競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テスコガビーを買ったものの種付けに悩むこと1日。結局チヨヨズシアターを種付けしてしまいました。チヨヨズシアター産駒は2頭目。稍早熟遅めの短中なので何とか完成まで間に合ってくれないかなぁといったところです。メイン厩舎でがしがし調教してみようと思っています。しかし、2頭生産して2頭とも牡馬・・・。牝が欲しいのになぁ^^;

そろそろ飴パッチもあっていいと思うんですけどね。基本的にネットゲームは常に変化がないと飽きられてしまい徐々に辞めていく人が多いです。私個人は、血統ゲームとしての面白さがあると思っていますので今のところ飽きてはいません。これからどうなるかなといった興味がまだまだ膨らんでいるところです。ゲームの周期が長いだけに1日ではちょっとした変化しかありません。1Sもすると積み重ねで大きな変化になります。1S1Sの終わりが待ち遠しいという気持ちはこの辺りから来ているのかもしれません。スパンが非常に長いので、勝った負けただけを楽しむといったスタイルではすぐに飽きが来てしまうでしょうね。だから、どうすればいいというのは難しくて何をしたって今の時期辞める人は、刺激がなくなれば辞めてしまうのではないかと思います。

多少万人向けにするのであれば、
・種牡馬公開条件を重賞勝利馬にする
→現状GI取った馬だけが種牡馬ランキング争いをしています。条件を重賞馬にすることで種牡馬があふれますが、よりたくさんの人が種牡馬に魅力を感じることができると思います。種牡馬が増えることにより多少煩雑になりそうなので少なくとも系統でソートできるようにはして欲しいところ^^;

・枠の改善
→何かしら1アカでも多少楽になるようにした方がいいのではないかと思います。例えば、重賞取得という緩和された条件なら全体公開馬はカウントされずに個人所有はカウントされるというようにしてみてはどうかなと思います。血統ゲームという側面を強化しつつ、重賞を取るというモチベーションの上げ方が出来て良いのではないかと思います。更にはゲーム内資金50億程度で全体公開ができるようにするのもいいのではないかと思います。資金回収の一環にもなりますしね。ただ、問題は今まで複アカだった人がアカウント縮小してしまうのではないかという懸念ですが、これは1アカ増やすことにより15頭程度余分の枠が出来るのですから1アカにつき2,3頭の枠増加であれば私は2アカ持ち続けることになりそうです。生産規模を縮小せずにアカウントを削除することが出来るならば、アカ削減しますが、生産規模が縮小していまうのであればそのまま維持することになるでしょうね。これだけでもユーザーのモチベーションは相当変わりそうですが・・・。
スポンサーサイト
チヨヨパッションが新潟記念勝利。宝塚記念馬なので当然といえば当然かもしれませんが、重賞勝利はやはり嬉しいですね。次走は秋華賞の予定です。当然フルフリングが出走しそうなレースは避けたいと思います(笑)

チヨヨエンプレスが小倉記念2着でしたが、この馬実は2000~3000適性です。菊花→JC→有馬のローテに乗せる予定です。2400はフルフリングに勝てる気はしませんが3000なら勝負になりそうです。あ、やっぱり3冠目指して菊花賞でるのかな。とりあえず全力で阻止の方向で!みんなが遠慮して3冠とっても価値はないと思います。

さて、今期期待できそうなのはほぼこの2頭に確定です。何だか例年になく寂しいです。となると来期生産に思いを馳せることになるのですが、繁殖牝馬が揃いつつありますので、零細血統への移行も考えていかないといけない気がしています。繁殖牝馬がよい馬だと種牡馬の能力が多少悪くても能力の高い馬が生まれます。零細血統への移行を進めるなら能力の高い繁殖を集めてからだと思っていましたのでそろそろ時期が来ているのかもしれません。ただし、全ての馬が零細血統へ移行するつもりは毛頭ないです。流れの向くままに、可能なら零細血統を種付けしてみたいと思っています。

さて、私の繁殖牝馬は、ミスプロ、ヘイロー、ボールドルーラー、ノーザンダンサー、ロベルトで、ほぼ主流血統のみの顔ぶれになっています。ヒムヤー系が一頭いますが、ヒムヤーはミスプロに繋げるしかない血統ですので、主流血統のようなものです。注目したいのはボールドルーラー系、ロベルト系からノーザンテースト系へ繋がる系統です。主流血統から零細血統への入り口はフェアウェイ系とノーザンテースト系くらいですので、来期はノーザンテースト系を1、2頭生産してみようと思っています。ノーザンテースト牝馬が出来たら次はタマモクロスを種付け。稍早熟よりも遅めの成長型で牝なら3歳早々に引退させる方がいいかなと思っています。タマモクロスの後はニホンピロウイナー→デイラミ→シャーガー→ボールドルーラー系種牡馬と続きます。ここまで来ると間違ってGI取ったりするとかなり価値のある種牡馬になりそうです。そろそろ、パラメータの伸びも少なくなってきたためこういう楽しみ方をする時代に来ているのかもしれません。


坂路で直一とかを調教しなかった?
11月は、青い四角より下の時飼い葉:
蜂蜜芝併せ一杯+
ダ併せ直一(-8k調教)
飼い葉とか鍛えるために
厩時直一と四角より下の時飼い葉とかを変更すればよかった?
今年やっている
厩時)(1ヶ月程)
飼い葉:
蜂蜜ゲートとか広い蜂蜜ゲートや、根性とか鍛えるために
と、chiyoyoが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
初期段階:ミスタープロスペクター系全盛期
第1段階:ミスプロ系からノーザンダンサー系、ヘイロー系への分散
第2段階:主流3系統から主流4系統への変化(ボールドルーラー系)
第3段階:主流血統からのサポート血統が伸びる。

以前の予想ではこのような感じでしたが、状況が多少変わってきたのでどうなるか予想してみたいと思います。現在は第2段階の初期といったところでしょうか。ノーザンダンサー、ヘイロー系の全体公開種牡馬がちょこちょこ活躍し始めていますね。ただ、ボールドルーラー系が意外と活躍しているのがチャーチルの特徴で第1段階と第2段階が一緒に来ている感じです。4系統中2系統以上ニックスであるサポート系統について考察してみます。

MP=ミスタープロスペクター系 ND=ノーザンダンサー系 HR=ヘイロー系 BR=ボールドルーラー系
主流
・ミスタープロスペクター系 ND HR BR
・ヘイロー系 ND MP BR
・ノーザンダンサー系 MP HR
・ボールドルーラー系 MP HR

