競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨シーズンと全く同じで勝さんのところと同じ勝ち点なものの、得失点差で辛くも上回り優勝しました。いやーほんと嬉しいですね^^一部に上がったころはかなりきつかったんですけど、徐々に戦力が整ってきたのが大きいです。ただ、そろそろ外人数がやばいことになってきているのでもうちょっと倹約しないと^^;
でも、まだ一応は来期32歳以上は2名ですのでまだしばらくは大丈夫そうです。

3連覇・・・目指してみる価値はありそうなので頑張ってみます。あと最近の傾向として、一部に上がっても残留できるチームが少なくなってきました。16位以内に入るということもかなり難しいようです。3トップが今の所下ではよいようですが、2トップでないと上では通用しません。正確にいうと通用はするんですが失点が非常に多くなり、それでいて得点が思ったよりも多くなってないのが理由です。恐らくウイング適正がある選手が少ないからだと思います。適正的に4-4-2のボックス型が強い理由は適正のあるよい選手が多いからというのもありそうです。
スポンサーサイト
作季は初優勝と絶好調のチャンサカ。モチベーションが落ちてきてる人もいるようなので注意すべき点をまとめてみます。

・ベストポジションを見極めて、ベストポジション以外では使わないようにする。ベストポジションはどの選手でも1つ。他人の試合を見ることでめぼしい選手をピックアップしたり、練習試合で見極めたりするのもいいかと思います。
・司令塔は複数いてもよさそう。司令塔スキルがあるのは、「前線が一気に云々」といわれる選手です。このモードになると得点率が上がるようです。
・ライン統率スキルがある選手を取ると失点が大きく減ります。
・SMFはOMFよりも得点力は低め。なので4-4-2のボックスの方が得点力があるようです。
・評価点には、全ての能力合計(FK含む)が関係し行動の成功率を決めているっぽい。総合計を指数とすると、総合計÷100+α、(αは1~1.5くらい)の評価点は期待できそう。まぁ大体です^^;(例:ジュニーニョ738→8.38~8.88)
・ゾーンプレスが成功するとボールを奪い、自チームの攻撃フェイズに入るため、失点が減り、得点が増える傾向がある。
・3バックは大幅に失点が増え、3トップは大幅に得点が増える。が、DIV1では3バックは厳しいようです。DMFも1枚と2枚では差があるようです。
おかげさまで今期もDIV1で2位確定と好成績を残すことが出来ました。この成績を維持するためにはどうすればいいのか?長期的な計画というものが要求されます。一旦落ちるとそう簡単には這い上がれないと思いますので出来る限り足掻いてみようと思います。

チャンサカで長期的な計画といったらどういうものでしょうか。先々を見越して繁殖牝馬の質を上げる、騎手を育てる。競伝ならいろいろとあるのですが、このゲームは只一つ。収入と選手の獲得のバランスです。

収入を得る方法は、試合をすること。少なくとも1S38試合は最低限こなすことがまずは重要。DIV2では時間さえあればこなせますが、DIV1だと仕事で少し帰るのが遅くなると10試合こなせなくなります。まとまった時間があるときは一気にこなすことと、朝も繋げば運がよければ2試合できるので日課になりつつあります^^

では、資金をどう使えばよいのでしょうか。先を見越して日本人選手をばかり獲得する、能力主義で外国人選手で固める。前者では能力不足、後者では数SでDIV2陥落だと思います。つまり、日本人選手、外人選手の人数バランスが重要だと思います。

スタジアム拡張は2段階目までは確実に行う必要があります。2Sほどで出来るので先を見越すなら早めにやっておいて損はありません。スタジアムを拡張すると約1Sで47億の資金が得られます。で、47億の資金でどの程度の選手を養えるのかを計算してみます。まず第一に、1年で発生する選手のコストはどのくらいかかるのでしょうか。選手を養うためのコストは契約時に発生する契約金と、毎年支払う年棒です。簡単化のため、以下の3ケースを想定します。32歳途中で全ての選手は引退することとします。
1.獲得2(日本人選手)契約金8億 年棒0.5億 25歳~32歳
7年使用時の年間コスト1.64億
2.獲得3(外国人選手)契約金20億 年棒1億 25歳~32歳
7年使用時の年間コスト3.85億
3.獲得3(外国人選手)契約金20億 年棒1億 20歳~32歳
12年使用時の年間コスト2.66億

