競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニックス、種牡馬のラインナップの関係で繁栄しやすい血統がいくつかあります。
主な所を紹介してみます。

1.ミスタープロスペクター系  ニックス対象:2、3、4、7
ウォーエンブレムが馬産地で流行となり、多数の重賞馬を輩出しています。
ニックス対象も申し分なく、今最も活力のある血脈です。
カードでは、シーキングザゴールド、エルコンドルパサー等有力どころが揃っています。現在、購入できる最高の繁殖牝馬であるコロラドダンサーに種付けすることができるのが大きいですね。

2.ヘイロー系  ニックス対象:1、3、4、7、8
少し使いにくいところのあるダンスインザダークと、安定した成績を収めるフジキセキ、あとはタイキシャトル等少し力は落ちますが様々な種牡馬がいます。ニックスは多彩で、ノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系共にニックスなのが非常に大きいです。カード種牡馬ではなんといっても最高のパラメータを持つサンデーサイレンスがあるため繁栄は約束されていると言っても過言ではありません。

3.ノーザンダンサー系  ニックス対象:1、2、5、6
ノーザンダンサーの直仔である、サドラーズウェルズ、ダンチヒ、ヌレイエフ等の子供はノーザンダンサー系となりますので文句なしで反映は約束されています。ノーザンダンサー系は少し遅めの成長型の産駒が多いので早熟寄りの産駒がでてくると面白いですね。

4.ニジンスキー系  ニックス対象:1、2、5、6
自由に種付けできる種牡馬はいませんが、カード種牡馬なら、マルゼンスキー、カーリアンと有力所が揃っています。比較的両カードは手に入りやすいため、産駒は増えてくると思います。ニックスはノーザンダンサーには及びませんが、ヘイロー、ミスタープロスペクター、ロベルト、プリンスリーギフトと有力所とすべてニックスになるのが大きいです。

5.ロベルト系  ニックス対象:3、4、7
ブライアンズタイム、シンボリクリスエスと使いやすい種馬が揃っています。また、カードにはクリスエス、シルバーホークと少し力は落ちるものの早熟でクラシックを狙いやすい種牡馬がいます。さらにはナリタブライアンも。ボールドルーラーが使えるとなると生きてくる系統です。

6.プリンスリーギフト系 ニックス対象:3、4、8
意外と有力だと思うのがプリンスリーギフト系です。サクラバクシンオーのみが現在残っていますが、カードでは、サクラユタカオー、トウショウボーイと一線級の種牡馬が揃っています。ロベルト系より少しラインナップは落ちるものの、ノーザンダンサー系、ニジンスキー系でサンドイッチ作戦で問題ないと思います。 リファール系との相性がいいのもいいですね。

7.ボールドルーラー系 ニックス対象:1、2、5、8
シアトルスルー1頭だけですがニックスが豊富であることが魅力です。当初シアトルスルー産駒はシアトルスルー系になると思っていたので除外しましたが、ボールドルーラー系でした。シアトルスルー自身も能力の高い種牡馬ですし、潰しがききそうな系統なのがいいですね。

8.リファール系 ニックス対象:2、6、7
コマンダーインチーフ1頭のみですが、能力は特に問題ない範囲だと思います。コマンダーインチーフの特徴は、母にレイズアネイティヴをもっていることです。インブリードを生かしさえすれば、そこそこの馬が生まれてくるのは間違いないと思います。マイナー血統の部類になるので個人的には面白い系統だと思います。
スポンサーサイト
チヨヨデピュティがかしわ記念を見事勝利しました。GIIを2連覇と思ってもみなかった活躍をしています。タイムは1.38.1(平均)と実力を発揮してくれています。0.1秒遅いのは斤量でしょうか?実はこの馬ダートの方がいいって言われているのですが、そこまでダートがよさそうでもないので、芝ダ兼用といったところでしょうか。次走は放牧して、プロキオンSの予定です。

今週行われたGIの天皇賞春。勝ち馬はテイエムオペラオーでした。残念、、、。ステイヤー血統の良血馬なら、例えばライスxコロラドなんかだとレベルが低そうなので取れるかもしれません。なかなかそういったステイヤー血統は見かけないですね。中長の長化け産駒もそこそこいるとは思うのですが、駄馬判定されて引退なんてことも多そうです。

さて、残り2点ほど改めて確認できた事項がありました。
1.LV9へのレベルアップは40勝とOP勝ちが必要
2.稍早熟3頭が5月1週入厩とならなかったので、5月2週も稍早熟の可能性が高い

ちょっと成長型に関しては今いる馬が引退してこないとなんとも言えないところですね。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。