サポート
・ニジンスキー系 MP HR 
・リファール系 HR BR
・ロベルト系 ND BR
・ヌレイエフ系  MP BR
・バックパサー系 MP BR
・フェアウェイ系 ND BR
・リボー系 ND MP
フェアウェイ系、リボー系、そしてバックパサー系が強化されています。MP系からの繋がり、ノーザンダンサーの有無なんかを考えるとやはり1番手はバックパサー系、2番手はリボー系でしょうか。

メジャーな血統に関してはこのくらいにして、零細血統の繋がりを考えてみたいと思います。私が気になっているのはミルリーフ系絡みです。
ミルリーフ、フェアウェイ、ハビタット、グレイソヴリン、ノーザンテースト辺りをピックアップして零細系統とでも名づけてみます。
MR:ミルリーフ系 FW:フェアウェイ系 HB:ハビタット系 GS:グレイソヴリン系 NT:ノーザンテースト系

零細系統(遺伝A以上の種牡馬がいることが条件)
ミルリーフ系 FW HB ミルリーフ、デイラミ
フェアウェイ系 MR 主流ND BR シャーガー
ハビタット系 MR GS ニホンピロウイナー
グレイソヴリン系 HB NT タマモクロス
ノーザンテースト系 GS 主流BR ノーザンテースト、アンバーシャダイ

以下のような流れで種付けがいいかも?
NT→GS→HB→MR→FW→BR→NT
NT→BR→FW→MR→HB→GS→NT
フェアウェイ系、ノーザンテースト系から主流へ戻したり様々なバリエーションが考えられます。

遺伝Bながらブランドフォード系ムトトとハイペリオン系グリーングラスも追加されています。この2系統を加えてみると、
MR:ミルリーフ系 FW:フェアウェイ系 HB:ハビタット系 GS:グレイソヴリン系 NT:ノーザンテースト系 BF:ブランドフォード系 HP:ハイペリオン系

ミルリーフ系 FW HB HP ミルリーフ、デイラミ
グレイソヴリン系 HB NT HP タマモクロス
ハイペリオン系 GS BF グリーングラス
ハビタット系 MR GS ニホンピロウイナー
フェアウェイ系 MR 主流ND BR シャーガー
ノーザンテースト系 GS 主流BR ノーザンテースト、アンバーシャダイ
ブランドフォード系 HP 主流ND ムトト
こうなると厚みが増してなんとか主流血脈なしでもニックスを続けていけそうです。ハイペリオン系、ブランドフォード系の強力な種牡馬がいるとこれらの血統の再興もあるのではないかと思います。なんだか纏まりがないですが、今までは趣味の範囲だった零細血統も主流血統に置き換わる可能性は無きにしもあらずではないかということが言えるのではないかと思います。
ブリーバ勝利種牡馬はー5億。
MP系:ミスタープロスペクター系
ND系:ノーザンダンサー系
HR系:ヘイロー系
SC系:ストームキャット系
BR系:ボールドルーラー系
ヘイロー系、ノーザンダンサー系、ボールドルーラー系がそれぞれ1頭ずつでその他は全てミスタープロスペクター系。まだまだミスプロ系からその他系統の移行時期なのが分かりますね。

1位 7億0630万 プリンスハイアット  MP系 全体  ↑4位
2位 5億0455万 チヨヨサンデー   HR系 全体  ↑9位
3位 3億4850万 ジャビブラック  MP系 全体  →3位
4位 3億2870万 ハシルニンゲン   MP系 全体  ↓1位
5位 2億6800万 マスノスシ    ND系 全体  →5位
6位 2億2800万 トミーガン    MP系 全体  初
7位 1億9000万 ラブコンドル   MP系 個人  初
8位 1億5130万 マイハート    MP系 個人  初
9位 1億3400万 ビーフルオブホープ BR系 全体  初
10位 1億2800万 ウインチェスター   MP系 全体  初


あまり大差はないですが今年やっている調教方法です。

【入厩時】(1ヶ月程)
飼い葉:蜂蜜
芝併せ一杯+ダ併せ一杯
ベスト体重になるまでこの調教を続けます。

【ロケット習得前】(だいたい2歳11月くらいまで)
疲労が青い四角より下の時
飼い葉:アイスクリーム
芝併せ一杯+ゲート
ダ併せ一杯+ゲート
(繰り返し)

疲労が青い四角より上の時
飼い葉:蜂蜜
ゲート+ゲート
(繰り返し)
根性、気性を早い段階で鍛えるためにロケット習得を早めるための変更。

【ロケット習得後】(引退まで)
疲労が青い四角より下の時
飼い葉:アイスクリーム
坂路併せ直一+ウッド併せ直一(-8k調教)

疲労が青い四角より上の時
飼い葉:蜂蜜
坂路単走直一+ウッド単走直一(-4k調教)
昨日ふらっと繁殖牝馬の購入画面を見るとマックスビューティがなぜかいました^^前から欲しかった牝馬ですので慌てて購入しました。ここから種付けに悩むこと1時間。種付けしたのはチヨヨズシアターという自家生産種牡馬です。キングスシアターxチヨヨクレオパトラの良血で、走らせていればGIの1つは取れたかもしれない馬です。この馬を種付けしたポイントは、稍早熟短中が少なかったことと、稍早熟の遅めの馬が欲しかったことです。稍早熟遅めくらいであれば2ヶ月ほどの空白期間ですみますので、なんとか追い着くことができるとの算段です。今日確認したところ牡馬が生まれていました。本当は牝が欲しかったんですけどね^^;チヨヨズシアターはあまり多くの馬が種付けできる種牡馬ではないので、一子相伝にしようかとも考えてます。ラフィアン、テスコガビーなんかも持って置きたい所ですね。特にラフィアンはゾンタークと合いそうです。

ただ牝系のチヨヨドリア系の種牡馬はあまり増やしたくはないところです。既にチヨヨドリアの血が入っている馬はチヨヨクレオパトラ、チヨヨゾンターク、チヨヨズシアター、今期のドリア、クレオパトラの子供に更に今回1頭追加ということで6頭目になります。チヨズシアターを種付けしたはいいですがこのままいくと問題がありそうです。私の所では、もう一系統某ブリーダーさんから頂いたシャドウチェイサー系牝馬がハートチェイサー、サードチェイサーが2頭います。今のところドリアと勝負になりそうなのは、この2頭くらいかなと思ってます。
単純にGIの1、2着馬のタイムで並べてみました^^;
流石にペースや馬場までは考慮にいれることはできませんので、有利不利はあると思いますがその辺は時の運ということで。F1のポイント制を採用しています。