1を13名、2を7名で48億。つまり普通に考えると7名が限度。ただし、20歳の外人だとコストが安いのでもう少し外国人をとっても大丈夫ということがわかります。この状態で年棒合計は13.5億。これ以上の年棒だと若い選手を取っていない場合は破綻する可能性があるということです。
作Sは結局DIV2優勝。棚ぼたでしたが嬉しいですねー^^で、DIV1に上がっての初めてのシーズン。1日目はやはり苦しかったですね。タカアキさんと引分けを重ねていたような・・・。調子が上がってくるまでと思ってたのですが、9試合守備重視で結局戦いました。そして攻撃重視にしてからその後は順調に順位を上げ結局暫定3位。調子さえあがれば今のうちの戦力でやれそうだという感触を得ました。

得点に関してはDIV1でもトップクラスのようです。OMFが充実してるからなんでしょうか。FWに少し手をいれればもう少し点が取れるチームになるかもです。今狙いはクローゼかベルカンプ。右は大黒一人なので正直苦しいです^^;

失点に関しては普通かやや多いくらい。これはGKが事実上楢崎一人と調子を維持することができないのが原因ですね。今年の後半に川口を取れたので来期は多少安定するはずです。

さて今欲しい選手は、先ほど挙げたクローゼ、ベルカンプとピレス、スコールズ、セスク、ミハイロビッチ辺りです。日本人で微妙に高齢化している選手がいるのでそこらも補強したいです。
サッカーですがほぼ昇格確定しました。最後の8試合で7勝1敗と好成績を残せたのが要因です。なかなか目がでなかったので嬉しいです^^結果は29勝2敗7分、得点75、失点14でした。
では、現在の布陣を紹介。
GK 楢崎7.21、(初期)
初期選手35歳なんですが、、、。補強したいんですが、川口が全くでてきません。失点が多いのはこの初期GKのせいです。Div1だと通用しなさそう^^;

LCB 中澤7.79(中田浩、松田)
中澤しかいないんですが概ね調子がよく31試合に出場できました。1枚しかいないですが、中田、松田でふんばりました^^;

RCB 闘莉王7.92、(中田浩、松田)
岩政を引退させたのはいいんですがいいDFがいないので中田、松田でまわしました。31試合。

LSB ファンブロンクホルスト8.04、(中田浩)
LSBも一枚^^;このポジションでも中田が控え。まさに大車輪の活躍です^^

RSB 内田篤人8.23、(山田暢久)
18歳から延々育て続けて現在22歳。年棒2000万でこの評価点はお得です。山田が32歳なので新しい選手が欲しいです。

LDH 今野泰幸8.40、(中田浩)
このポジションも中田が控え・・・。中田は本来ここだと思いますが、今野で十分なのでDFにまわることが多いです。

RDH 阿部勇樹8.42、(稲本)
ここも大安定な阿部がレギュラー。調子の悪いときは稲本です。欲しい外人はいるんですが、なかなかでないので入れ替えできていません。

LOH 中村俊輔8.47、(グティ)
グティから途中で中村俊輔にレギュラー交代。グティはFWにまわすこともあります。中村は今期16点とうちの要です。

ROH ジュニーニョ9.07、(小笠原)
ジュニーニョはイマイチ得点が伸びなかったです。でも評価点はトップなので貢献度はかなり大きいと思います。小笠原が出たときのほうが得点力があります。小笠原は13試合で10点。ジュニーニョは26試合で10点。うーん。

