競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬の引退を決めるには、能力不足という基準は持たない方が無難です。
データ上、ある程度血統をきっちり抑えていればパラメータがCばかりになることはありえません。また、経験上スピードCでも1600mを1分34秒台で走る馬を育てたこともあって、その馬の上限まできっちり育ててあげれば少なくとも条件戦は突破できるのではと考えています。タイムが悪いからといって馬を切り捨てる行為は、すなわち成長型が遅いから切り捨てることと同じことと考えていいかもしれません。
引退させる時は本当にタイムが落ちてきているのかを必ず確認するべきです。少しでも疑わしければ様子を見てみることも大切です。ピークからピークへのタイムが落ちたことを唯一の引退基準とすれば素質馬をむざむざ引退させてしまうようなことは100%なくなります。
スポンサーサイト
まずは、チヨヨデピュティについてです。調子の方が下がっていなかったので、何かレースないかなぁと探していたのですがまだスプリングSが残っていました。放牧の予定を辞め、本当に最後の最後の適距離古馬限定レースへ出走させることにしました。ちょっと疲労と体重がきつかったので、乾燥ビール酵母を食べさせ何とかレースに出れる状況にしました。中1週でGII3戦目ですのでストレスの影響もありそうですが頑張って欲しいですね。

次にチヨヨラブリイです。放牧から戻ってきて1200のタイムを計ったらなんと1.11.5,,,即引退決定です^^;
主な戦績は、以下のとおりです。
1着 ガーネットS
2着 スプリンターズS、高松宮記念、CBC賞、セントウルS
第2Sのスプリンターの中ではそこそこ上位の成績だったと思います。
で、問題のパラメータですが、覚えているところで主なところを。
スピA、スタC、気性C、瞬発SS、芝適B、ダ適C
うーん瞬発SSがよかったのでしょうか?相変わらず私の馬のパラメータはぱっとしません^^;ベストタイムは、芝1200を平均1.08.9でした。
さてこの馬の処遇ですがセリ市に出してみることにしました。馬房の関係でラブリイを繁殖牝馬としておいておく余裕がないので、種付けできる状態で1万で出しました。
新規の方のお役に立てればいいなと思います。

さて、久々に2歳の話。シルバーストンRHCでは2頭の有力な種牡馬を所有しています。1頭はアリダーインパルス、もう1頭はシルバーストーン。アリダーインパルスは、SだのSSだのいっぱいでダ適がS、遺伝A。シルバーストーンは、ハシルニンゲンとほぼ同じ能力の遺伝S。このどちらもハシルニンゲンの子供です。今期この2頭の子供が何頭か生まれているのですがかなり手ごたえがいいです。私のところのチヨヨストーンは現時点で2.00.7程度のタイムで走っています。これはもう一頭のサンデーxコロラドと全く同じタイムです。実はコメントがあまりなかったため全く期待していなかったのですが(笑)この調子だとハシルニンゲンの孫で今期GIを取れたりするかもしれません、、、ってそんなに甘くはないですね^^;システム種牡馬からユーザー種牡馬へ移行する時代が迫ってきているのかもしれません。

最後に稍早熟の3頭が5月2週に3頭全て同時に入厩しました。5月2週は稍早熟で間違いないかと思います。エルコンドルパサー、サドラーズウェルズ、デインヒルと稍早熟のそれぞれの距離の雄ですが揃って遅めの入厩になってしまいました。エルコンドルパサーの仔が一番コメントを多く貰っているのですが、牝馬ですのでなんとか秋華賞に間に合ってくれるといいかなと思います。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。