ロンシャンは平均的にレベルが高いサーバー、アスコットはルーンメイデンの活躍が目につきますが他の距離でも平均的にレベルは高いと言えます。少しフェブラリー、高松宮のタイムが遅かったですね。チャーチルは強い距離弱い距離の差がはっきりしています。特にマイルが弱く、中距離に強い傾向がありますね。あとはダートが強いサーバーです。エプソムは中長に強いサーバーな印象があります。大井は、マイルが得意な傾向がありますね。ナドアルシバは、古馬が相対的に強いような気がしますが全体的に元気がないです。実はそろそろチャーチルもロンシャンともいい勝負なのではと思っていたのですがやはりロンシャンの壁は厚かったです。むしろアスコットの健闘が光りますね。


フェブラリーS ロ14 ア 6 エ 1 チ15 ナ 5 大 6
1 マリスグラッジ  牡4 1.35.3 チ1
2 プチハウンド   牝4 1.35.5 ロ1
3 ルーズイレース  牝4 1.35.8 ロ2
4 コロコロガール  牝4 1.35.9 ナ1
  シマゴールド   牡5 1.35.9 ア1
  エクスカイザー  牝4 1.35.9 チ2
  ディスペイン   牡4 1.35.9 大1
8 ファマクスタ   牝5 1.36.0 大2
  デューセンベリー 牝4 1.36.0 ア2
  ダブルストーム  牝5 1.36.0 エ1
11 ハルイチバン   牡4 1.36.3 エ2
  ハルマンカイ   牝4 1.36.3 ナ2

高松宮記念 ロ10 ア 2 エ 2 チ16 ナ 4 大10
1 イッコニービング 牡4 1.06.5 チ1
2 ホリデイ     牡4 1.06.7 大1
3 メガクラッキ   牡4 1.06.8 チ2
  カスティジョン  牡4 1.06.8 ロ1
5 ルナマリア    牝4 1.06.9 ロ2
  ギャレット    牝4 1.06.9 ナ1
7 リーベンクロイツ 牡4 1.07.0 大2
  ゲドウ      牡4 1.07.0 ア1
  ヴェリーヴェリー 牡4 1.07.0 エ1
10 イワタ      牡4 1.07.1 ア2
  ファンキーグラマー牡4 1.07.1 エ2
  ニコモグ     牡4 1.07.1 ナ2

桜花賞 ロ 3 ア15 エ 9 チ 3 ナ 5 大11
1 ルーンメイデン  牝3 1.31.0 ア1
2 マークエンブレム 牝3 1.31.4 大1
3 シェルクーンチク 牝3 1.31.5 エ1
4 マツキヨゴジラ  牝3 1.31.6 ナ1
  フォヒュナ    牝3 1.31.6 ア2
6 ヴァンローゼ   牝3 1.31.8 チ1
  コミックパーティ 牝3 1.31.8 ロ1
  ジュテラストソング牝3 1.31.8 大1
  ジュンノローレライ牝3 1.31.8 エ2
10 プリンセスハート 牝3 1.31.9 チ2
  オルタネイティヴ 牝3 1.31.9 ロ2
12 クレイスチャダリア牝3 1.32.0 ナ2

皐月賞 ロ12 ア11 エ 2 チ18 ナ 0 大 2
1 フルフリング   牝3 1.56.6 チ1
2 チヨヨゾンターク 牡3 1.56.7 チ2
  カレンティーニルナ牝3 1.56.7 ロ1
  エウカリス    牡3 1.56.7 ア1
5 ロックノカミサマ 牡3 1.56.8 ロ2
6 プロフィット   牝3 1.57.0 ア2
7 ストラヴァン   牡3 1.57.1 大1
  ジェイウイング  牡3 1.57.1 エ1
9 ノリステコレル  牡3 1.57.2 大2
  レイジングプレイズ牡3 1.57.2 ナ1
11 ウイットブレッド 牡3 1.57.3 エ2
  ジャムキューティ 牝3 1.57.3 ナ2

天皇賞春 ロ14 ア15 エ 3 チ 2 ナ 7 大 0
1 ノスタルジィ   牡4 3.15.1 ア1
2 ブラックラック  牡4 3.15.3 ロ1
3 チェインクリスタル牝5 3.15.5 ロ2
4 エルサレムマリア 牝4 3.15.7 ア2
  サニャック    牡4 3.15.7 ナ1
6 ハコダテノオンナ 牝4 3.15.8 エ1
7 エルコンドルダリア牡4 3.15.9 チ1
  テイムアイルランド牝4 3.15.9 ナ2
9 タイガーチャージ 牡4 3.16.0 大1
  スクィーズ    牡4 3.16.0 大2
11 ケープアルゴ   牡4 3.16.2 チ2
  イグニッション  牡6 3.16.2 エ2

NHKマイルC ロ 6 ア10 エ 0 チ 8 ナ13 大 8
1 ルーンメイデン  牝3 1.30.6 ア1
2 スカイボルト   牡3 1.31.2 ナ1
3 コスプレンジャイ 牡3 1.31.4 ロ1
4 リファインブロード牝3 1.31.5 ナ2
5 ヴィクトリーフラグ牡3 1.31.6 チ1
  ロジャーフェデラー牡3 1.31.6 チ2
  クロスファイト  牡3 1.31.6 大1
  ノービイプレゼント牝3 1.31.6 大2
9 サンライン    牡3 1.31.7 ロ2
  イタチウィング  牡3 1.31.7 ア2
11 ジュンノローレライ牝3 1.31.9 エ1
12 ジェイウイング  牡3 1.32.0 エ2

優駿牝馬 ロ 5 ア14 エ15 チ 8 ナ 1 大 2
1 サマーラフレシア 牝3 2.23.0 エ1
2 マツカゼドリーム 牝3 2.23.1 ア1
3 ポニーマーガレット牝3 2.23.2 ア2
4 ライトビスケット 牝3 2.23.3 エ2
5 プリンセスハート 牝3 2.23.7 チ1
  トゥデイアソシエ 牝3 2.23.7 チ2
  マグナオーシャン 牝3 2.23.7 ロ1
8 ネックレスリバース牝3 2.23.9 ロ2
  シェクレア    牝3 2.23.9 大1
  インマウインド  牝3 2.23.9 大2
  アレクロード   牝3 2.23.9 ナ1
12 サイレンスゼロ  牝3 2.24.0 ナ2

