ ヴィシュヌー

【リファール系】
【ダンチヒ系】
【ノーザンテースト系】
【ハイぺリオン系】
ハイセイコー ━━━━━ ハイグレード

【エルバジェ系】
エルバジェ ━━━━━━ エルバジェピオン

【サドラーズウェルズ系】
サドラーズウェルズ ━┳ インザウイングス
           ┃ ┗ シングスピール
           ┃   ┗ ムーンバラッド
           ┃     ┗ ヴィクトリーフラグ
           ┗ ハイチャパラル
             ┗ ジャマボンベイ
チヨヨビッグレッドとチヨキャスターの新勢力2頭はようやく1000万下に上がりました。騎手上げを兼ねていたので思いのほか負けてしまいました^^;騎手の差ってやっぱり大きいです。メイン騎手に乗せると重賞クラスなのは間違いなさそうなので秋も楽しめそうです^^チヨヨシンデレラ、チヨヨエンプレス共に未だピークコメントですのでこの2頭+新勢力2頭で計4頭と厚みが増してきました。ただ、すぐにシンデレラ、エンプレスは引退になりそうですけどね^^;

さて、無料アカが延々続けられるようになったということで今後どうなるかをいろいろと考えてました。まず大事な事ですが、無料アカウントでGIは取れるか?についてですが、これは取れると思います。時間はかかるかもしれませんが、そのうち無料アカウントの方からGI馬が出てくるのではないかと思います。やはりここで物を言うのが繁殖牝馬の質でしょうね^^;何度も何度も言ってるのですが、無料アカウントでも8億牝馬を揃えればまだまだトップクラスの馬を生産することは可能です。騎手能力云々はありますが、馬刺しで一気に上げることが出来ます。やはり最低ラインはクリフジやテスコガビーと考えるべきじゃないかと思います。種付けの自由度が高いのが、課金ユーザーのメリットですから最大限に生かすなら血統よりやはりパラメータ優先にならざるえないのではないかと思います。更に言うと種牡馬の選択肢を増やし、課金ユーザー同士が協力していくことにより無料アカウントユーザーとの差をつけることが出来るのではと思います。

逆に無料アカウントだけの軽種馬協会なんかも成り立つのではないかと思います。種牡馬公開は出来るため課金ユーザーからの種付け収入が見込めます。また自身の種牡馬の種を広めることも出来ます。現在軽種馬協会は無料ユーザーは入会不可としていますが、無料ユーザーが増えてきた所で軽種馬協会のようなものを立ち上げるのも面白いかもしれません。課金ユーザー、無料ユーザー共に利益のあることなのでシステムとして成り立っていくのではないかと思います。
チヨヨシンデレラを複アカに移動させ夏のローカル重賞を勝ちレベルアップを狙っています。第一弾のクイーンCですが外枠で更に依頼した五位にまでふられてしまったため勝ち目はないと見ています^^;うーん着外になりそうな予感・・・。京王杯AHまでは複アカにいることになると思います。
きょう、ドバイへヨは記念するはずだったの。
でもヨと記念しなかったー。
でも宝塚でススキとか記念した?
でもきょう川崎の、牝馬に記念された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
チヨヨシンデレラが北九州記念を勝ち今年ようやく重賞3勝目。シンデレラだけの成績です(笑)そのうち1頭も重賞馬がでないこともあるんでしょうかね~。そのためには繁殖牝馬の質をあげないとです。

丁度というかアスコットの医龍さんのブログで繁殖牝馬指数が公開されていました。確かに芝でのパワーに関して影響は0ではないかもしれないという気がします。そこで、早速導入してみました^^うーむ、、、流石に30以上はたったの1頭。医龍さんの繁殖牝馬と比べるとまだまだなのが分かりました。昨年感じたことですが、人数が多いはずのロンシャンをアスコットが上回っているのは医龍さんの生産馬の存在が大きいと思います。30以上クラスの繁殖牝馬を得るのは大変でしょうが、もっともっとよい馬を集めないといけないと感じました。



MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
ZD系:ゼダーン系
HM系:ヒムヤー系
予想通りテレキャスターの台頭がありましたが、プリンスハイアット強いです。GIは1勝でしたが、重賞8勝は圧倒的でした。チヨヨサンデーは少し今年は小粒ですが重賞馬は出ていますので後半戦に期待。後はハバタクミライが伸びてきているのに注目したい所です。昨年はミスプロ8頭だったのが、5頭まで減りました。来期注目はチヨヨゾンターク(HR系)、リョウマジクオー(BR系)の2頭でしょう。

1位 4億7630万 プリンスハイアット  MP系 全体  →1位
2位 4億2160万 テレキャスター   ZD系 全体  初
3位 3億7470万 チヨヨサンデー   HR系 全体  ↓2位
4位 2億9470万 ジャビブラック  MP系 全体  ↓3位
5位 2億3900万 マスノスシ    ND系 全体  →6位
6位 1億8900万 ハバタクミライ   MP系 全体  ↑9位
7位 1億7330万 イナリズシ    HR系 全体  初
8位 1億5700万 ウインチェスター   MP系 全体  →8位
9位 1億2480万 クロイダンガン  MP系 全体  初
10位 1億2180万 ヴィシュヌー   HM系 個人  初

ミスプロ系が徐々に減ってきているのが分かります。でもまだまだNo1なんですけどね^^;その他ニジンスキー系、ノーザンダンサー系、ヘイロー系。なかなかバラエティ豊かになってきています。残念なのは牝馬が多いことでしょうか。

川崎記念    ススキノスキー  2.09.9 ニジンスキー系
フェブラリーS マリスグラッジ  1.35.6 ノーザンダンサー系
高松宮記念   マジックコスモス 1.06.7 ヒムヤー系
ドバイGS   ヴィクトリーフラグ1.09.3 ノーザンダンサー系
ドバイSC   マリーボーン   2.23.0 リボー系
桜花賞     チヨヨシンデレラ 1.31.3 ミスタープロスペクター系
皐月賞     カズアーペーセー 1.56.8 シアトルスルー系
ケンタッキーD カズアーペーセー 2.02.9 シアトルスルー系
NHKマイルC コーラルフルーツ 1.31.3 ミスタープロスペクター系
優駿牝馬    ミスティネイル  2.23.2 ニジンスキー系
東京優駿    ジャマボンベイ  2.23.2 サドラーズウェルズ系
安田記念    プリピン     1.31.5 ミスタープロスペクター系
帝王賞     ディープスロート 2.02.7 ヘイロー系
宝塚記念    ココスズティガー 2.10.2 ヘイロー系
JDD     オブシディアン  2.02.4 ミスタープロスペクター系
昨日のチヨヨシンデレラは2着。2分2秒8の好タイムでしたので実力はきっちり発揮してくれたと思います。この馬は距離適正が広めなのでいろいろ使えるのがいいですね。1400m~2000m、しかも芝ダ兼用ですので使えるレースが多くてレース選びが楽です。秋はBCマイル、マイルCSの予定。ただそろそろ能力落ちなのでBCマイルまで持つかは微妙な所です。

さて、題名の新興勢力です。先日チヨヨビッグレッドがなかなか強いということを書きましたが、現状でそれ以上の馬が眠っていました。テレキャスターxチヨヨネクターというGI馬同士の配合であるチヨキャスターがかなり距離適正の狭いタイプ2200~2400「徐々に」のコメントで指数104でした。もしかしたら、JC頃には相当強くなっているかもしれません。エリザベス女王杯→ジャパンカップのローテで秋は挑みたいです。

