競馬伝説Live! チャーチルダウンズサーバーでの馬主日記とChampion Soccerオーナー日記
BBS

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近の記事
プロフィール

ちよよ

  • Author:ちよよ
  • 重賞成績
    GI 
    S別成績:
    0-1-2-5-3-5-3-0-1-3
    3-0-0-0
    優駿牝馬(2Sチヨヨセレブレイト)
    ダービーGP(3Sチヨヨファルコン)
    東京大章典(3Sチヨヨチヨノオー)
    天皇賞春(4Sチヨヨソクラテス)
    優駿牝馬(4Sチヨヨインザダーク)
    ダービーGP(4Sチヨヨサンデー)
    BCマイル(4Sチヨヨサンデー)
    有馬記念(4Sサドラーズチヨヨ)
    優駿牝馬(5Sチヨヨクレオパトラ)
    JDD(5Sチヨヨネクター)
    朝日杯FS(5Sチヨヨゾンターク)
    ドバイGS(6Sチヨヨゾンターク)
    ケンタッキーダービー(6Sチヨヨゾンターク)
    宝塚記念(6Sチヨヨパッション)
    秋華賞(6Sチヨヨパッション)
    エリザベス女王杯(6Sチヨヨパッション)
    桜花賞(7Sチヨヨシンデレラ)
    BCマイル(7Sチヨヨシンデレラ)
    東京大章典(7Sチヨヨビッグレッド)
    朝日杯FS(9Sチヨヨリアライズ)
    優駿牝馬(10Sラブマリリン)
    阪神JF(10Sチヨヨホーザン)
    全日本2歳優駿(10Sチヨヨホーザン)
    桜花賞(11Sチヨヨホーザン)
    皐月賞(11Sチヨヨフェアール)
    NHKマイルC(11Sチヨヨホーザン)

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某偉人の意外と有名な名文句。
「このゲームに一番必要な能力は忍耐力」
まさしくその通りだと思います。特に重賞を勝てずにいる馬主さんが一番つらいのではないかと思います。LV8まではあっさりクリアできると思いますが問題はそこからで、OP、重賞勝ちが大きな試練となって立ちはだかります。重賞勝ちにいたるまでのプロセスを考えてみたいと思います。

1.まずは騎手2名で全脚質SS モデルケース:1S、2S、3S
脚質変更カードを使えば1騎手でも問題ないですが、将来的なことを考えると2騎手を育てておきたい所です。軌道にのってくると特に重要で、私自身1騎手なのでかなり苦労しています。時間はかかりますが2騎手育てておくのをお勧めします。まずはSS騎手を育てることが必須です。それでも騎手能力はGI馬主には追いついていません。新規アカウントから初めて3S~4S程度は普通かかるのではないかと思います。この時生産はしなくてもいいと思います。未勝利レースだけでもALLSSにはなります。無料アカで最近はじめた方は、まずはこの段階をクリアしないと始まりません。

2.騎手に重賞経験をつませる モデルケース:4S,5S、6S
何がトリガーになってるか分かりませんが、騎手能力は隠しパラメータを持っているようです。恐らくは大きなレースを勝つことによってこの能力は上がると考えています。ALLSSになったら次の段階はひたすらOP、重賞を狙うことが必要になってきます。生産は1月~4月までに2歳生産を済ませるスタイルへ変更し高パラシステム牝馬からの産駒のみを入厩させひたすらOP、重賞レースを使います。そうでないとOP、重賞でいいレースは不可能です。ここで重要になるのは生産です。騎手の隠しパラメータが育つまではGI級のパラメータでも0.3秒程度は落ちてますので、重賞クラスにしかなりません。つまり、重賞を勝つためにはGIを勝つパラメータの馬が必要なわけです。上位馬主に負けない生産基盤を確立しつつ、とにかく大きなレースに出走が基本です。恐らく、ここを抜けるためには2Sくらいかかってしまうのではないかと思います。同じような感じで続けていけば、恐らくそのうちGIで勝負できる日が来るはずです。