東京優駿 ロ20 ア 2 エ 7 チ 6 ナ 0 大10
1 アオナミガゼル  牡3 2.23.1 ロ1
  ポルンガ     牡3 2.23.1 ロ2
3 フルフリング   牡3 2.23.2 チ1
4 ヌグランゲタ   牡3 2.23.3 大1
  フォールムス   牡3 2.23.3 大2
  カタパルトデッキ 牡3 2.23.3 エ1
7 セレネジャイアンツ牝3 2.23.4 ア1
  コイングン    牡3 2.23.4 エ2
9 ワイズドラグーン 牡3 2.23.6 チ2
10 アスコットサーブ 牡3 2.23.7 ア2
  ロッドアレン   牡3 2.23.7 ナ1
12 トリトリトリゴモク牡3 2.24.0 ナ2

安田記念 ロ12 ア15 エ10 チ 5 ナ 0 大 0
1 ルーンメイデン  牝3 1.30.9 ア1
2 キックス     牝4 1.31.1 ロ1
3 シェルクーンチク 牝3 1.31.2 エ1
4 ブラッディシーザー牝3 1.31.4 ア2
5 ウィットブレッド 牡3 1.31.5 エ2
  プリズナーオブラブ牝3 1.31.5 チ1
  コスプレンジャイ 牡3 1.31.5 ロ2
8 チヨヨゾンターク 牡3 1.31.6 チ2
9 デイスペイン   牡4 1.31.7 大1
10 クロスファイト  牡3 1.31.8 大2
11 ギャレット    牝4 1.32.1 ナ1
  マツキヨゴジラ  牝3 1.32.1 ナ2

帝王賞 ロ11 ア18 エ 5 チ 4 ナ 5 大2
1 マツカゼタンホイザ牡4 2.02.2 ア1
2 ソレイユクーシャン牡4 2.02.3 ア2
3 ブルースセイジン 牝4 2.02.4 ロ1
4 ズンドコゼフィロス牡4 2.02.5 ロ2
5 アイセレブ    牝4 2.02.7 ナ1
6 リョウマジクオー 牡4 2.02.8 チ1
7 タイガーマロン  牝4 2.03.0 大1
8 ミドルチャンス  牝4 2.03.1 チ2
  パンツァーワールド牡4 2.03.1 エ1
  サニャック    牝4 2.03.1 ナ2
11 タマモレイク   牝5 2.03.2 大2
12 ルヴェール    牝4 2.03.3 エ2

宝塚記念 ロ11 ア10 エ 7 チ13 ナ 0 大 2
1 エウカリス    牡3 2.10.2 ア1
2 チヨヨパッション 牝3 2.10.3 チ1
  ダンスファクトリー牡3 2.10.3 ロ1
4 フルフリング   牡3 2.10.4 チ2
  カゼノファイナル 牡3 2.10.4 エ1
6 ブラックマシーン 牡4 2.10.6 ロ2
7 ブラーヴセイバー 牡4 2.10.7 エ2
  フォールムス   牡3 2.10.7 大1
9 トリトリトリゴモク牡3 2.10.8 ナ1
  テイムアイルランド牝4 2.10.8 ナ2
11 シェクレア    牝3 2.10.9 大2
  セレネジャイアンツ牝3 2.11.0 ア2

ロンシャン 118point
アスコット 118point
チャーチル  98point
エプソム   61point
大井     53point
ナドアルシバ 40point

遂にゾンタークに引退勧告が来ました。気になるパラメータは以下の通りです。
zonta.jpg

やはり、気性はSS、根性もSと素晴らしく安定した成績をのこすためにはこの2つのパラメータが重要なのではと感じました。結局GIは3勝に終わりましたが、私の所では1Sから今までで最強の馬でした。ゾンタークの戦いはこれからが始まりだと思います。短中ということでチヨヨサンデーとの住み分けも出来るのがいいところかなと思っています。

ブリーバGPにはチヨヨパッションが登録。何故か印がついていませんが、ダートも強い馬ですのでそこそこ上位に食い込んでくれるのではと思っています。しかし、今のダートで強い馬が揃いましたねぇ。JDD馬のディープスロート、帝王賞馬のリヨウマジクオー、宝塚記念馬のチヨヨパッションと豪華なメンバーになりました。このレースはローテーションが上手い位置に開設されていますね。しかも別路線な馬の対決になるので非常に面白い戦いになりそうです。
今から少し弱気なのですがすぐには活躍は難しいかもしれないと、得意とかをJDDしたかったのはディープスロートでいただけに残念でした
結果は宝塚のチヨヨサンデー産駒
しかも牡馬です


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
最後まで悩んでいた宝塚とJDDが終わりました。結果は宝塚のチヨヨパッションが見事勝利。JDDのチヨヨゾンタークは2着でした。ゾンタークの方が固いと思っていただけに残念でした。パッションは、今回間違いなく大駆けです(笑)とにかくGIに登録してみる作戦が初めて当たった気がします。今Sはゾンタークでおしまいかもしれないと思っていただけにパッションの台頭は嬉しいですね。秋は、牝馬GI路線を歩ませたいと思います。ゾンタークは得意の芝、1600~2000狙いでしょうか。恐らくBCマイルから始動することになりそうです。まぁその前に能力落ちもありそうですけどね^^;

ところでJDDを勝ったのはディープスロートでチヨヨサンデー産駒。しかも牡馬です。これで後継が2頭に^^種付けはしにくいですけど、私は種付けしにくい系統は時間が解決してくれると思っています。繁殖牝馬の系統が進んでいくことによって、種付けできる繁殖牝馬が増えてくるからです。今から少し弱気なのですがすぐには活躍は難しいかもしれませんね。
> ・新種牡馬を登録しました
> ・ファイル形式をシステム用とユーザ用に分けてみました
> ・ニホンピロウィナーなど種牡馬カードの能力を修正しました


血統検索Ver1.05ダウンロード

エラーが出る方は以下をダウンロード
Microsoft .NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージ
今年のGI馬をざっと眺めてみます。
帝王賞 リョウマジクオー牡4 ドレミシアトルオー
安田記念 プリズナーオブラブ牝3 プリンスハイアット
ダービー フルフリング牡3 ハシルニンゲン
オークス プリンセスハート牝3 マイハート
NHKマイルC ヴィクトリーフラグ牡3 ムーンバラッド
天皇賞春 エルコンドルダリア牡4 エルコンドルパサー
ケンタッキーダービー チヨヨゾンターク牡3 チヨヨサンデー
皐月賞 フルフリング牡3 ハシルニンゲン
桜花賞 ヴァンローゼ牝3 コアロフ
高松宮記念 イッコニービング牝4 トニービン
ドバイSC キャリアトラッド牝4 パントレセレブル
ドバイGS チヨヨゾンターク牡3 チヨヨサンデー
フェブラリーC マリスグラッジ牝4 ダンチヒ
川崎記念 アナザーカレント牝4 シアトルスルー