これで重賞クラスっぽいのが3頭目。残りまだ能力がよくわかっていないのがチヨヨクールモア(サドラーズチヨヨxチヨヨドリア)、チヨヨズスピリット(チヨヨズシアターxマックスビューティ)、ロジカルチヨヨ(チヨヨズシアターxテスコガビー)の3頭。チヨヨズシアター産駒の2頭はかなり期待しています。チヨヨズシアターは珊瑚礁さんのところの秘蔵っ子であるキングスシアターxチヨヨクレオパトラの良血。更にそこへシステム牝馬で血を繋げることを狙った馬ですのでなんとしてもGIを勝ちたいところです。ノーザンダンサー系の種牡馬が少し元気がないので上手く全体公開種牡馬になれれば価値は高いんじゃないかと思います。チヨヨクールモアは既にスピードそこそこの死刑宣告を受けているのであまり期待はしていません。ゾンタークの弟なので種付け当時はかなり期待していたんですけどね^^;
チヨヨシンデレラをJDDに登録しています。なんとか普通の枠扱いになりそうな所に入っていますし、実力は出し切れそうだと思います。ただ、この馬はやはりマイラーですので2000では少し力が落ちます。ダートよりも芝の方がいいですし。だからといって勝ち負けできないかと言えば、そうでもないと思っています。マイラーがダート2000に挑戦するといったローテは正直ありえないのですが、今年のダート戦線はまだ目立った強さを持つ馬が出てきていないので様子見で登録といった所です。

豪華メンバーの宝塚記念は古馬サイレンスズカ産駒のココスズティガーが天皇賞秋に続きGI2勝目。タイムは2.10.2のレコードでした。2着は、3歳素質No1のスピードキャスター、3着は実力馬キーロフでした。チヨヨエンプレスは9着惨敗。内枠もあるとは思いますが力の差を感じますね・・・。まぁ大駆けすればというのはいつも言ってますがBestタイムは2400m2.22.7(通常2.23.2)ですので勝てる能力はあったと信じています。


ちょっと気になったので裏パラについて私なりの考えを書いてみます。大前提として公式HP上のパラメータ一覧以外のパラメータは存在しないと考えています。根拠はありませんが、それなりになくても説明がつくかなと思っています。

持続力  その馬がMAXスピードを維持できる時間を表します。
持続力=ST=SPくらいとして考えています。つまり競争能力へ与える影響はかなり大きいでしょう。これはパラメータの悪い馬が時々活躍していることからです。遺伝は主に母からだと考えています。

重馬場適性 この適性が高いと重馬場でも自分の能力を発揮しやすくなります。
正直分からないですが、そこまで大きな影響はないと思います。影響がないので正直父からの遺伝か母からの遺伝なのかは分からないです。どちらかというとこういった適正に関しては父の影響も強いような気がします。

右・左回り/坂/小回り 競走馬の個性です。先天的に得意/不得意があります。
こちらもあまり気にしなくていいことだと思っています。影響は結構大きいんですけどね^^;父か母どちらからの遺伝かは分かりません。どちらかというとこういった適正に関しては父の影響も強いような気がします。

距離適性/融通性 適性距離は遺伝によってある程度決まりますが、全く異なる適性を持った馬も出ます。融通性は距離適性の幅を広げ、この能力が低いとある距離のスペシャリストになりますが、融通が利かない分、その距離においては鬼の強さを発揮する可能性があります。
距離適正はご存知の通り完全に父から遺伝すると思います。母の影響度は現時点で0と考えています。融通性も主に父からでしょう。融通性の高い種牡馬として代表的なのがサンデーサイレンス、ウォーエンブレム、低いのがパントレセレブルやマルゼンスキー辺りでしょうね。適正は少なくとも100m単位で設定されていると考えています。これはアズーリの1800適性、テレキャスターの2400適性(テレキャスター自身は中)なんかが説明つかないですよね。(チャーチルしかわからないかな^^;)