3.繁殖の質向上 モデルケース:4S以降~GI勝ち~
GIを勝つためには騎手だけではやはり足りません。GI馬主に対抗するための繁殖を手にいれることがやはり近道です。騎手に差がなくなれば、最早繁殖の差しかありません。繁殖の質を上げるためには運もありますので妥協せず最低ラインをひたすら上げ続けることが必要です。その際に、血統に溺れすぎるのはお勧めできません。確かにパラメータに問題のあるマイナー血統で勝つことは価値があるのですが、確率的にはべスト配合の方がGIを勝てる可能性は高いと思います。パラメータに問題のないマイナー血統もありますので、いろいろ考えてみるといいかもです。騎手の能力が上がりきってからはGIを勝てるかは引きのよさがあればすぐに勝てたりもしますし、勝てない人は時間がかかると思います。重賞3勝して残りGIだけという馬主さんも多いと思いますが、本当に馬次第なところはありますので、時間が解決してくれるはずです。

4.血の繁栄 モデルケース:GI勝ち~
GIに絡めるようになって初めてサイアーラインに参加できる権利が得られます。牡ならGI勝利で全体公開できますし、牝でもGIに絡めるような馬であれば間違いなく良繁殖である可能性が高いです。自牧場の血をどうやって繋げていくかが目的になってきます。既にシステム繁殖から何代かした繁殖は生まれていると思いますが、自牧場の牝系で殆ど埋まってくるはずです。セリとかだとGIクラスの牝馬だとまず出てきませんし、入手するためには50億くらいはかかります。もちろんお金をためて買うことも必要だとは思います。その際システム繁殖以下の牝馬は持たない方がいいですね。システム繁殖が最低ラインですから、最低ライン以下のところの繁殖牝馬を持ったとしても枠の無駄になる可能性が高いです。牡に関しては全体公開馬を持てれば越したことはないですが、そうでない場合はできるだけ種牡馬を限定して残すことが重要です。チャーチルに限った話かもしれませんが既に種牡馬は飽和状態です。種牡馬を育てるのはGIを勝つのには必要はありませんが、実は一番面白いところなので余裕が出てきたところからでも遅くはないと思います。

GIで勝負できるようになるためには平均で6S程度必要なのではないかと思います。運がよければ早まりますし、悪ければ遅くなります。6Sというのはリアル約1年間弱です。毎日のゲーム時間は短くてすみますが実はスパンが非常に長いのが特徴です^^;そのくらいは一つの目標に向かって続けることが必要だと思います。恐らく最大の敵はモチベーションの低下です。
スポンサーサイト
<< 9Sへ向けて (BlogPet) // HOME // たけるさんのところで、、、 >>
質問です。
あけましておめでとうございます。
いつも参考になる有益な情報を発信していただき、本当にありがとうございます。今年も気長に頑張りたいと思います。ところで、騎手の能力について質問なのですが、全能力SSというのは、逃先差追の全てということに加えてダート・芝・重や各距離の全てについてSSということでしょうか?考えてみれば、行き当たりばったりだったので、騎手のパラはめちゃ低い・・・。これでは勝てるはずのレースも勝てないわけですね。
【2006/01/04 Wed】 URL // ドミンゴ #- [ 編集 ]
2人で逃先差追を全てSSにということですね。芝かダ、距離は2人で回す以上はどうしてもどこかに偏りが出てきちゃうと思います。3人目を育てるのも長期的にはいいとは思いますが、LV9からですしLV8の時点では2人で全ての脚質をカバーできればいいんじゃないかなと思います。
【2006/01/05 Thu】 URL // ちよよ #- [ 編集 ]
はじめまして。
エプソム鯖イックス馬主会のよしおです。
このブログを自分のHPにリンクさせていただきたくまいりました。
とてもためになるのでいつも見させていただいています^^
よろしくお願いします^^
【2008/01/09 Wed】 URL // よしお #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/13 Tue】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chiyoyo.blog3.fc2.com/tb.php/460-39fbd39e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。