今年の3歳馬の有力馬に注目するとユーザー種牡馬優勢なのが分かりますね。ハシルニンゲンがまともな後継を出せずに終わるのかと思いきや忘れたころに大物フルフリングを輩出しました。フルフリングは確実に種牡馬としても人気は出るのではないかと思います。チヨヨサンデーは1年目に早くもチヨヨゾンタークという父を越える後継馬を出したのはいいですが、種付けしにくい血統なのでその後に繋げることが出来るかという不安がありますね。プリンスハイアットは牡馬のGI馬はまだ出ていませんが牡の大物を輩出する可能性は十分ありそうです。ここに名前がない馬ではジャビブラックにウインチェスターという後継がいますが超早熟なので後継としては少し不安な面があります。ただ産駒数は非常に多いので2歳戦線を賑わしてくれるのではないかと思います。アズーリも一時の人気が薄れ正念場にきている感じです。1年目の産駒が思ったよりも走らなかったのが要因でしょうね。ただパラメータはかなりいいのでまだまだ可能性はありそうです。
ともかく、抜け出したのはハシルニンゲンと、チヨヨサンデー、追うプリンスハイアットにジャビブラックといったところでしょうか。来期はここにハバタクミライ、テレキャスターのヨッピイブランド、再来年はチヨヨゾンターク、フルフリングの2頭も加わってくるでしょう。毎年激化する後継馬争いも注目したい所です。
現在私のところにいる馬でJDD、宝塚どちらでも出れそうなのが2頭。先日金鯱賞を勝ったチヨヨパッションがここへ来てゾンタークとほぼ同等のレベルになりました。ただ、どちらの馬にも言えるのですが宝塚は距離適正外に見えます。どちらも2分10秒半ばですので、レコードに届くか届かないかの微妙なライン。更には宝塚にはフルフリングが登録してきています。現在はゾンタークをJDD、パッションを宝塚にしようかなと思ってます。

ゾンタークは未だ「成長ピーク」のままでした。ここまでくると早熟っぽいかな?父チヨヨサンデーは東京大章典辺りまで能力落ちがなかった馬ですので超早熟で長めなのが遺伝しているのかも?ところで2歳のチヨヨサンデー産駒が成長ピークになっていました。チヨヨディモンシュ(仏蘭西語の日曜日)なのですが、まだタイムを測っていません。もしかしたらゾンタ君と同じような成長カーブなのかも?

あとの3歳はちょろちょろと500万を走らせています。中でもダービー5着馬のチヨヨファイト産駒チヨヨエンプレスは2000の指数105と相当能力が高い馬なのですが未だ1勝馬。まだ完成していないのでなかなかの逸材だと思います。私のところでは3番手の馬になります。その他はダメっぽいですね^^;1600万勝たせて終了な馬が多そうです。
私の牧場の繁殖牝馬は気性が悪めの馬が多く、更には血統的に種付けが難しい馬が多いです。ただその代わりに能力は高い馬を揃えています。今年から出来る限りアウトブリード+ニックスという配合方針へ転換しましたので、気性、適正は上がりやすい配合方針です。逆に能力はインブリードをすると上がりますが殆どの場合代重ねすると下がります。気性が軽視出来ないパラメータとなった以上、最初に能力の高い馬を揃えておいて、能力を維持しつつアウトブリード+ニックスで気性を上げていくという手法を取る事にしました。後は繁殖牝馬の数でしょうか。多少競走馬の数を減らしても繁殖牝馬の数増やして、当たりがでる確率を上げた方がよさそうかなと思って11頭もの繁殖牝馬を抱えています。最終的に全てSSの繁殖牝馬を作るためにはアウトブリード+ニックスが近道ではないかと考えています。ただ、母が気性SやらSSの馬には、インブリードで弱点補強するといいでしょうね。
なんだかまとまりがないですが、代重ねで気性と能力どっちが上げやすいのかと考えた時に、気性の方が上げやすいと感じています。
チヨヨゾンタークが近年稀にみるハイレベルな安田記念で2着になりました。内枠の不利があった中実は意外な2着でした。今回ゾンタークが負けた馬はプリズナーオブラブ。なんというか大穴でしたね^^;びっくりしました。馬単で44440円という珍しい万馬券になりました。今回は負けて強かった競馬にみえました。次走は宝塚かJDD、、、どちらにするか迷っています。JDDの方が適距離なのかも。

その他では、チヨヨパッションが金虎賞を勝利。ゾンターク以外では今期初の重賞馬です。タイムも1.56.9となかなかでした。まだ完成していないのでもっと伸びてくれるはず、、、!?ちなみにこの馬は馬主会内のラブコンドル杯に登録している馬だったりします。このままいけば優勝してうはうはできるかも^^

あ、先日入札していた繁殖牝馬はセリ負け、更にもう一頭セリ負けて3度目の正直でモサミラクルをゲット^^4000万は安い買い物でした(笑)
以来しました
ケンタッキーで調子を出走したかった
chiyoyoは、再戦ということになりました
と、ゾンタ君が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
何の気なしにつけたタイトルが現実のものになりました。更にはフルフリングにリベンジ出来たことも嬉しいですね^^とにかくこの馬は生まれた当初から驚かされっぱなしです。恐らくあとGIは数戦になると思うのですが一つでも多くGIが取れるといいなと思っています。次走は安田記念。打倒マリスグラッジです^^

さて、今日繁殖牝馬をまた入札しちゃいました。今年かなり繁殖牝馬の入替えを行っているのですが、昨年と比べると厚みがかなり増しています。
以下自慢の繁殖牝馬リストです^^
チヨヨドリア 芝32.0 ダ31.5
ハートチェイサー 芝31.5 ダ31.5
シャルロットフィス 芝31.0 ダ29.0
チヨヨクレオパトラ 芝30.5 ダ27.5
ギャバロン 芝30.0 ダ28.5
ストームウェイ 芝31.0 ダ27.5
チヨヨネクター 芝29.0 ダ27.0
サードチェイサー 芝30.0 ダ30.0
サクラテイオウ 芝29.0 ダ28.5
デスピナ 芝30.0 ダ30.0(入札中)
メディテーション 芝26.5 ダ26.0
チヨヨダリー(ダリア)