脚質 その馬の個性として、最も能力を発揮しやすい脚質を持っています。
脚質は現在のところ遺伝しないと考えています。

調子の変動
調子の変動のしやすさは遺伝しないと考えています。
今年の宝塚記念は豪華絢爛なメンバーとなりました。有力馬を軽く挙げてみると、、、
オリエントパーク ヨッピイさんの秘密兵器。フリレタイムが物凄いらしい。
キーロフ 皐月、オークスと3着に敗れたが、重賞5勝馬
チヨヨエンプレス 菊花2着、JC3着、天皇賞春2着。1番人気(笑)
ココスズティガー 天皇賞秋、産経大阪杯など。2000m芝に強い。
フランサ 菊花賞1着、エリザベス2着、川崎記念2着、帝王賞2着の実力馬
スピードキャスター 今年No1と目される2400の素質馬。ダービーは2着に敗れる。
カズアーベーセー 皐月賞、ケンタッキーダービー1着。3歳中距離王者。
コウジレインボー 愛知杯を制した上がり馬。初めてのGI挑戦。
ジャマボンベイ 今年のダービー馬。
ボーカイユ 神戸新聞杯以降裏重賞路線。
リバティーストーム ダービー3着、毎日杯1着。
マジックコスモス 高松宮記念、安田記念3着。スプリンターが2200で通用するのかに注目。
マルゼンアリバ 日経賞、AJCC、オグリキャップ記念。GIではどうか?

とまぁ凄いことになっています。全ての馬にチャンスがあると思います。本当にどの馬が勝つか分からないレースになりそうです。ちなみにうちの馬は内枠なので諦めました(笑)大駆けすれば勝てると思ってたんですけどね~^^;
高いわけですから
放牧しなかったの?
ゾンタ君が、目黒でシンデレラなどを放牧しなかったよ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
昨年の安田記念。恐らく勝てるだろうと思っていたチヨヨゾンタークがヴィクトリーフラグに敗れ2着。今年も最後の直線マリスグラッジを捉えるも人気薄で突っ込んできたプリピンに交わされ2着。チヨヨシンデレラは正直調子が8割でタイムも1.31.4とかなり厳しかったです。そんな中2着を確保出来たのはよかったのかなと思います。次走は迷ってはいますが他にレースもないですしJDDに向かう予定です。ダート2000は微妙だったりしますけど^^;
案がまとまらないので、保留にしてきたユーザー種牡馬各賞ですが、放置しておくのもなんですので考える過程をネタにしてみます^^

私の所の全体公開馬は4頭。一応全てに賞を設置しようと思います。総額40億の賞金にしようかと思います。種牡馬による収入が毎年そのくらいですので^^

チヨヨゾンターク
チヨヨサンデー
チヨヨファルコン
チヨヨソクラテス
以上の4頭になります。後継馬が生まれて欲しいと思っているのはゾンタークとソクラテスです。ソクラテスに関してはパラ自身は悪くないので繁殖に恵まれればいい馬を出してくれるんじゃないかと思います。ファルコンに関してはソクラテスに似た血統ですので、初心者向けにいいかもしれません。チヨヨサンデーに関しては既に2頭の全体公開馬がいますし、こちらも初心者向けにしてみようかと思います。

【チヨヨゾンターク賞】
3歳12月末時点で賞金額が1位のチヨヨゾンターク産駒を生産した馬主さんに15億円

【チヨヨソクラテス賞】
チヨヨソクラテス産駒でGI制覇時15億円

【チヨヨサンデー賞】
チヨヨサンデー産駒で初OP勝利、初重賞勝利、初GI制覇時15億円

【チヨヨファルコン賞】
3歳時にチヨヨファルコン産駒で1000万突破時5000万
昨日、久々にいろいろとフリレをして能力把握してみました。今回ピークのチヨヨビッグレッドが急成長しており既に100まで上がってきました。1つ前の近況メールが「まだまだ」で今回「もうちょっと」のコメントですので100以上は確定っぽいです。血統はサンダーポイントxチヨヨクレオパトラで2000~2400の芝ダ兼用馬です。ただ今年の2400戦線は105越えが必須のようなのでそこまで強くなってくれるかはまだ分かりませんが期待したいと思います。チヨヨノカガヤキ、チヨヨシャルロットはピーク完璧で100越えがないことが確定。1000万を勝たせて引退がいいところでしょうか。チヨヨノカガヤキについては1.57.0~1.57.5と気性の悪そうな所があります。金鯱賞に登録していますが、重賞級の馬とはとても思えません。

ところでようやく2歳馬の生産が完了しました。最後はタマモクロスxアイロニー(ヨッピイさん交換馬)です。残念ながら牡馬が生まれてしまったのでちゃんと育てます^^;パラがいいといいんですけどね~。流石にやや晩成なのでまだ未入厩でした。今年はなかなか上手く生産できた気がします^^
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。