競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝利数 管理馬 入厩数 牝馬数 種牡馬数 備考
LV1 - 6 5 2 0 ゲート
LV2 1 7 5 2 0 坂路S、ウッドS、プールS
LV3 3 8 5 2 0 騎手追加
LV4 5 9 5 2 0
LV5 10 10 10 4 0 厩舎LV2、繁殖LV2
LV6 15 11 10 4 2 スタッドLV1
LV7 20 12 10 4 2 温泉S、森林馬道S
LV8 30 13 10 4 2 牧草S、診療所S、地方出走禁止
LV9 40 14 10 4 2 騎手追加 要:OP勝利
LV10 50 15 15 6 2 厩舎LV3、繁殖LV3 要:重賞1勝
LV11 70 16 15 6 3 坂路L、ウッドL、プールL、スタッドLV2 要:重賞3勝
LV12 100 17 15 6 3 温泉L、森林馬道L 要:GI1勝
LV13 150 18 15 6 3 牧草L、診療所L 要:GI2勝
LV14 200 20 20 8 3 厩舎LV4、繁殖LV4 要:GI3勝
LV15 250 23 20 8 4 スタッドLV3 要:GI4勝
LV16 300 25 25 10 4 厩舎LV5、繁殖LV5 要:GI5勝
スポンサーサイト
早熟馬限定にすると同時に入厩している2歳と3歳の比率は全く同じとなります。
稍早熟でも早めのタイプであれば、3月1週までに引退させて即子供を入替えで産ませるようなことが可能ですので、2歳、3歳の比率は同じとしていいと思います。ちなみに今年コメントを初めて取ってみたのですが全く必要性を感じませんでした。来期は3月1週までに生ませればいいくらいの気持ちでいきます。
ということで、2歳=3歳とすると毎年生ませる馬は競走馬枠の半分になりますね。
簡単に計算してみると
生産能力=(馬主レベル合計+5xアカウント数-種牡馬ー繁殖牝馬)÷2

私の所で計算してみますとLV11、LV7、種牡馬2、繁殖4ですので
(18+5x2-2-4)÷2=11
となり毎年11頭生産が可能ということになります。
自家繁殖4なので、残り7頭は市場繁殖牝馬からの生産となります。
全てに8億牝馬を使うと8x7で56億。
毎年の予算額は私の所でこの程度ですので常に100億あれば問題なさそうかなぁといったところです。

馬券収入を除いた収支でいくと恐ろしい赤字ですね。賞金収入8億なので毎年48億円の赤字!逆に言えば2~3日に1度馬券買う程度でいいって事になりますけどね^^;
馬房が空いたらどう使うかで、かなり勝ち星が変わってきます。
強い馬を保有しつつ勝ち星を伸ばすためにはという観点で考えてみました。
お金は相当使いますので常に稼いでおくことが必要です。

秋(10月~12月)
・早熟馬の引退。優秀な繁殖牝馬、種牡馬は残す。
・馬房が空いたら繁殖牝馬を購入し2歳馬を生ませ1勝させる。市場馬よりこちらの方がよい。何故なら繁殖として市場馬より優秀な可能性が高いので。
冬(1月~3月)
・10~12月に生ませた2歳馬はここで引退。優秀な繁殖牝馬、種牡馬は残す。
・2歳馬の生産。予め買っておいた繁殖牝馬に種付けします。買える繁殖牝馬は基本的にすぐ乗馬にします。
・生産は早熟・超早熟を先に生産。コメントを聞き逃さないようにしたい。
・残しておく自家繁殖の種付けは最後に。有効に馬房を使うことが出来る。
・生まれた馬のコメントを毎日確認。一部3月に入厩が始まるので入厩させてじっくり調教開始。
春(4月~6月)
・超早熟馬、稍早熟馬の引退。
・馬房が空いたら、稍早熟以降の馬を種付け。超早熟、早熟は生産しないこと。
・馬房が空いたら、市場3歳馬を購入。狙うなら早熟馬が最適。3勝は堅いです。秋には引退させます。
・お金に余裕があるなら未勝利を勝ったら引退を繰り返す。こればかりやってると強い馬は一生できないので注意。
夏(7月~9月)
・稍早熟以降の生産も可能、少し遅いかもしれないのでデビューを遅らせるといいかも。超早熟、早熟は生産しないこと。
・馬房が空いたら、市場3歳馬を購入。狙うなら早熟馬が最適。3勝は堅いです。秋には引退させます。
・お金に余裕があるなら未勝利を勝ったら引退を繰り返す。こればかりやってると強い馬は一生できないので注意。
馬主レベルが上がると牧場を拡張することが出来るのですが、馬主レベルが上がれば上がる程管理馬頭数制限が厳しくなってきます。繁殖牝馬と種牡馬を最大限所有した時の競争馬数を計算してみます。
LV1 4頭 -1
LV2 5頭 ±0
LV3 6頭 +1
LV4 7頭 +2
LV5 6頭 -4
LV6 5頭 -5
LV7 6頭 -4
LV8 7頭 -3
LV9 8頭 -2
LV10 7頭 -8

右のプラスとかマイナスは最大の入厩数を引いた値です。馬主レベルが上がれば上がる程繁殖牝馬と、種牡馬を持つことが逆に厳しくなるのが分かります。ここへ来て、繁殖牧場、育成牧場なるものがあればいいのではないかと思っています。ジークレの策略が見え隠れしますが(;´д⊂)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。