ようやく陣容が固まってきたのでお披露目です(笑)4頭ほど30クラスを入替えできたのは大きかったと思います。まだまだ質を上げていこうと思ってます。一応入替えするときは必ずセリで売っています^^;もし見かけたら検討してみては如何でしょうか。多分1万で落札できると思います^^
ケンタッキーダービーにチヨヨゾンタークを登録しています。私は初めての出走になります。前回皐月賞で敗れたフルフリングも出走で、再戦ということになりました。今回少し弱気です^^;少し調子落ちであることとGI3戦目であることからです。ローテ的な不利、調子の不利があるため、ダートに変わってどうかというところが焦点になりそうです。また主戦騎手の千代がダートDでその他SSという状態ですので、岳に騎乗以来しました。ここは岳マジックに期待といきたいところです。

天皇賞春は昨日言ったとおりで、期待薄^^;買わないほうがいいですね。引退レースになりそうです。
皐月賞はフルフリングが1.56.6で勝利。ゾンタークが届かないタイムでの決着でした。戦前は指数108、フルフリングが指数102前後と実は安心していたのですが、1.56.6を出されては紛れがないゾンタークはお手上げだったりします^^;こればっかりは仕方ないですね。次走はケンタッキーダービーになるのですが、もしかしたらフルフリングとの再戦になるかもしれません。それから本日報告メールが入っていたのですが、未だ成長ピークでした。まだまだ現役を続けれそうです。ケンタッキーの後の予定は、放牧して2週仕上げで安田記念→JDDor宝塚になりそうです。それから、この馬1600~2000まで指数が同じなので短中の適正が広いタイプなのかもしれません。

天皇賞春に出走予定の阪神大章典2着のチヨヨルークは残念ながら「安定」コメに変化してしまいました。天皇賞が引退レースになりそうです。間違っても買わないように^^;

さて、少し最近気になっていることがあります。根性と気性についてなんですが、気性については紛れが発生しやすいということは間違いなさそうですね。根性については未だ謎なままですね。いくつか仮説をたててる段階ですが、やはり重要そうだという結論になりそうです。つまり依然繁殖牝馬のパラメータは根性と気性は抜いて考えた方がいいということを書きましたがこれがそうではなくなってきているということです。
評価式はSS7点-E1点として
芝:スピ+スタ+根性+気性+瞬発+芝適正x0.5
ダ:スピ+スタ+根性+気性+パワ+ダ適正x0.5
に変更したほうがよさそうな印象です。
この式を適用してみると
チヨヨドリア 芝32.0 ダ31.5
ハートチェイサー 芝31.5 ダ31.5
シャルロットフィス 芝31.0 ダ29.0
チヨヨクレオパトラ 芝30.5 ダ27.5
ギャバロン 芝30.0 ダ28.5
メディテーション 芝26.5 ダ26.0
チヨヨクイーン 芝22.5 ダ27.5

テスコガビー 芝30.0 ダ30.0
マックスビューティ 芝30.0 ダ29.0
ダリア 芝29.5 ダ31.0
ラフィアン 芝29.0 ダ30.0
コロラドダンサー 芝28.5 ダ28.5

こうしてみると追加された、テスコガビー、マックスビューティはかなりいいですね。特にマックスビューティは6億ですしお得です。しかし、追加牝馬と自家繁殖牝馬とで思ったより差がなくてちょっと悲しいところ^^;
皐月賞
×1ドリームランド97 枠×
×2
×3ガッツダイ100 枠○
○4ゲンキイッパイ103 枠○印○
×5ツーザリオ
×6モジモジニイチ95 枠○
▲7ディープスロート98 枠○印○
×8ヴィエナエンペラー97+α 枠○
▲9ジャマフィユンユール102 枠○
▲10フルフリング102 枠○
▲11ハナビ100 枠○
▲12デラックスレティス101 枠○
◎13チヨヨゾンターク108 枠○印○
×14カゼノユウワク95+α 枠○
×15リンギオ99 枠×
×16イザナギキッチョウ97 枠○
枠連2-7 300万
ゾンターク軸だが2着は混戦
はずれ!

マリーンS
×1マジカルサプライズ91
×2デヴィルサドアット96 枠×
○3エンジェルウイング103 枠○印○
×4トウゲンキョウ93
×5ドラゴンハイアール92+α
×6シージーシー93
×7ファインセラ
×8モップ80
▲9トミーストライク101+α 枠○印○
×10コーラルネクター105 枠○印×前走は大駆け
×11ラファエルナダル99 枠○
×12ヘイムーン98 枠○
×13シロマーリモ
×14ラティアス
◎15エクスカイザー106 枠○印○
×16カノン87
枠連2-8 300万 古馬が意地
はずれ!

累計データ
的中17-4 23%
投資額4900万 回収額1億5840万 回収率309%
今回追加された新種牡馬で使えそうな異系統の種牡馬をまとめます。
ニックスなし
ザテトラーク系 トキノミノル
ダマスカス系 ダマスカス
リヴァーマン系 リヴリア
ニックスあり
ミルリーフ系 デイラミ、ミルリーフ? フェアウェイ・ハビタット・ハイペリオン
ネイティヴダンサー系 シーバード、ネイティヴダンサー ダンチヒ・ヌレイエフ
フェアウェイ系 シャーガー ダンチヒ・ノーザンダンサー・ボールドルーラー・ミルリーフ
マンノウォー系 マンノウォー、ウォーアドミラル ヒムヤー・ボールドルーラー
バックパサー系 バックパサー ボールドルーラー・ミスタープロスペクター

今回最も大きいと感じているのはフェアウェイ系の追加です。フェアウェイ系追加によりミルリーフ・ハビタット系が生きることになりますね。もちろんボールドルーラー、ノーザンダンサーとのニックスもあるので、行き詰った能力の高い繁殖からフェアウェイ系への逃げというのが考えられます。ミルリーフ系のデイラミ・ミルジョージ・ミルリーフ、ハビタット系のニホンピロウイナーはフェアウェイ系が追加されて俄然注目の種牡馬になった気がします。バックパサー系は以前の通り使えますね。ネイティヴダンサー系はダンチヒ、ヌレイエフのラインが共に伸びてくれば面白いですね。ヌレイエフ系はパントレセレブルの仔が多少いるのですが、ダンチヒ系は現在少なめでしょうか。今のところ発展は望めそうにないです。マンノウォー系はドクターファーガーのヒムヤー系の発展とセットになります。ドクターファーガーの血が途絶えればマンノウォー系も繋げることができません。ドクターファーガー系はそういう意味で非常に重要になったのかもしれません。
初心者向け記事
【LV1~LV8】30勝以下
馬券でお金を稼ぎつつ市場馬を買い、未勝利、500万を勝ち引退を繰り返す。皐月・優駿で30勝までは比較的楽に稼ぐ事が出来ます。騎手や施設の差が大きすぎるのでどんなに能力の高い馬がいたとしても重賞はおろかOPさえ勝てません。LV7までは勝ち星優先をお勧めします。3歳中心がお勧めです。騎手は、2、3名に分けて使ってください。繁殖牝馬を買って、馬を生ませ育てるのはやめたほうがいいです。まずはLV7まで上げるために勝ち星稼ぎに励みましょう。またカード伝説は絶対禁止です。やればやるほど資金が苦しくなってきます。またフリーレースは暇があったらどこかに登録しておきましょう。とにかくカードを1枚でも多く増やして資金の足しに。繁殖牝馬、種牡馬は持つだけ無駄ですので、全て競争馬にしましょう。調教は、角砂糖、ヘイキューブを使いましょう。アイス、蜂蜜はちょっともったいないです。お勧めは、坂路併せ直一(4k減)ウッド併せ直一(4k減)坂路単走直一(2k減)ウッド単直一(2k減)の4つを組み合わせる方法です。これは延々レベルが上がっても使えます。ゲートはこの時期はする必要はないと思います。あと、1ヶ月ごとに来るメールがやんちゃであれば新しい馬に入れ替えた方がいいかもしれません。「徐々に」か「成長ピーク」であれば比較的近い時期に未勝利を勝てる可能性が高いです。

