競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またも考察的な記事です。
バックデータもありませんし、個人の考えのレベルです。
ネタ切れっぽいので、考察的な話をどんどん書いていこうと思います。
信じるか信じないかは自己責任で(笑)

まず、凡走の定義から。
【定義】
A:フリレで測定した想定タイムよりも実際のレースでのタイムが遅い
B:システム馬4頭+自分の馬で測定したタイムよりフリレのタイムが遅い

【凡走の理由】
1.枠。追込みの内枠、逃げの外枠等。
2.実力が大幅に足りない。
3.かかってしまった
4.気性難
5.根性がない

気性と根性に関しては、矯正具によるタイムの上昇がみられないことから、この凡走メカニズムと深く関わっているのではと思ってます。
Aの凡走は、想定タイム-実際の1着を取った時のレースのタイム
Bの凡走は、想定タイム-フリレで格上と戦った時のタイム
等である程度測ることが出来ると思います。
Aはやはり気性が関係しているのではと思ってます。調教、レースで改善することができると思ってます。もしかしたら根性も関係するのかもしれません。
Bに関しては、気性、根性、競争能力の全てが関わっているのではと思います。フリレで同タイムの馬でも安定してる馬と凡走を繰り返す馬がいるような気がします。あくまで体感ですけどね^^;枠に関しては凡走を引き起こすパラメータに何らかの修正がかけられている感じでしょうか。
気性、根性に関しては非常に謎なのですが、今の所こんな考えで落ち着いています。少なくともAの凡走、Bの凡走は別であるのは間違っていないと思いますので、A、Bが何に基づいて起こってるのかを考えていくと面白いかもしれません。
スポンサーサイト
ちょっと分かりにくい表現をしていましたので具体的にいきます。
例えば以下のような比率で各距離に関してスピードとスタミナの重みがあるとします
数値は適当です(笑)
左SP、右ST
1200 0.7 0.3
1600 0.6 0.4
2000 0.5 0.5
2400 0.4 0.6
3000 0.3 0.7

上の重みを単純にSP、STに掛け算して合計値をとったものが競争能力として考えます。
つまり、、、(SS=7、E=1とします)
SPSS ST C 1200:5.8 2000:5.0 2400:4.6
SP S ST B 1200:5.4 2000:5.0 2400:4.8
SP A ST A 1200:5.0 2000:5.0 2400:5.0
SP B ST S 1200:4.6 2000:5.0 2400:5.2
SP C ST SS1200:4.2 2000:5.0 2400:5.4
以上の合計値がそのままタイムに直結しているのではと考えています。
SP:SS、ST:Cの馬は1200では最も強いのですが、2400ではSPが生かされず好成績を残せないと感じです。
もちろん距離適正は別で存在しており、距離適正とSP、STのバランスが合致した馬が活躍できるのではと思います。

根拠をいかに箇条書きにします。
・スピードが勝った長距離馬で活躍しているのを余り見かけない
・スタミナSの牝馬が意外と活躍馬を出している(ダンシングキイ、ココット、ハイトオブファッション)
・レイズアネイティブのインブリードのようにスピードとスタミナ共に補完した子供が活躍している
・オークスを勝ったチヨヨセレブレイトのパラがSP:B、ST:S、芝:Aだったこと(ベスト2.25.6)
・2歳馬のスタミナに関するコメント「適正距離と相談して長距離戦も使えそうです」に矛盾しない
唯一のOP馬であるチヨヨラブリイですが、当初阪急杯に登録予定だったのですが、前回CBC賞勝ち馬のマックスオーシャンが登録してきていたので回避してオーシャンSに登録。新興勢力との対決になりますのでここは抑えて欲しいところです。ちなみにタイムは、平均ぺ1.09.0です。調子MAXで平均ぺ1.08.9ですね。やはり届きません(笑)ちなみに、マックスオーシャンは昨日の阪急杯をややスローで1.09.0(;´д⊂)0.2秒の開きがあるのでなんとも言えないですがもちろん枠次第で逆転は可能ですので諦めずに高松宮記念へ出走させたいと思ってます。ただ、阪急杯の勝ち馬はバブルキャット。逃げ(?)でややスローを1.08.8。調子がどうだったのか分かりませんがこちらは平均でラブリイと同タイムくらいですので、高松宮記念は3強といった様相でしょうか?
3強の3番目になりそうな気配ですが、頑張って欲しいものです。

えーと他には、4歳馬がタイムをちらほら伸ばしてきてます。昨日1000万勝利のチヨヨネイビーは一気に1.2秒短縮し、2400を平均で2.26.0。2分25秒台へリーチがかかってます。展開次第では勝てるレースもありそうですし、あと調子一回しで25秒台にはいってきそうです。この時期にきてようやく開花するってことは、普通なのかもしれません。夏を越えれるかどうか楽しみにしたいと思います。

3歳は、チヨヨファルコン(ヌレイエフ)がダートでそろそろいいタイムを出してきていますので、500万走らせてみたいなというところです。
後は育成中(笑)まだ2000を2分台、2400を2分26秒台ってところなのでやはりクラシックには間に合いそうにないですね。

最後に2歳の状況。1頭だけ入厩しました。
チヨヨスウィープです。短距離の追込み馬なのでスピード調教中心に仕上げていけばよさそうです。強いかどうかはさっぱりですが、調教していくと伸びが凄いと思いますので期待したいところです。1400のタイムは1.24.5くらいだったでしょうか?6月デビューを考えると、恐らく調子は1回しできるかどうかといったところでしょうか。ちょっとどうなるか分かりませんが出来るだけ調教優先でいきたいところです。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。