LCF 高原直泰7.77、(トニ)
右で出ることも多いのですが高原主体でトニは控え。トニ・高原で組むこともあるので出場機会は共に20試合くらいです。

RCF 大黒将志7.67、(グティ、高原)
大黒、グティ、高原で回しました。大黒は18試合で1点でしたが、まぁこの評価点ならよしとします^^;
競馬の話題が尽きてますのでサッカーです。作Sは25勝6敗7分と大幅勝ち越しでした。もう上位との差は殆どなくなってきたようです。というのはその前のSとは得点力で大幅な差があったのですが、今期は63点と大幅に増えました。点の取れる選手を獲得することがキーになっているようです。
さて、今期ですがいきなり10連勝して1位に。やっぱりうれしいですね^^転機だったのは4-4-2の台形システムオンリーに変えたこと。得点力が大幅に増えました。台形システムでのOMFに得点力のある選手をおくと破壊力抜群です。
現在のOMFは
ROH ジュニーニョ・小笠原
LOH グティ・中村俊輔
というほぼ完璧な布陣です。強いて言えば中村をシュバインシュタイガーに変えてみたいといったところでしょうか。グティを使っている人は少ないですが中村よりよさそうな様子で平均点は中村より上みたいです。
FWが少し層が薄いですが、いろいろ分かってきたこともあって補強を微妙に進めています。
LCF トニ・高原・玉田
RCF 大黒・(高原)・(グティ)
ってな感じになっています。高原は能力が高いので恐らくRCFでもやれているんでしょうが、大黒をレギュラーに据えたいと考えています。

さて、単純に2枚ずつ選手を揃えていくと22人必要なんですが20人しかいません。この2枚をどこにするかが問題です。私はセンターバックを本来4枚の所を3枚でまわしてます。あとは、LSBが現在一枚です。点を取らなきゃ勝てませんし出来るだけディフェンス陣を手薄にしてオフェンス陣を充実させる作戦です。また、能力の高い他のポジションの選手を使うのも手かもしれません。足りないカードの2枚をどこのポジションにするのか?考えてみると面白いと思います。

まだ10試合なんですけど、初めて4位まで上がったので久々にサッカーの記事を^^ようやくコツが分かってきた感じで作Sは大幅勝ち越し。45,6位でした。何の気なしにはじめた今Sいきなり9勝0敗1分の好スタートを決めました。今Sは中村俊介を生かすため、ダイアモンドの4-4-2を試してみたところ大当たりだったみたいです。いかに適正ポジションで使うかがやはりキーになっているようで、見極めが非常に難しいです。いろいろと試行錯誤しり調べたりする過程がとても楽しいですね。現状の選手を紹介。

システム
4-4-2 SMF2OMF1DMF1(ダイアモンド)
4-4-2 SMF2DMF2
4-4-2 OMF2DMF2
4-5-1(4-2-3-1)SMF2DMF2OMF1
調子のよい選手次第で使い分け。

GK GK 楢崎正剛or初期選手
初期選手から楢崎を取ってから守備が安定しました。川口の方がいいんでしょうけど、今の所強化は後回しになってます。評価点は7点前後です。

DF RSB 内田篤人or山田暢久
RSBは内田がレギュラーです。内田はコストパフォーマンスが非常にいいと思います。また山田は浦和のキャプテンをやっていることからキャプテンシーがあるのではないかと思っています。後述の市原のキャプテン阿部か山田のどちらかをキャプテンにしてます。評価点は内田が7.7、山田が7.5くらいでしょうか。

DF LCB 中澤佑二or中田浩二
中澤がもちろんレギュラーです。中田は一段落ちるかなという感じです。中澤はやはりLCBでの評価点がよいようです。中澤7.5、中田7.0ってとこでしょうか。

DF RCB 岩政大樹or中田浩二
最も層の薄いポジションかも・・・。岩政の評価点は非常によいのですが、控えに中田という適正外っぽいCBなので補強を狙ってるポジションです。岩政7.5、中田7.0くらいです。

DF LSB ファン・ブロンクホルストor三都主アレサンドロ
バルサの左サイドバックであるファン・ブロンクホルストを獲得してから少し層が厚くなったポジションです。補強は左サイドバックからと思ってましたのでこの補強は大成功でした。控えはサントス。SMFで使った方がいいようなのでちょっと微妙です。ファン・ブロンクホルスト8.0、三都主アレサンドロ7.2あたりです。

DMF LDH 阿部勇樹(CDH)or名波浩
阿部、名波の併用です。阿部はLDH固定にしました。CDHも基本は阿部ですが、評価点は少し落ちる感じがしてます。阿部は7.5、名波も7.5。また上で書いたように阿部がキャプテンです。

DMF RCH 稲本潤一
DMF2名時に稲本を使うようにしています。RCHはまさに適正で、評価点は7点台後半を狙える感じです。左のボランチが多いので右は稲本というような感じで使ってます。