【LV8~LV9】30勝~40勝
LV9に上がるためにはOP勝ちが必要です。つまり、ここからは未勝利狙いではなく強い馬作りを目指す必要があります。血統は妥協せずに出来るだけベストを尽くしてください。予め配合を決めておくのがお勧めです。繁殖牝馬もきっちり決めて、適当に繁殖牝馬を買って種牡馬を選ぶようなことはしないようにしてください。そのための資金はLV7に上がるまでに馬券で貯めるようにして下さい。1アカであれば繁殖牝馬を4頭程集めるのが課題になるでしょうね。毎年4頭程の生産になりますのでこの中からOP馬を出さなくてはいけません。繁殖牝馬の狙い目はセリ市です。種付け不可でも非常に能力の高い馬がセリに出されていることがあります。主に種付け不可の馬を狙うようにすれば支出を抑えることができ、更に8億牝馬よりよい繁殖牝馬を得ることができます。とにかく良い繁殖牝馬を手元に置いておくことが勝つための秘訣で、毎年毎年行き当たりばったりで繁殖牝馬を入れ替えしている人はあまり成績も伸びません。枠がもったいなくても繁殖牝馬枠をいくつか確保することを私はお勧めします。能力の低い繁殖牝馬を複数より1頭の能力の高い繁殖牝馬の方が価値があるということです。
入厩時期は必ず3月~6月までに収めること。この辺はLV8に上がる時期を見越して2歳馬を生産するのもいいでしょう。 とにかく重賞よりまずはOPです。条件戦を突破(1000万突破した馬)ならOPを勝てる可能性はあると思います。適距離を見極めてガンガン出走させましょう。逆に条件馬の時は1ピーク1走を必ず守るようにしましょう。

【LV10~】50勝以上
OP勝ちを収めるとLV10重賞勝ち、LV11重賞3勝、LV12GI1勝、LV13GI2勝と徐々にハードルが高くなっていきます。GIを取るには繁殖牝馬の質をとにかく上げることが重要です。そこしか差がありません。毎年毎年セリをしっかり見続け毎年質を上げる努力をしていけばいつか追い着くことができます。常に繁殖牝馬の質を上げるという意識を持つことが重要です。何度も言うようですが、繁殖牝馬枠を作らない限りは繁殖牝馬は毎年他の人のお下がり程度でしかないためGI取るのは難しいと思います。もちろん勝てないことはないでしょうけど、確率はかなり低いです。

チヨヨゾンタークが皐月賞に出走します。2戦目ともあってほぼ万全で仕上げました。ケンタッキーが少し不安だったりしますが^^;皐月賞までもてばいいなぁといつもゾンタークの話をする時に言っていたのですが、本当にここまで持ってしまいました。昨日ドバイGSで2着のヴァンローゼが桜花賞を勝ちましたし、ゾンタークも続きたいところです。

チヨヨプリンセスは惨敗。レース後すぐに測ってみたのですが1.32.2とまぁタイム的にも問題ないと思うんですけど。先着馬がこのタイム以上だったと考えた方がいいのかなぁ。
エイプリルS
1ダービーダイキリ
2ハーシュ94
3ブルーエレファント
4アヌビスヌレイエフ91
5スプリングローズ
6ツアドトー
○7マジカルストーン96
8アドマイヤドン
9エルエラ95+α
◎10サーキットノニク103
枠連7ー8 今日から枠に変更します(笑)
枠連7-8的中 6930万

桜花賞
1コンペンディアム90以上
2ヴァンローゼ105(芝1600なら100前後?) 枠○印○
3ヴァンデンバーグ100 枠○印○
4ヒートフィールド96

6リッチダンシング94
7コウジレモン94
8レッドアレックス
9ヒロトノコイビト94
10プリンセスハート102 枠○印○
11ヘルシーソニック96
12ミントノカオリ
13ブラッドガール100 枠×
14ハイホープ91
15チヨヨプリンセス99 枠○
16モンカシェート
17キョウホシタママ94+α
枠連2-5 やっぱりこの2頭かな?
結果:枠連1-5だし、、、(´・ω・`)1-5のミスであたりです^^;
的中3150万

福島民報杯
1ライトニングバロン95 枠×印○
2ストームコマネチ95 枠○印○
3サウンドマイソウル91
4ヤマトリズン
5ナッツグリグリ
6マジソンバッグ
7プリノスシ93
8シルバークレタリア
9オーバーザヘヴン
10ラブハーモニー
11マジックダイア98 枠○印○
12ヨシノウィルウィン
13マスノトリック99 枠○印○
14ヴァルキュリア91
15シーモール89
16マザーメリー
枠連7-6
マジックダイアは高松宮最先着
枠連4-5 大はずれ!

