競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は経験則なので検証もなにもとれてないような話です。
所謂、他の競馬ゲームでのスタミナはスピードの維持能力です。
しかし、競馬伝説Liveでは持続力が別に存在し、スタミナは謎な存在となってます。私の馬に関して言えばスタミナの勝ったタイプの馬が多く、意外と好成績を残しています。逆に短距離で活躍しているラブリイは母シンコウラブリイで恐らくスタミナが低いと思われるのに何故か活躍しています。スタミナは、スピードに影響してくる、言い換えるとタイムに直結するパラメータなのではと思います。長距離でより比重が大きく、短距離ではより比重が小さく計算されている感じがします。リアル馬の話ですが、心肺能力の高い馬は有酸素状態で維持できるスピードの上限が高いそうです。レースシーンはどうみても直線でよーいどん状態なので分かりませんが、内部計算上、スタミナはスピードに影響するものと考えています。
スポンサーサイト
私の所属しているシルバーストンRHCが勝ち星で1位になりました。
ですが、あまり勝ち星の多さはあまり誇れることではありません。
どちらかというと人数の多さで勝ち数が伸びただけでなんというか質が伴っていない気がしています。それを示すデータを。一番右の数字は1勝辺りの賞金額です。質の高い馬が多ければ数字は上昇します。
100勝以上の馬主会を対象に集計しました。

1位 ケセラセラ 393勝 71億5113万 1819万
2位 チームたこやき 231勝 38億0650万 1647万
3位 シルバーストンRHC 404勝 53億2640万 1318万
4位 RACCOONS 206勝 25億3683万 1231万
5位 いちご☆CLUB 129勝 15億5102万 1202万
6位 イニシャルR.Q.H 188勝 22億2140万 1181万
7位 狸印優駿工房協同組合 104勝 11億8792万 1142万

実はもう少し下かなと思ったのですが、3位にいますね^^
1位、2位は予想通りです。実質的な順位はこの順番だと思います。
来年は1つでも順位を上げれるように頑張りたいですね。
また、もう少し幅を広げると
ぱっぱか連合会 85勝 16億6724万 1961万
がトップだったりします。来期はどうなるか楽しみですね。

今日はチヨヨラブリイがCBC賞に出走します。
この馬まだタイムが落ちません、、、。アフリートなのにどういうことなのかさっぱりです。
早熟にも少し遅めの成長型があるのでしょうか?
フリレのタイムを見る限り3歳戦線ではトップクラスを維持できているようです。まさかこの馬が残るとは思いませんでしたが、年明けも頑張って欲しい所です。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。