SMF RSH カモラネージ
日本人の層の薄いポジションですね。LSBと同じく真っ先に補強を狙ってました。イタリア代表の右サイドハーフということで評価点も8点近いです。調子のよいときだけSMFを使用したフォーメーションを採用しています。

SMF LSH 10 松井大輔or三都主アレサンドロ
松井大輔はLSHが本職ではないかと思ってます。評価点は7点後半。控えはサントス。カモラネージの調子次第ですね。

OMF ROH 梶山陽平
ROH限定で梶山陽平を使っています。ROHなら8点近い評価点を安定してだせる感じです。梶山が試合に出るのはカモラネージが調子が悪くSMFを使用できない場合。ROHかLOHかでもやはり評価点に微妙に差がでそうな気がするので徹底してROHで使用しています。
OMF COH(LOH) 中村俊介
中村はCOHがベストだと思ってます。LOHはちょっと微妙な感じ。COHで使えば8点台中盤くらい。LOHで8点丁度くらいでしょうか。とりあえず、俊介を取ってからかなり勝率があがりました。

FW CCF トニ
まだ掴みかねているのですがトニは2トップであまり機能していません。RCFでいけるのかなと思っていたのですがイマイチ^^;CCF限定で使ってみようかなぁ・・・。

FW LCF 玉田圭司or三浦知良
LCFはどちらかというと玉田の方が評価点がいい感じ。カズは適正どこなんでしょうか?^^;3トップの左ウイングの方がいいのかなぁ・・・。ともかく玉田が調子よければ8点弱。カズは波がありますが7点ちょいな感じです。

FW RCF 高原直泰
どうも得点力に欠けるのですが高原を右CFで使っています。7.5がせいぜいといった所ですが、FWではまずまずだと思います。RCFの補強でトニを取ったつもりですが大誤算だったかも・・・。高原が調子の悪い時は4-5-1にしてトニを出すのがいいのかなぁなんて思ってます。

まとめてみると、人数が足りないです^^;どうしても控えはイマイチになってしまいますね。3バックシステムも取り入れてみたいのですがFWの特性を掴みかねているのでFWの数が増えちゃっています。
相変わらずのはまりっぷりです。でもなかなか結果は出てません^^;
第7Sは最終的に16勝11敗11分け。最終日に大幅勝ち越しで一気に6つ貯金しました^^サッカーはど素人なので適当なことを考えつつ試しているのですが、4-4-2からちょっとミーハーな4-2-3-1(SMF+OH)にしてみたところかなりいい感じ。稲本がRCHなので少し攻撃的ですけど。稲本はDMFよりCHの位置に置いたほうがどうも評価点が高い傾向があるので、少しいびつですがRCH、LDHの構成です。今のところ以下の編成。
GK GK 1 初期選手
DF RSB 2 山田暢久or内田篤人
DF LCB 3 岩政大樹or初期選手
DF RCB 4 金古聖司or初期選手
DF LSB 6 中田浩二or山田暢久
DMF LDH 5 名波浩or阿部勇樹
DMF RCH 9 稲本潤一or阿部勇樹
SMF RSH 7 長橋康弘or(内田篤人)or(山田暢久)
SMF LSH 10 三都主アレサンドロ or(中田浩二)
OMF COH 11 成岡翔or梶山陽平
FW CCF 8 三浦知良or永井雄一郎
先日言っていた中央突破スタイルより安定するようです。SMFは全くとっていなかったので左に三都主アレサンドロ、右に長橋康弘を慌てて補強しました。二人とも機能しているようで7点台は確保してます。ただ層がまだ薄いのでSMFの補強は課題ですね。()は本職ではないようなので出来る限り本職のSMFがほしい所です。あとはCB、GK辺りでしょうか。OMFの成岡、梶山コンビはまだ若いのに能力が高いので育てていったら面白い存在になりそうでこのまま心中しようかなと^^年棒はまだ5.7億ですので外人あたりを補強していきたいですね。FWも少し力不足な感がありますね。FWはポストプレイができる方がいいのか、ストライカータイプの方がいいのかどっちがいいんでしょうね。セオリーではポストプレイできるタイプなようですが、、、、。

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。