累計データ
的中15-4 26%
投資額4300万 回収額1億5840万 回収率368%
最も怖かったGI3連戦の初戦を全日本2歳S勝利のヴァンローゼを抑えてなんとか勝利。当然D1200は適正ではないですし、調子も7割~8割程度(ベストから0.2落ち)、初のダート戦、更に内枠、更に印も負けていたということで何もかも悪い方向だったのですが素質で勝ってくれました^^;次走の皐月賞はドバイGSよりはいい状態で出走させることになりそうです。2000や1800のライバルのタイムを見る限り恐らく勝負けは間違いないでしょう。

本日、桜花賞ですね。私のところではチヨヨプリンセスを登録しています。500万下の身なのですが、1600を1.32.1で走る馬です。前回フィリーズレビューでで沈みましたが、距離が短いとのこと^^;今回気を取り直して1600で勝負です。今回は、高松宮勝利のイッコニービングの金ブリンカー効果を信じて、縞ブリンカー、縞シャドーロールで勝負。高松宮2着の馬も縞ブリンカーだったんですよね~。32.1だと意外と圏内なのかなぁと思いますし激走を期待しています(笑)

さて、昨日は昇竜Sをなぜか勝利。実はフリレでD1800は測ったことがなく1600、2000を測定して90くらいしか指数がないのでこの馬には正直期待してませんでした。勝ちタイムもD1800で1.49.1と相当優秀です。もう一度確認しようと思いますが1800限定の馬なのかもしれません、、、。

なんだかんだで今年の3歳馬も駒が揃ってきています。チヨヨゾンタークを筆頭に、チヨヨプリンセス、チヨヨシキブの重賞級馬が続きます。更に稍早熟早めラブコンドル産駒のチヨヨパッションなんかも指数100を突破し相当能力が高そうな気配。今年も1年楽しめそうです^^
ダービー卿チャレンジT
×1ビーフォーユー 
×2リューーサロン92
×3チヨヨオプティ99 枠×
◎4オカエリナサイ103 枠○ 印○
×5ガルマーン95
×6ジュテーム98 枠○ 印○
×7アドレスノート97 枠○
×8
○9ジャビライオン99 枠○ 印○
×10レッドカプリコ98 枠○ 印○
×11モーパッサン
オカエリナサイVS東風S組
馬単4-9

はずれ

産経大阪杯
×1バクソウ101
×2サンオンビーチ
×3スプートニク
×4スウィートダンス
×5ティツィアーノ 101
×6レインボーニンゲン
×7ススキノスキー102 枠○
◎8ハリケーンラナ101 枠○
×9カズノキネンヒ99 
×10
○11シアトルシーズン99 枠○
○12サイキックモード103 枠×
×13ミドルチャンス
ブリーバ2着のハリケーンラナ中心
サイキックモードは枠不利が気になる
馬単8-12

はずれ

連敗続き^^;難しい~。
累計データ
的中12-2 16%
投資額3400万 回収額5760万 回収率169%
今回、高松宮たちが、やっぱり微妙ですね
3分4秒を切れる馬じゃないとGIは厳しいんじゃないとGIはここが一番の正念場で皐月、ケンタッキーは得意距離なのとGIは厳しいんじゃないとGIは厳しいん(あとですね)
ちょっと実力的に足りない馬なのと調子を上げ切れるので3,4着が一番の正念場で皐月、ケンタッキーは得意距離なので☆☆☆☆
といった程度です
多分天皇賞春に出走してみたいところでしょうが、やっぱり微妙ですね
3分4秒を切れる馬なので3,4着がいいところでしょう
ゾンタークは少し仕上がりきっていますので☆☆☆☆
とさせたいという思いもありますが危険かもしれませんでした
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゾンタ君」が書きました。
マーチS
×1ホワイトキュラソー106 枠× 人気○ タイム落ちらしい?
×2ムーンチャーミー 93 枠○
×3オグリントゥルー 85 
×4シルバーコンコルド100 枠× 印○ 人気○
×5
×6チヨヨイーグル95~96? 枠○ 印○
×7ドーフィンゴ93 枠○タイム落ちで見切り
◎8コーラルネクター101 枠○ 印○
×9ホドリゴホープ97 枠○
×10ピカソゲノム101 枠○ タイム落ちで見切り
×11キタノホマレ100 枠○ 前々走の凡走を疑問視
×12コーラルシーザー 前走タイム悪い
○13チヨヨラブ98 枠○ 人気○ 気性がいいので
×14ヘイムーン100 枠×
×15スプリングローズ84 枠×
馬単8-13 300万
結果8-11

高松宮杯
×1ライトニングバロン95 枠×
○2イッコニービング100 枠○
×3チョコットライオン82 枠×
◎4マリスグラッジ110-α 枠○ 印○ 人気○
×5パープルデージー98 枠○
×6オーバーザヘヴン能力不足か? 枠○
○7チヨヨミステリアス100 枠○
×8ライオンジャック98 枠○ 人気○
×9ウォームアップ98 枠○ 人気○
×10バクチク94 枠○
×11マジックダイア98 枠○
×12メガクラッキ99 枠○ 印○
×13ヤエザクラバネ92 枠×
×14
ミステリアスはニービングに3戦3敗。ニービングは大駆けすると6.2という裏情報有りなので2-4でも面白い。
馬単4-2 300万
結果2-12

今日もはずれ!厳しい~。
累計データ
的中10-2 20%
投資額2800万 回収額5760万 回収率205%


揚げ足取りに必死な人を相手にするつもりはないですが、そうでない人に真意が伝わらないのは悲しいので説明します。

無料アカによるカード配りで資金調達をするのが本来の仕様だとしたら、そんな馬鹿な仕様はありません。ですが、ジークレが半年放置していた仕様でしかも締め付けを行ってきたからには、もしかしたら無料アカでカード配りすることで資金調達をするという意思だったのかもしれません。というかあの時点では。そういうシステムなんですよと明確にしたかっただけです。メッセージはユーザーでなくジークレに向けられています。

2chで取り上げられて、ふと利用してみようと思いました。2chで騒がれることでは速度的に認知されます。チャーチル内だけでフリレをしているだけでは、抗議行動としては弱いですからね。ただ、私が悪意を持っていないことが重要です。悪意があるとすれば、今回の行動は規約違反ですから。だから肯定しました。

結局のところ、収入源がちょっとした馬券収入と、無料アカからのカード移動の2つだったのが、馬券収入のみとなり、不公平のないゲームになったということで私の目的は達成しました。また、誰もアカウント剥奪や警告は受けていないはずです。私のやったことは異論はあるにせよ間違っていないと今でも思っています。時間をかけずに定型メール返信に対抗する方法は他に浮かびませんでした^^;
全ての情報を公開することで不公平のないゲームにしていきたいというのがブログの方針です。

ああ、あとフリレを無制限でやっていたことに関しては、お金の困っている人全てを対象にするためです。結果としてレベルの高い人が集まっていたようですが、あまり交流のなかった人もたくさんいましたので、楽しかったですよ。それに2日分の延べ参加人数が14人というのは本当なのかなぁ。覚えきれていないのでなんともいえないんですけど、もっといる筈なんですよねー。それは置いといて配慮が足りなかったかもです。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。